金箔の伝統工芸を日常に身につける、Gold-Knot | ものづくりデザイナーブログ
2015-06-17 14:04:29

金箔の伝統工芸を日常に身につける、Gold-Knot

テーマ:Gold-Knot金箔アクセサリー
『金箔の伝統工芸を日常に身につける』

構想から約5年後。金箔を布に貼る技術を金箔屋さんと一緒にチャレンジ。
普通の生地ならまだしも、オーガンジーにも貼ってみたりと、無謀な挑戦をしてから
3年後、糸で編んだタティングレース編みの作品に、大好きな金沢箔を貼ってみる。
またしても、金箔屋さんとともにチャレンジする。
最初は、全然イメージが違い、金箔が上手くのってくれない!
本当に金箔は、糸に貼れるのだろうか?
そんなチャレンジが何度も続き、
ついに、ある方法を思いつき、貼ってみる ヽ(*'0'*)ツ

「今回は、スゴい!です!キレイに金箔がのりました!!」
とうれしそうな現場の声。


確かに金属とは違う、あまり、華美すぎない輝きと
糸のもつ、質感が残ってる。

やってやれないことはない!
日常に身につける、新たな伝統工芸が生まれた

ヾ(@°▽°@)ノ

そして、デザインのさらに、ブラッシュアップがはじまった。
タティングレースの技術は、特訓を受けてきたので、心配ない!

モチーフの数でいれば、100種はテスト編みしたと思う。
そんな楽しい作業の結果が、商品となってデビューした。
そして、デザイン展で 初出展、初入賞した。 

ヾ(@°▽°@)ノ

こうして、商品デビューした金箔アクセサリーは

Gold-Knot(ゴールドノット)と名前をつけた!!

それから、半年後、どうしても、
色々なバリエーション、デザインに金箔を施したい、
その手法をさらに良くしたい、様々なデザインを小ロットで
つくりたいという思いから、
オリジナルで、全て自分の手で金箔を施し製作しています。
専従のスタッフもいて、
日々、新たな発見をしながら
金箔の輝きの研究をしています。
特許出願中です!

まだまだ、物語はたくさんある。
お世話になった人との出会いの数だけ、物語はつづくのです。


ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ


軽やかに踊る花弁のリズム
糸から生まれる自由なかたち。

タティングレースに伝統工芸「金沢金箔」を施しました。

加賀百万石の伝統文化を今に伝える石川県で、
現代(いま)を生きる女性に優しいアクセサリー、
「Gold-Knot(ゴールド・ノット)」が誕生しました。
イヤリングは重さ1g、ネックレスは約4gという軽さで、着けている事を忘れてしまいます。

16世紀のヨーロッパで親しまれた「タティングレース」の技法と、
日本の生産量の98%以上を占める金沢の伝統産業
「金箔」が出会った新しい装いのアクセントとして、
美しさと軽やかさ、クラシックなエレガンスと高級感を兼ね備えた
「Gold-Knot」は、加賀藩由来の梅鉢を主なモチーフに、
自由な発想でファッションを彩ります。

※2014年、石川ブランド製品認定、石川県デザイン展 入賞
※2015年 金沢かがやきブランド認定 

わたしの「思い」はこちらにつづりました。
http://ameblo.jp/kanazawa-fika/entry-12121215311.html

ハットピンピアス


イヤリングノクターン金


ノクターン白ワルツ白


ロンド2ワルツ金

ものづくりデザイナーのブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。