村山由佳さんの文庫本『おいしいコーヒーのいれ方』シリーズ

 

の完結となる19冊目の小説を読み終わりました。1巻の発売

 

は1994年。携帯電話というものが普及し始めた年ですね♪

 

26年に渡る連載。村山由佳さんの作品は20代の時に読んだ

 

事はありますが、このシリーズを読み始めたのは2010年。

 

いつの間にか追いついて、毎年発売を楽しみにしていました。

 

でも、前作18巻の発売は2013年!最終巻まで7年の月日

 

がたちました。毎年毎年、本屋に行く度に集英社文庫コーナー

 

をチェックしていましたが、今年2020年の夏、完結編となる

 

『ありふれた祈り』がやっと発売されました。いくら恋愛物語

 

にはすれ違いやハプニングが付き物とは言え、まさかセカンド

 

シーズンで、主役の勝利君にあんな試練がおとずれるなんて、

 

“もう、村山さんっ!!”って思いましたが、、今は、全19巻

 

読み終えて、10年間素敵な物語の世界に連れて行って下さ

 

った作者様に感謝です♡村山由佳さんの作品は全て読破して

 

いますので、これからも新作楽しみにしています。。。

 

 

 

 ※いくらフィクションとは言え、一つのシリーズ物が最終回を

   むかえると、寂しいです。と同時に、読書はやっぱり楽しい

   と強く思いました。皆様からの下記ランキングポチ3つクリ

   ックして頂けたら嬉しいです♪♪♪

     ↓↓↓↓↓

    にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 資格ブログ 検定試験へ
    にほんブログ村

    
    人気ブログランキング

 

 💛ありがとうございました 💛最後に宜しければ、

    フォローしてね…    アメンバー募集中

 

    ペタしてね