【タブレットミュージアム】少量限定入荷 チョコレコのローチョコ | 世界のチョコレートと旅暮らし手帖

世界のチョコレートと旅暮らし手帖

1粒で幸せになるチョコレートの世界。美味しい魅惑のチョコレートを求めて、様々な地に訪問する筆者の仕事レポートと、ショコラ会等イベント情報のお知らせなどをお伝えします。


テーマ:

関西のローチョコレートファンの皆さま、お待たせしました!!


以前から親交のある、芸術作品のような美しいローチョコレートを作られている「チョコレコ 」さんより、限定数量で2種類のローチョコレートがタブレットミュージアム に登場!チョコレコさんといえば、日本の「ローチョコレート」の第一人者。彼女から、ローチョコレート作りを習った教え子さんも多数いらっしゃいます。ローチョコレートとは、カカオの中の酵素を活かすために焙炒しない豆を使用したチョコレートのことです。


多くのローチョコレートを作られる方は、ローフードという食事をされていることが多く、オーガニック、安全、新鮮、な素材選びに拘っておられる方が多いのも特徴。チョコレコさんの使用されているカカオはエクアドル産有機カカオを中心に甘さは有機ヤシ糖、保存料や乳化剤は使用せず作られています。


スーパーフルーツ

カカオ含有量68%カシューミルクチョコレートのスーパーフルーツ味。
フルーツパウダーはザクロ、アサイー、ゴジベリーと栄養価の高いスーパーフルーツ がたっぷり。 感度の高い女子のリピ買い率No1フレーバー。
表面の色づけは、ゴジベリーとブルーグリーンアルジーとこちらもローフードで人気の組み合わせ。着色料は使用してません。トッピングはヘンプ シード。こちらは他の%のものと違い、メランジャーを使用した滑らかタイプ。


ザクロ


ChocoRekoで1番人気のカカオ含有量76%のビターチョコレートにフリーズドライのザクロたっぷり加えたローチョコレート!
こちらはコンチングをかけていないため、食感はパームシュガーの粒感残るサクサクタイプ。裏側にはフリーズドライのラズベリーとブルーベリーをトッピング。



厚みがあり、食べ応えはあるけれど、体が喜ぶ素材ばかりのため、すーっと体に入っていくような、、、そんな感じさえあります。

見て頂いたらわかるように、美しい色の表面は、着色料ではなく、ローフードで人気の素材を駆使してカラーリングされたもので、作るのに非常に手がかかっています。タブレットって、単なる板チョコでしょ、、なんて言わせられません!

このようなチョコレートを1枚1枚丁寧に手作りされているため、作ることができる量には限りがあります。そのため少量の入荷ですので、絶対にほしい!という方は、早めに店頭にお求めにいらしてくださいね!


阪急うめだ本店9階祝祭広場「タブレットミュージアム」にて

1月28日~2月14日まで販売

タブレットミュージアム デジタルカタログ









チョコレートソムリエ:さつたにかなこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス