サメを食べた。

テーマ:
I am so wasted.
(酔っぱらっちゃったよー)
3週間ぶりのワインを浴びた。
先ほど、打ち上げのBBQがお開きとなり、今、素にもどって、
洗濯を始めた。
最近、なんだか、眠れない。もう2時を回っているのに、ぎんぎらぎん。。
疲れてるのか、テンションがまだたかいのか、。。とりあえず、起きている。

明日、13人のカウンセラー、アシスタント、先生、関係者は、それぞれの現実の世界に
戻って行く。

BBQは牛、鶏、さけ、さめ。野菜。
ワイン、ビール、チーズ。寮の傍らに、グリルをはって、ボナペテイ!

次々とでてくる、生徒たちのうわさ話、だれがだれとくっついたか、
などなど、早くも郷愁に浸る。

やっとのんびりー。
結構よっぱらったので、しゃべりまくっていた様な。。。
同僚の中では、非常に気になる、写真の生徒の作品のでき。。。
ほんとはどう思っているのだろうか、
ボブは良い仕事をしたといってくれ、来年も来れるか聞かれた。。
んん。。。。。
予定があえば、是非ー。

生徒の一人のお父さんが自殺をした事知った。
その子の作品がなぜあんなんだったかが、納得できた。
罪もない、純粋な子がしっかりと死を受け入れて表現できていることに、感動。
もしかしたら、人間は一番純粋である事が強くなれる事なのかもしれない。
そして、思春期はきっと、人生で、一番、人間が強くいられる時期なのかもしれない。

映画と、コンピューターの作品がとても良かった。
これって、やはり、先生の教え方なのだろうか、、、それとも生徒の才能?
写真も評判はかなり良かったのだが、どうも、46時中彼らの作品を見ていたから、
判断力が鈍っている。
批判的に考えたら、写真というミデイアムの奥深さを教えられなかった様な気がする。
勉強すればするほど、難しいのだ。
難しいなあ。写真を教えるとなると。
とにかく、
今は、
爽快!
I got wasted .
このまま、夜空の下でキャンプしたいくらいだ。

そう、明日、ダニランとひとしくんを迎えに行く。
もしかしたら、せっかくだから、キャンプもよいかも。
AD

晴天の霹靂

テーマ:
夏だ。
爽やかな風と強い日差し。もうすぐ8月。

いつの間にか、日焼け止めも塗らずに過ごしていた数週間。
今まで日差しを気にしていた事が嘘のように。
晴天の日光を浴びる。
そう、今日、暗室から解放された。
彼らの発表の日であった。

彼らが素であっただけに、いつの間にか自分も素になっていた。
レイヤーを重ねず、スッピンで望んでいた。

すると、この空気と開放感がたまらない。
また、彼らのおかげで、脱皮した様な気がした。

いくら脱皮しても、あの頃の10代には戻れはしないけど、
彼らと同じ緊張、テンション、リズム、サイクル、感動を分かち合えた事は
自分にとって、かけがえのない物であった。

今をきっと忘れない。

バイバイと去ってゆく姿、涙しながら別れを惜しむ、
とても美しい。
きっと、彼らにとって、大きな別れを体験しているのだろう。

自分も、ふと、思い出した。小さいときに初めて経験した別れ。
大泣きで、ニューオリンズの小学校を離れた時の事を。
今、別れで涙が出るのだろうか?

見送る立場の自分は先生としての立場で見送るのであった。
キラキラしている瞳たちは自分にありがとう、といって、去っていた。

昨夜遅くまで、暗室で生徒たちが明日、家に帰りたくないと打ち明ける。
恥ずかしがりながら、自分に手を振ってくる生徒たち、これで良かったのだ!
作品はステキに仕上った。
というか、終わりよければ全てよし。彼らはここからスタートするのだ。
そして、私も。

スクリーニングでフィルム、ビデオ、コンピューターの作品も鑑賞した。
生徒が必死で作った私的な物語、作品に、感動した。
感動で涙が出てきた。
とても、純粋で、複雑で、センセテイブで、スマートで、センスがよくて、フレッシュで。。。
ドキドキさせられる作品たちに頭が下がりました。
無名の作家たちは、彼らの世界感を魅せていた。

アートというジャンルがこの世の中に絶対必要とは言えないが、
表現をする、コミュニケートするという手段では、
重要な形態だと思う。いや、絶対必要だ。
様々な、ビュー、見方が世界を揺らがす可能性はたくさん秘めている。

