今年、「手帳事典2018」という本に、私の手帳を掲載していただきました。

 

商業誌に掲載される、という事は

長年の夢…だったわけですが、

本当に実現するとは、自分でもびっくりしています。

 

「今回は夢が叶うって、もしかしてこう言う事なのかなあと

勝手に思った話をします。(思い込み大きいです)

 

思えば、はじめはやはりツイッターでした。

 

手帳系同人誌の存在を知り、

「ああそうか、自分で本を出せばいいのか~!」と

思って同人活動を始め、4月の名古屋コミティアに初参加。

 

その時ようやく、自分で行動した方が早いんだなと気づき。

ずっと繰り越していた手帳の本を出す、とかも

自分で出せばすぐ叶ってしまいまして。

 

手帳オフ会も自分で主宰したら、確実に参加できますし(笑)。

 

そういう事を今年はやってこれて、

「商業誌に載る事が本当の目的だったのかな?」

「ただ、誰かに自分の手帳を知ってほしい、認められたいだけなのでは…」

という心境に変わっていき、

 

「どうせなら同人誌でしかやれないことをやりたいなあ」とか

「すごい人より面白い、刺激的な人でいたいなあ」とか…

 

載れないから同人誌をつくる、という事から

ちょっと離れてきたときに、

「手帳事典2018」掲載のお話をいただきました。

 

すごく不思議な話なんですけど…、

「叶っても叶わなくてもどっちでもいい」

という心境になると、叶うのかもしれません。

 

少なくとも、私はそう今年感じました。

 

いまも、目標が叶っても叶わなくても、

自分でいる事ができればいいと感じています。

 

とはいえ、目標はありますので、

来年もゆるゆる、自分の出来ることを

やっていきたいと思います!

 

※ちなみに「手帳事典2018」は私の他にもたくさんの手帳猛者たちの

 手帳術が載っていて、一読者としてもオススメな本です!!

 

とりとめのない文章を最後まで読んで

いただき、ありがとうございました<(_ _*)>!

AD