どくしゃになってね! アメンバーぼしゅうちゅう

 

2/12(月・祝)大阪ザ・シンフォニーホールにて、

 

「川井郁子 シンフォニック バレンタインコンサート

~千年の恋がたり~

 

のコンサートに行って来ました。

 

 [ヴァイオリン]川井郁子 [ピアノ・シンセサイザー]塩入俊哉

 [ハープ]朝川朋之     [尺八・琵琶]長須与佳

 [和太鼓]吉井盛悟     [ヴォーカル]Tea

 [弦楽合奏団]コンサートマスター 松本尚子さん始め計9名

 

*プログラム内容は割愛します。

 

ヴァイオリニスト🎻川井郁子さんは十数年前にTVで見てファン

 

になりました。

 

完全に美しいビジュアルから引き付けられました。

 

毎週金曜日夜放送の『100年の音楽』テレビは私の好きな番組の

 

一つです。

 

今日の演奏第一部は川井郁子さんだけでなく、弦楽合奏団

 

女性の方達の衣装も可愛いドレスで、クラシックや映画音楽

 

の演奏オンリーかと思いきや、第一部の途中から川井郁子

 

さんの衣装チェンジがあり、真紅のドレスで登場。TVで見て

 

頂いてもわかる通り、川井郁子さんは立ち振舞いがすごく

 

綺麗で、私の中では 郁子さん=タンゴ のイメージなので、

 

今回もタンゴのステップとヴァイオリンの音色がマッチしていま

 

した。川井郁子さんは演奏だけを”聴かせてくれる”だけでは

 

なく、細やかな演出や照明等”魅せても下さる”ので、まさに

 

「コンサート」でした。何と言っても今回の第一部の目玉とも

 

言えるのは、シンフォニーホールでは珍しい和太鼓との融合

 

を”見て”、”聴く”事ができたのが貴重な鑑賞でした。青空の

 

下で聴く力強い和太鼓もパワフルですが、クラシックホールの

 

館内で響く和太鼓の音も迫力がありました。

 

第二部では、林真理子さん著『源氏がたり』の朗読をメインと

 

した、演奏というよりはほぼ「舞台」のようでした。全員衣装

 

チェンジされて、和装の川井郁子さんの登場です。逆に第二部

 

では、『和』の演出ですので、尺八・琵琶等和楽器に対して、

 

ヴァイオリン,ハープ,ピアノ等の音色が合うのか不思議でした

 

が、、             合う!

 

・・・というよりは、もう、

 

一体感ありました!

 

いつもシンフォニーホールで鑑賞するコンサートとは全く違う

 

スタイルの内容でした。それはそれで楽しかったです!!

 

ヴァイオリニスト川井郁子さんは私も大ファンなので、前から

 

読者登録とアメンバー登録させて頂いていますが、2015年3月

 

以来、郁子さんアメブロ更新されていないので、お忙しいとは

 

思いますが、久々にブログ更新して欲しいです音譜音譜音譜

 

※今日も私のブログを読んで頂き、有難うございます。下記

 のランキングポチ3つクリックも宜しくお願い致します。

  ↓↓↓↓↓

  
  にほんブログ村

  
  にほんブログ村

  
  人気ブログランキング

 
💖ありがとうございました💖最後に、宜しければ、
  ペタしてね