KATOで作れるであろうJR西日本の車両 | 金屋代鉄道

金屋代鉄道

周防大島町を拠点に鉄道旅行・鉄道もけいの活動を行っています.
(「鉄道もけい展示会」は休止中です)

(パーツさえ用意できれば見立てられるはずです)

 

昨今,JR西日本が話題の中心となっています.詳しくはこちら(金屋代文庫)に譲りますが,一つ言えることは,JR西日本は乗客数が戻らず窮地に瀕している,ということです.しかも,この窮地を乗客数の回復・人が移動して利用するサービス(例:宿泊)以外で切り抜けなければなりません.

その切り抜ける一つの方法は関連するグッズの販売と言えます.JR西日本ほど大きな鉄道事業者ではグッズの幅が狭まるため[1],ここでは「KATOで作れそうなJR西日本の車両」を考えることとします.そのため,残念ですが智頭急行所属の車両である「スーパーはくと」はこの助けになりません.

前提条件

前回の記事とほぼ同じです.

  • ボディの新規金型製作を行わなくてもよいモチーフであること(屋根・内装も極力新規製作は避けます)
  • 台車・スカートなどの比較的小さいパーツの新規金型製作を行うことは許容する
  • 1986年以降の「JR無線アンテナ」の設置は許容する
  • 2021年度カタログに「予定品情報」として掲載されている製品の金型は存在・利用できるものとする
  • 最新仕様製品とする
  • 時代設定は問わない
  • 製品化した場合は,ほぼ確実に「JR西日本商品化許諾済」とパッケージに印刷されることになる製品であること
  • ホビーセンターカトー扱いのタイプ品である「赤箱」製品になっても良い
  • KATOは,103系・205系・457系を最新仕様でまだ製品化していません.
「JR西日本商品化許諾済」の製品とするため,国鉄時代の車両は,JR西日本エリアに配置された車両,車両がJR西日本のみに引き継がれたものなどになります.
また,2021/4現在のKATOの「JR西日本商品化許諾申請中」の仕掛品は以下の通りです.
(商品化許諾は,製品が問屋に出荷された時点で初めてなされます.)

それでは見ていきます.

なお,山陽・山陰地方については前回記事をご覧ください.掲載したモチーフのうち「グランドひかり」は再販されます.本当に良かったです.

北陸特急の485系

昨今のTOMIX485系のグレードアップぶりはすざましく,とうとう「旧仕様の新製品」が登場してしまっています.その分価格も上がってしまいました.KATOであっても,以下の塗装は作れるのではないかと思います.
  • はくたか
  • 「かがやき」・「きらめき」
  • 白山(クハ489-300・700)
特に「かがやき・きらめき」はTOMIXの旧製品が「限定品」扱いでしたのでつけいる隙はあります.価格と安定した品質で勝負したいところです.
一方,583系「きたぐに」は塗装変更前に非常口が塞がれており,KATOでは難しい製品になります.
また,289系「こうのとり」が未製品化となっています.

415系800番台

過去にも「ラウンドハウスブランド」で発売されていましたが,その後「115系800番台の車体・床下」「415系100番台九州色の屋根」が製作されたので,真っ赤色であれば以前よりそれっぽく作れることはできます.
(パーツの寸法が異なり実際には作れない製品である可能性があります.)

パンダくろしお

KATOは1本目を製品化していますが,実車は3本まで増えてしまいました.ぜひ,「3本目」を製品化して,お子様の要望に答えきってしまいたいです.
実際筆者もこの車両はよく使い,よく目に止まって頂いています.

223系1000番台

再販が待たれる製品の一つです.これも帯色を変えてぜひ.

寝台特急

(画像はTOMIX製です)
 
14系・24系ブルートレインはKATOに分があります.「彗星」「銀河」「日本海1・4号」「つるぎ」は未製品化ですので,期待したいところです.「彗星」「銀河」の牽引機はJR東日本担当です.
「トワイライトエクスプレス第3編成 旧塗装」も機関車共々期待します.
なお,KATOで「オハ14-300」を含む製品を作ることは難しいと思います.

JR西日本仕様の国鉄車

国鉄型車両でも,JR各社でそれぞれの仕様に変更されて運用を続けました.KATO製品では以下のモチーフが考えられるでしょうか.
  • キハ58系(急行「丹波」など)
  • 117系(和歌山地区)
  • 113系(阪和線快速色・関西線快速色)
  • 12系・14系客車
  • スーパーくろしお 旧塗装
  • DD51 宮原総合車両所
また,再生産品としては以下が挙げられます.
  • 10-280 さよなら20系客車(絶版になっています)
  • 10-849・850 キハ81系くろしお(JR西日本承認済です)
  • 10-1112・1113 381系100番台くろしお
  • 3049-1 EF58 150(茶)
  • 3066-3 EF81 一般色 敦賀運転派出
JR西日本の経営の安定は,KATOのそれに比べて生活への問題が大きく非常に重要なこととなります.なんとかして安全に利用できるJR西日本を維持するためのを知恵を考えたいものです.
 
[1]:このように書きましたが,4/12には「トレインボックス」扱いの「カモノハシのイコちゃん」グッズなどが発表されていることを追記しておきます.