梅雨寒の夏が過ぎ、やっとスカッとした暑さ、夏特有のギラギラした太陽が、大得意な笑顔を見せてくれるようになりました🌞


私は夏は苦手です。
汗っかきなので。
でも、梅雨寒の間は月の感覚が無くなり、今も夏休みの実感が湧いていないので、やっと夏らしくなってくれて良かったなと思いますうーん


そう思うと今年は、"季節"とか、"こうあるべき"みたいな通常の概念を、天気すらもひっくり返してしまう年なのでしょうか。
ふとそんな事を思いました。



何かに挑戦している時。
ずーっと1つのことに取り組んでいる時。
困難を感じながらも、どうしても成し遂げたいことに取り組んでいる時。

そういった、その人にとって「物凄く大切なこと」に向き合っている時は、進めば進むほど、必ず壁にぶつかります。
壁にぶつかるぐらい、ちゃんと向き合っているからです。


逆に、それを容易く出来てしまうように感じていたり、どうってことないものに思っている時は、その事に対して  "100のうち1も知らない" 状態です。
何も知らないから、簡単に思える。
すぐ出来てしまうように感じる。


だから、すぐ出来ると思ったのに全然出来なかった  というのはよくある話で、そこで諦めてやめるか、その後も続けるかは、やはりその人それぞれの生きる目的に関わっているのだと思います。

続けなきゃいけない訳でも、やめちゃいけない訳でもない。
自分がどうしたいかは、自分で決めて良いのです。



今、困難な状況を感じている人。
八方塞がりで落ち込んでいる人。
それは、一生懸命向き合っているからこそ陥れる状況で、むしろ誇って良いことに思います。


私は、潜在意識の本をたくさん読んだり、"引き寄せの法則"を知ってからは、いかに人生をより素晴らしく生きるかを目的として色々調べたりしているのですが、そこに出会えたのも、自己肯定感がとても低く、自己否定ばかりしていた時でした。
どうにかそんな自分を抜け出したかったから、だからこそ、そういう本に出会えた訳です。



夜明けの前が一番暗い。
一番暗い時間を知っていれば、夜明けの瞬間がより明るく美しく感じられます。

朝を迎える為に、夜があるのです。
朝を迎える為には、夜がないと朝は迎えられないのです。


生きている中では、大きな困難もあれば、数日で乗り越えられるような小さな困難など、様々なことがあります。
その度に私は、これはどうして起こっているんだろう  とか、私は何を知るべきだからこれが起きているのだろうと、その困難を乗り越える為に色々と頭を巡らせ、本を読んだりブログを読んだりして、必死に解決の糸口を探します。
困難な状態、落ち込んでいる状態が嫌なのであせる
でも、そこに意味があるのです。


解決の糸口を見つけたら、夜が明けたら、その後に来る朝は今までよりもっと明るい。
今までの自分より成長した自分が待っている。
待っているからこそ、その困難は訪れる!


そう思うと、自分がダメだから困難な状況にある訳ではなく、その状況を解決出来るからこそ、そうなっている  というのが分かります。


夜明けの前が一番暗い。
私自身何度も救われてきたこの言葉が、誰かの解決の糸口になったら嬉しいです。


kana








「あれもやらなきゃいけない、これもやらなきゃいけない!」と、must が山積み状態の時。
やりたい、やりたくないなんて関係なく、やらなきゃいけないものが溜まりまくっている時は、気持ちがとても焦ります💦
そして、必要以上に自分を煽ったり、そんな状態の自分を責めたりして、自己嫌悪に陥ります。


ついこの前までの私は、色んな仕事が溜まってくるとこう↑なりました。
そういう気持ちになっていると、思考が行動の邪魔をして、結果仕事も捗らなくなったり、ミスが出たりしますよね。
まさに負のループ台風


ですが最近は、何かが変わったのか、こんな風に思えるようになりました。

「あれもこれもちゃんと出来てる私は、偉いなぁ。」と。

30年生きて、やっと自分に優しい言葉をかけられるようになりました(笑)



あれもこれも、やらなきゃいけないものをちゃんとやってる自分は、偉いなぁ。
ちゃんとやってる自分は、とっても偉いなぁ。

こんな風に思えると、その後の気持ちも全然違うし、やらなきゃいけない事柄に対しても前向きな気持ちになれます!


ビーグル犬しっぽビーグル犬からだビーグル犬あたま花束


忙しい時、自分に余裕がなくなってきている時こそ、この言葉。

「あれもこれもこんなにちゃんとやってる自分は、とっても偉いなぁ。」✨

そんな風に、自分で自分を褒めてあげて下さい。
私の実体験で、凄く効果出てます!!


以上、忙しい時に効く魔法の言葉でした流れ星


kana







分かりきっているだろうから、ありがとうと言わない。
今更だから、照れくさいから言葉にしない。

そういうのは、分かってもらえてなかった場合、言われなかったという事実しか残らない。
言われない=思われてない  とも、相手は受け取れる。


相手にかける言葉はもちろん、自分にかける言葉もとても大事。
自分にかける言葉が優しければ、相手にかける言葉も優しければ、現実もとても優しいものになる。
自分にとって心地よいものとなる。


言葉の力ってとても強い。
プラスの言葉もマイナスの言葉も、現実を丸ごと変えてしまう力がある。
自分の想いから言葉が出るから、自分の想いで現実は作られているから、丸ごと変わっちゃうのは当然ですよね🌏


だったら私は、自分にも相手にも、なるべくプラスの言葉を使いたいなと思う。

言葉のチカラを強く感じる、今日この頃です。


kana