被爆から75年 鉄道コレクション 651型被爆電車 | 金屋代鉄道

金屋代鉄道

周防大島町を拠点に鉄道旅行・鉄道もけいの活動を行っています.
(「鉄道もけい展示会」は休止中です)

(広島の車両たち)

 

明日は2020年8月6日です.

あと12時間で,広島に原子爆弾が落とされてからちょうど75年となります.

国際情勢が戦争に向かうのではという見解もあるようですが,この悲劇だけは絶対に忘れてはなりません.

(復元された当時の塗装)

 

広島電鉄には,当時最新鋭の車両が直接被害を受けたものの,いまだに現役で活躍している車両群があります.これが650型です.当然ですが,広電にとっては最も大切な車両であるので,今後も多くの改造を受けて活躍し続けたいところです.毎年8/6には特別運行が行われ,(今年は行われていませんが)乗客も募集しています.

 

模型はBトレ長らくありませんでしたが,広電の事業者限定鉄道コレクションとして,651号車がラインナップされています.現在でも広電のwebページにラインナップされています.

一般販売もぜひ早めに行って欲しい逸品です.

また,トミカでもラインナップされています.お子様に原爆の存在・悲惨さを伝えられるきっかけになればと思います.

 

爆心地の近くといわれる「島内科医院」の上空です.

現在様々な困難が世界中にありますが,決して武力・暴力で争うことなく,乗り越えていただきたいと思います.