おいおい。

テーマ:
さてさて、
約一ヶ月が経つ。
遅いなあ。
来週から撮影をする予定。
今はロンドンの地理を発掘。下調べ中。

移動が多いだけに、毎回、何でもはじめからだから、
余計な時間がかかってしまい、疲れる。

それより、ロンドンの地下鉄って、ニューヨークのよりも、
故障が多い。
なんと言うことだ。

街を歩いている人たちのセンスは断然イギリスの方がいいが、
なんで、こうも電車がひどいのだろうか。
というのも、先日、電車に一時間は綴じ込まされた。
あげくの果てには、
トンネルを歩くはめに。貴重な体験ができたけど、
地上に出たら、レスキューの人たちが私たちに水を配っていた。
その時はじめて、事の重大さに気づく。

全く。

学校はだんだんなれてきました。
イギリス英語がまた全然違うので、感心して聞いています。
これから、
美術館にいってきます。


AD

Too new

テーマ:
Hello, long time no write.

I finally found a place to live. My conclusion was to live close to the school, since the commute takes long time up to one and a half.
I feel much better now, yet I can only move in to the new place after Nov. 18.
Oh well,

So, Here. RCA,
or at least in fine art department, they are deeply rooted in philosphical thinkings. The lectures are driven with interllectual jargons. However, it makes me feel smart... a little. Education principle here is so different from the US.
Participated in Ph.D presentation, they quote Zizek, Hegel and so on.
Ok,
I think, I will be spending more time in the library more than before.
More so, I need to start doing the new project!!

cheers!





AD

空が晴れる。

テーマ:
未だ今イチ何やっているのかわからない。
図書館でメールをチェックして。何かしろ、設備の説明やワークショップがある。
ほんとこの学校はすごい。
至れり尽くせり、今日は立体のスタジオ付近にある、Time-baseArt用のスタジオの説明を受ける。
初めて、テムズ川を超えてそこにあった。
少し学校からはなれる。
何処の芸大も、なんだか、Sculptureのスタジオは離れだ。
スペースがかなり必要だし。

いやいや、
まだまだ作品制作に集中出来ないんだけど、今一番いい環境に
居る事を実感。
幸せ!
何せ、写真の部門には同じく入った人たちはまた世界中から集まってきていて、
話していると、他の惜しい。
ウィーンを思い出す。
ヨーロッパは陸つなぎだから、普通に共存。
ポーランド、セルビア、ドイツ、スイス、オーストリア、フランス、
アイルランド、ベルギー、なぜかアジアはあたしだけ。
かなり、白人社会だけど、
わくわくです。

それにしても、すむところが。。
何とかなるさ。
そして、食べ物が、
日本食がかなり恋しい。毎日。

かしこ
AD

ロンドンは。。

テーマ:
どもです。
設備にもなれて、今日はプリント、スキャンなどをした。
マシンはプリントを汚し、奇麗にする作業。
仕事が増えた。

それにしても、なかなか家が見つからないー。
あるはあるんだが、
いまいち。

なんか、この学校って、さすがに、選ばれて入って来たってうひとたちばかりだから、
皆さん、自信に満ちていて、良い感じ。
なんといっても、優しいね。

それより、
ロンドンはまずい。
今まで、日本食が恋しいとは思った事はそんなに無かったつもりだが、
なぜか、
ここはすでに、飢えている。

はやく、プロジェクトの案を練らなければ。

とりあえず。

テーマ:
まず一番始めに買った物は、傘。
毎日、なにかにつけて、ここロンドンは雨が降り出す。
ここにきて、5日目くらいかな。

滞在中のお宅にはネットがつながっていないので、毎日図書館に入り浸っている。
そう、
これから、Royal Collage of arts(英国国立芸術大学)でしばらく、制作、勉学に勤しむことになっている。
二日から始まった新学期。
ニューヨークの学生時代がよみがえって来た。

ここは、国際色がかなり豊かで、しかも自由でエリート志向、(批評、概念、哲学、などなど)
英国英語に戸惑いながら、内心ワオーと感心している毎日。

今日は、Fiona Tanがトークに来た。さすが。
好きなビデオアーテイストなので釘付けで聞く。
暗室に関して驚いたのは、
自分で、カラーのネガを現像出来る事。
(しかもタダ!)

学食も、安いので、助かる。
なにしろ、ロンドン、物価がものすごく高い。

そして、まだ部屋が見つかっていない。。
目標は今週末までに新居に移る事。

だんだんと人にあっていく、みなさん、いろいろ助けてくれて、ありがたい。


さてさて。。。