日が暮れるのが

早くなって

5時頃には

真っ暗になる。

 

リュックをしょって

とぼとぼ帰るとき

 

寂しくて仕方がなくなる。

 

なんだか

涙もろくなっているような気もする。

 

ちょっとした、言葉が

ぐさりと

刺さる。

 

穏やかな日々が

欲しいです。

 

味方シロヤギ弁護士先生が

チップとデール弁護士先生に

お便りを書いてくださった。

 

私の意向に沿う対応をして下さるとの事。

 

新宿ボイスクリニックの

渡嘉敷亮二先生も、きっと

快く対応してくださるはずだ。

私の今の病状を

気にかけてくださっていると聞いた。

 

早く

穏やかな日々になりたいです。

 

現在、通っている

お医者さま曰く

私には

渡嘉敷亮二先生が

一ヶ月に一度。

三度も行ったステロイド治療

 

(現在通院している病院では

半年から一年は

間を空けて、

慎重にするほど、ステロイドという薬は

効果と、その相反する副作用が強いらしい)

 

を、

かなりのペースで治療を繰り返しているので

現在のカナリアさんの状態には

お勧めしない。

 

スカスカの声になる可能性がある。

その反面

手術瘢痕の状態

がなくなり、

声が出やすくなるかもしれない

 

可能性を考慮して

もう一度

ステロイド治療をするべきか?

 

それとも、真逆の試験段階である

元の病状である

ポリープ様声帯にする治療方法がある。

 

(元の木阿弥じゃない?

新宿ボイスクリニックで

ポリープ様声帯の手術を受けた

意味がなかった気になった)

 

でも、???

声が、低くなる可能性が強いらしい。

男性なら低くなる声は気にならないだろうが・・

 

 

新宿ボイスクリニックで

手術をして

手術瘢痕になって

本来しなくて良い

リハビリの日々が、辛いのに・・・

 

手術前の状態に戻すことすら、

リスクがあるなんて

 

手術瘢痕の怖さを

改めて

怖いと思った。

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 

 

 にほんブログ村 病気ブログ 耳鼻咽喉科医へ
にほんブログ村