オリジナルで行く。

まだ、震える10代の精神からは、鋭い感性がどんどん浮き出てきている。
恋愛関係、自己。。。、で悩む彼ら。
好きと言う感情、愛という感情をコントロール仕切れない姿。
見ていて、自分も胸を打つ。

そのローラに最後言った。
あんた、強い女だよ。って。
針金の様な彼女、元カレだったタイが他の子と仲良くなってゆく様を見守る。
もう、言葉もでないくらい、ぐったりしていた彼女は、写真を撮り続けていた。
頑張れ。ローラ。

ありがとう。みんなあー。

さて、これから、先生たちで打ち上げバーベキュー。
寝不足だが、疲れては無い。
開放感だ。

忘れないよー。
AD
現在12時過ぎ。
生徒たちは最後の追い込みで写真をマウントしている。
若い、黄色い声が飛び交う。
全く。。疲れるだ。
なんだか、いやなよかん。せっかくの写真が飾り方で台無しになっているような気がする。
あっという間に、写真が小さくきられている。どういうこと。。。手作りのフレーム。。ふむふむ。。
工作のお時間になっている。。。
もう、お手上げです。
どうぞ、好きなようにして下さいな。。
やはり、最後には、楽しまなきゃかな。。
けど、真剣な生徒は、一生懸命最後まで、気を抜かず、丁寧にきっている。
だいたい、生き延びるものと、へこたれるものがはっきり別れる。
人生こんなものか。

フム。

明日、いよいよ、搬入。
頼むよ。みなさん。
AD

コーヒーに埋もれる

テーマ:
ただいま、夜中の2時。
暗室作業終了。明日最終暗室プリント日。
疲れた~。
みんなで、コーヒーを飲みながらプリント真っ最中。
頼むよーっったくもう。

生徒の色身などをみながら、頭の端に自分の仕事がちらついている。
ヤバいー。金曜日までに、日本に送らなければならないデーターが結構ある。
今こうして、準備中。

やばいやばい。綱渡りの心境。間違ったら、まっ逆さまである。
しかし、高校生のみなさんには頭が上がらない。
真剣で取り組んでいるものには、真剣に望まなければならない。。
フェアで行く。
明日、あさってが山場である。
みなさん、踏んばっていきましょう。

というか、クラスの何人かの女の子、なんとなく、加奈子流がチラホラみえてきてる。
まねしてるなー!
まあいいか。かわいいもんだ。
写真って難しいよ。

明日、乞うご期待。

鉄くずの山。

テーマ:
今日は12時(夜中ね)まで暗室。疲れたよー。
生徒たちの作品がゾクゾクするほど良くなってきている!
いい写真が一杯撮れてると思う。予想以上に、この子たちはシャープだ。
今夜はまなぶくんと、ゆうちゃんが8時からのレクチャーに来てくれた。
全く、つまらない作品でも2時間も居てくれてありがとう。
ほんとありゃ、やばかった。
ところで、
今日トーレス太郎と別れを告げた。
$50でかわれてしまった、鉄くず。スマない。
これで良かったのだ。

明日は、
買い物。昨日いけなかったので、
あと3日!
ちゃおー。

ハッピーエンド

テーマ:
今日、日曜。
かおりちゃんと、彼氏がイサカ入り。
お茶をする。久々のイサカという事で、感激のご様子。
日本でまた会いましょうー。
夜は、まなぶくん、ゆうちゃんとカレー大会。
夏の夜はいいね。あんなのがズーと続いてくれれば、人生捨てたもんじゃないよね。
良い夕食でした。特に、寮の食事が続くわたくしにとってはー。

またまた、周りの人たちに助けられてます。
この夏は、一生忘れないと思う。
そういえば、夏はこれからが本番かもね。
そして、
中国の写真フェストにおくるデーターを用意。
もう2時半だよー。。明日9時から展示の画材の買い出し。
起きれますように。。

週末のさが

テーマ:
今週末はキャンプ初めて、
週末をキャンパスで過ごす。
子供たちと戯れる。
夜は、80年代ダンスパーテイー。
派手に
決めてきた彼らは踊りまくり。
楽しい。若いっていいな。
私は、週末はゆっくり休んで、提出物をまとめ、
月曜日に送るだけにしておきたい。何しろ、月曜日から木曜日までは、
夜中まで暗室作業が続きそうだ。
あと残り、1週間をきっている。

月曜から木曜日までは地獄の暗室作業が続くだろう。。