脊柱管狭窄症に悩む高齢女性 その1 | 大阪府大東市住道の鍼灸院 要-kaname-鍼灸院

大阪府大東市住道の鍼灸院 要-kaname-鍼灸院

大阪府大東市住道の自宅一階を使ったアットホームな鍼灸院。不妊、腰痛、肩こり、膝痛、肘痛、くび痛、めまい、不眠、動悸、疲れやすさ、だるさ、難聴、頭痛、目の渇き、かゆみなどでお困りの方はご相談ください。http://www.kanjin-kaname.com


テーマ:
大阪市、東大阪市、四条畷市、門真市、守口市、寝屋川市、高槻市、枚方市、神戸市、奈良市、柏原市など様々な地域の患者様にご来院頂いています。
交通事故によるむち打ちなどの損保治療も取扱い可。
大東市で健康保険をつかった訪問マッサージ・訪問鍼灸は当院へ。
Home Pageはこちら 
不妊治療なら要鍼灸院!
生理痛、PMS、生理不順などの婦人科症状もご相談ください!小児鍼(かんむし、夜泣き、夜尿症、チックなど)やっております。首痛、肩痛、肩こり、腰痛、膝痛、肘痛、神経痛、関節痛などの運動器症状をはじめ、不眠、めまい、頭痛、耳鳴り、難聴、動悸、疲れやすい、吐き気、下痢、便秘、冷え性などにお悩みの方は当院ホームページをご覧ください。



こんにちは。
院長の小畑です。

今回は脊柱管狭窄症による腰痛や脚の痛みでお悩みの女性患者様の症例です。


Cさん
女性
80代


2年ほど前より腰痛がひどくなり始め、背中をまっすぐに伸ばして歩けなくなり、歩ける距離が短くなってきて、長時間歩くことができなくなってしまったCさん。ショボーン


過去に両膝を人工関節に換える手術を受けた病院で診察を受けたところ、脊柱管狭窄症と診断を受け、手術を勧められたそうです。ガーン


でも膝の手術の後、リハビリが大変だったことや、これ以上たくさん体にメスを入れたくないという思いから、当院へ通院中の妹様のご紹介でご来院されました。キョロキョロ


脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とはどんな病気か。ニコ
簡単に言うと、

骨の変形で出っぱってきた骨、
もしくは骨以外の周りの組織が
出っ張ってきてびっくり

神経を圧迫してしまう病気えーんです。

この病気は神経を圧迫する場所が特殊で、

背骨の後ろ側に縦に走る脊柱管(せきちゅうかん)という骨でできたトンネルの中で圧迫が起きます。ゲッソリ
脊柱管の中には、脊髄の延長上にある神経の束が通っています。

この神経の束を骨や椎間板、靭帯などの組織が圧迫する滝汗ために、腰痛を感じたり、腰から下のお尻や脚に痛みを感じてしまいます。


腰をしっかり伸ばせなかったり、長時間歩くと腰や脚が痛くなって歩けなくなってしまう。滝汗

そして少し休むとまた歩けるようになる。爆笑

というのが特徴的な症状です。

この症状を間欠性跛行(かんけつせいはこう)といいます。


もちろん、手術によって変形した骨が神経を圧迫している場合、手術で骨を削りとらなければ痛みが治りません。ガーン

しかし、骨以外の組織が神経を圧している場合は、その組織のむくみを取り除いたり、組織の新陳代謝を早めることで痛みが軽くなることがあります。びっくり

「手術はできるだけ避けたい!」おーっ!

という方には鍼灸治療は有効な手段になります。


脊柱管狭窄症の場合、完治ということはなかなか少ないですが、歩ける距離が長くなったり、痛みを軽くすることができます。


100メートル先のコンビニまで休憩なしには歩けなかったのが、1時間ほど継続して歩けるようになったりびっくりなど、

生活の行動範囲を広がると想像以上につらさが楽になります。ニコニコおねがい


Cさんにはこのような説明を施術前に丁寧にさせていただきました。


Cさんは家にじっとしているより、お出かけしていろんなところに行くのが好きらしく、もっと歩けるようになりたいとのことでしたニヤリ

今回の症例は長くなりそうなので、2回に分けて書きます。

次回へ続く。

脊柱管狭窄症で悩む高齢女性 その2

Kanameさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス