Singapore Drum Fest 2016 レポート1 | ドラマー さとうかなでの 「奏でるブログ」

ドラマー さとうかなでの 「奏でるブログ」

プロドラマー佐藤奏です!
世界で活躍できるようなドラマーになるのが夢です♪
(コメントは承認制とさせて頂いています。)

更新が遅くなりましたが、
Singapore Drum Fest 2016」へ出演するため、シンガポールへ行って来ました!

 

【シンガポール初日】

出演は8月20日(日)ですが、フェス自体は19日と20日の2日間。
18日早朝便でシンガポール入りしました。UFO


すぐにホテルへチェックインして、夕方のサウンドチェックまで休憩~。

 

会場が有るのは「セントーサ島」という、島全体がレジャー・アミューズメント施設のような場所。
会場入口には超特大の看板が設置してありました!

中に入ると、すでに他のアーティスト達がセッティングやサウンドチェックをしていました。

会場の広さにビックリ!びっくり

 

今回、楽器は事前にリストを送って全て用意してもらったのですが、やや勝手が違い、セッティングとサウンドチェックに苦戦。あせる

↓短いですが、サウンドチェックの様子。

なんとか無事終了~。ドラム


その後は、2日間の出演アーティスト全員でディナーをいただきました。

みなさん「Kanade!! You're Great!!」とか声を掛けてくれて、ニコニコとすごく優しかったです。

 

そんな中、目を疑う出来事が!!?
ちょうど向かいに座っていた出演者のひとり(John Ashley Thomasさんのバンドメンバー)の右腕に!!

まさかの

『奏タトゥー(Kanade tattoo)』が!!びっくり

かなりコア かつ ヘビーな 奏ファンなの?おねがい

と思いましたが、タトゥーを指さして「Sou」って言っていたので、単なる偶然だったみたい。

しかし、ビックリしました~。笑い泣き

 

今回オファーをくれたBoonさん、

ありがとうございました!

 

左から

José Montañaさん、Eric Mooreさん、Chris Colemanさん

 

Tribal TideのMohamed Noorさん

 

つづく