当店ヒヤリングセンター神奈川のお客様も申請していらっしゃいます!


まず耳鼻科 それも補聴器相談医がいるところに行って
要件を伝え、診察してもらう。
補聴器を買う前に行ってください!

先生から下記の説明にあるように、
情報提供書を補聴器やさんに持ち込んで購入相談。

注意として、、、
お客様くら聞いたのですが、
耳鼻科にて補聴器メーカーさんがくる日があり、
その予約を勧めてくるところもあるそうです。
1メーカーしかないようで、選択の自由が難しいそうです。
また、買わないと以後耳鼻科にも通院しにくくなる感情がうまれてしまう。耳掛け式しか選べない。

では、一般の販売店に相談するメリットは、、、
複数のメーカーや機種から選択できる。
気に入らなければ、気軽にノーといえる。
気にいるまで複数レンタル出来る。
ヒヤリングセンター神奈川の場合は、
返品、機種交換を受け付けている。

今、まさに確定申告の時期。
来年申告の為に知識を備えておくと良いですね。


補聴器の購入費用に係る医療費控除の取扱いについて(情報)

 標題のことについて、厚生労働省から照会があり、これに対して次のとおり回答したので、今後の執務の参考とされたい。

(照会要旨)

 医師等による診療や治療を受けるために直接必要な補聴器の購入費用については、医療費控除の対象となる医療費に該当するとされているところですが、今般、一般社団法人耳鼻咽喉科学会が定めた「補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)」(別添参照。注)において、医師等による診療や治療と購入する補聴器の関係を記載する項目が設けられました。
 この項目により、購入する補聴器が医師等による診療や治療を受けるために直接必要である旨が記載(証明)されている場合の当該補聴器の購入費用については、一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額であれば、医療費控除の対象となると考えますが、貴庁の見解を承りたく照会いたします。

(注) 同学会が認定した補聴器相談医が患者の耳科に関する医学情報や聴覚に関する情報等を記載し、補聴器の新規適合や更新等のために患者に交付するものです。

【別添】補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)について(PDF/438KB)

(回答)

 医師による診療や治療などのために直接必要な補聴器の購入のための費用で、一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額は、医療費控除の対象となります。
 補聴器が診療等のために直接必要か否かについては、診療等を行っている医師の判断に基づく必要があると考えられますので、一般社団法人耳鼻咽喉科学会が認定した補聴器相談医が、「補聴器適合に関する診療情報提供書(2018)」により、補聴器が診療等のために直接必要である旨を証明している場合には、当該補聴器の購入費用(一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額に限ります。)は、医療費控除の対象になります。


補聴器を付けたがらない親御さんに対しては、以下のような対処方があります。


❶親御さんの聞こえの程度を客観的に再度認識してもらうために、耳鼻科で聴力検査を受けてもらう。先生に予め補聴器をつけるように言ってもらいたいと話しておくと良いと聞いた事があります!


❷親御さんにもっと会話をしたい気持ちや、大きな声で話す事の大変さを伝える。お孫さんから言われると効き目が高いと聞いたことがあります!

❸親御さんに補聴器のメリットや使い方を丁寧に説明する。販売店を利用しましょう。みなさんで、褒めて伸ばす!

❹親御さんが補聴器を付けた日は、若返ったみたいね。など付けると気分が良くなるなぁと思ってもらえる為の周りの一致団結した努力が必要。



補聴器は、難聴の方だけでなく、周りの人とのコミュニケーションを円滑にするためにも必要なものです。親御さんが補聴器を受け入れるまでには時間がかかるかもしれませんが、あきらめずにあらゆる作戦を駆使して優しく声かけを続けてください。

パラリンピックというのは皆さんご存じかと思いますが、、、

パラリンピックには、聴覚障害者の競技がありません。

聴覚障害者は、別の大会であるデフリンピックに出場することができます。

 

なんで別なんでしょうかね。

そこで調べてみると。。。。

 

聴覚障害者がパラリンピックに出場できないのは、主に2つの理由があります。

  一つ目は、聴覚障害者の国際スポーツ団体である国際聴覚障害者スポーツ協会(ICSD)が、国際パラリンピック委員会(IPC)に加盟していないためです 。ICSDは1986年にIPCの前身である国際調整委員会(ICC)に加盟しましたが、1995年に脱退しました。その理由としては、デフリンピック(聴覚障害者のオリンピック)の独創性を追求するためや、費用負担の問題などが挙げられています  。
 二つ目は、聴覚障害者のスポーツには特有のコミュニケーションやルールがあるためです 。例えば、陸上や競泳ではスタートの合図としてフラッシュランプを使ったり、運営には国際手話が使われたりします  。これらの特徴は、パラリンピックのクラス分けや競技規則とは合致しない可能性があります 。

 

 

 

 

2025年のデフリンピックは、日本では初めての開催であり、また第25回大会で100周年の記念大会です 。70~80か国・地域から約3,000人の選手が出場する予定です。
- 開催日程は2025年11月15日(土)から26日(水)までで、全21競技が実施されます 。競技は水泳、陸上、サッカー、バドミントンなど多岐にわたります 。会場は東京都内や千葉県内などに分散しています 。
- 大会のビジョンは「聴覚障害者のスポーツを通じて、多様性を認め合い、共生する社会を創る」です。大会エンブレムは「聴覚障害者のスポーツを通じて世界とつながる」ことを表現したもので、都内の中高生の投票で決定されたらしいです。

 

ご興味のある方は、是非観戦してほしいです。

(はせがわさんのお店のお客様の中に、なんと日本代表選手がいらっしゃいます!)