もう信じられるから信じるのか

もう信じるしかないから信じるのか

ただただ素晴らしいものを見せてもらえると信じて

最後まであがき、やっていこうか


大丈夫だ、やってきたことだけやってこい、

それだけのことをやってきたのだから、


安心しろ、失敗しても失敗じゃないから

答えなんてそのあとの自分が決めるもんだ


おれはまだわかんないけどそんな気がする

だから今は精一杯やってこい

信じてる

どうも、おひさしぶりです。

再発転移、一時は手術は無理と言われましたが、

神の手を持つ先生(卒業生のお父様)にまさに命をもらい、

腫瘍内科の先生も現塾生の親父さんの同級生繋がりだったり、

薬のことで悩んでたら、うちの母が友の会に入るぐらいお気に入りの病院の副院長(外科のトップ)が生徒の親父さんだったり、

生徒のお母様も同じ病に倒れ、お互いを支え合ったり、

本当にみんな150%以上の力を合わせ穴を埋めてくれたり、

同業他種なはずなのに助けに来てくれて、本気で取り組んでくれたり、

未成年孕ませて総スカンされたのを逆恨みされたり、

孫と猫の世話で大変なのにいつもいつも入口を守り続けてくれたり、

オレが電話したことは内緒だぞって、そんなのバレバレなのにいつも気にかけてくれていたり、

それこそ何年もあっていない人(卒業生も!)からも気にかけてもらったり、

同じ時期に同じ病に倒れた恩師に先立たれたり、

さらに毎年毎年、卒業生が何人も医学部に行ってくれるし、

じゃなくても、ちゃんとそれぞれが自分のビジョンを持って人生(学部や就職)を選択してくれるおかげで、

自分がなりたくてもなれなかった職業、人間に代わりになってくれているなんて

(思い出し次第増える可能性があります)

意外と塾講師って社会の底辺だけど、ちょっとは支えてるんじゃないかと思っちゃったりなんかすると勘違いも甚だしいと指摘が殺到するので自重すべし。


でも

とりあえず

なにはなくとも

みなさん、ほんとうに、ありがとうございます。


ひとまず1㌔/月ずつ増える無駄を何とか食い止めていく決意であります!
今では想像のつかないくらいの暗闇の中、

いっそもう穏やかな日々を大切に送った方がいいんじゃないの

と考えさせられた一瞬があった。



でも暗闇を抜けださせてくれたのは、穏やかな日々を奪い去り、

明るい未来をつかみ取ろうとする苦悩を与えてくれた彼らのおかげでした。


ありがとう。



そうそうお前ら、その苦悩の日々はずっと続くんだぜ!

だから、これからも楽しんでいこう!
お久しぶりでございます!

すみません、色々滞ってしまっていますが、全員元気にやっております。




また、いずれあんなことやそんなことを綴っていけたらと思っております




そして、今回は、、、


今日発売のサンデー毎日に、鼎進学教室が載っております!

退院後10か月でどんだけ肥えたのか!?  乞うご期待!!

http://sunday.mainichi.co.jp/

大学別合格者ランキングとかいう特集号です!

最後の最後のギリギリまで戦い続けた彼ら


戦っていたのは試験問題でも他の受験生でもない




今年度が終わったと思ったが、実はこれから始まるんだよな


最後の一秒までやれることがある


最後の最後まであきらめるなんて暇のないくらい最高の時間を過ごしてほしい



それだけが我々の願いです