新しい場所へ

テーマ:

JOMが終わって1ヶ月が経ちました。
暑かった日々が過ぎていって、最近はエアコンをつけなくても過ごせるようになりました
朝晩は冷えますね🤧
今年の夏は、信じたくないぐらい暑かった。。


JOMが終わって1ヶ月。
JOMで感じた事は物凄く多くて強烈で、結果その後の行動を変えました。


私はJOMで、弱音の重要性や「弾かない」音の出し方を学びました。
ファイナルコンサートで、その学んだことを手探り状態でやって、思いがけずも田崎先生はじめ様々な先生方にお褒めの言葉を頂けました。
最初の落ち込みが酷かっただけに、まさか褒めて頂けるとは思わずびっくりしましたが、本当に嬉しかったです。


そこから、弱音の出し方、今でも正直よく分からない「弾かない」音の出し方を習得したい!と思い、
この度、学生時代に少しだけお世話になった、ロシア奏法で指導されている先生に師事することになりました。


あとから知ったことですが、
ロシア奏法って、ピアニシモなどの弱音をとても大切にしている奏法なんだって😲!
確かに、この前先生にメロディー以外は弱音でって言われました。
いやはや…学びたいと思ったことが、ドンピシャで学べる場所だったなんて‼️
凄すぎる‼️‼️


ほぼ初めて学ぶ奏法、戸惑いもあるし難しさも感じるけど。
JOMで学んだもう一つの大きなことは、
「無理!こんなの出来ない!!!」と思うような困難なことを、泣きながらでも逃げずに向き合って取り組めば、本当に何にも変えられないとてつもなく素晴らしいものを手に入れられる、ということです。

JOMの5日間、辛すぎて自宅に帰りたいと思っても、缶詰な合宿のため逃げられず、
でも逃げられないから逃げずに踏ん張ったら、最後に素晴らしいプレゼントが待っていました🎁
1つの成功体験ですね😌

とは言え、辛い真っ只中の時は、やっぱり辛いけど(笑)


ロシア奏法は完全な習得まで数年かかるかもしれませんが、少〜しだけ分かってきました💡
新たな先生のもとでまた1から勉強、本当に1からのスタートだと思って、これからしっかり勉強していこうと思います

kana

JOM in 奈良 2018 を終えて

テーマ:

昨日の夜、奈良より帰ってまいりました。
のどかな奈良の町から、華やかな都会へ🚅
4泊5日という少し長めの期間でしたので、今は自分がどこにいるのか分からないというか、完全に音楽ボケしています。
今日から仕事だけど、よく分かっていない(笑)


今回は、学生以来8年振り?ぐらいに音楽セミナーに参加しました。
昔とは違い仕事をしている身なので、夏休みの調節等の事前準備もたくさんありました。


今回、本当に色んなことを感じました。
ここには書ききれないことをたくさん感じました。
苦しい想いもしたけど、本当に行って良かった。
また新たなスタートになりそうです👟


JOM終了後、スーパーピアニストの田崎悦子先生と。
70歳をゆうに超えたお歳ながら素晴らしい演奏をされる、音楽の為に生きている、本当に凄い方です。
今回、田崎悦子先生の音楽に対する純粋な愛情に、色んな意味で感化されました。
凄いな、本当に。


「学生さんの、もっともっと学びたい!という気持ちを目の当たりにして、それが今の私に足りなくて、最初のうち凄く辛かった。」と泣きながら話す私に、
「私は全然そう思わない。学生は親のお金で何でも出来るんだから、学生の方がよっぽど甘えているのよ。自活して日々の生活をしながら、それでももっと学びたいと思っているあなたの方が偉いの。」
と、田崎先生は言って下さいました。
音楽を学ぶ上で、学生も社会人も関係ない、ボーダーラインなんてないと。


今回のセミナーで、音大卒業後の進路に悩む子達とも色んな話をしました。
彼女たちが思っていること、全部分かる。
かつて私も同じ想いを抱え、苦しみ、全て経験した事だから。
経験してなお、またもがきながら、この5日間、自分の非力さ未熟さに打ちのめされて逃げたくもなりました。


みんな私よりも上手いと感じる子達ばっかりだったけど、たくさん仲間が出来て私は嬉しかったです。
色んな話が出来て楽しかった。


今日からまた、それぞれの日常が始まります。
この夏、新たな強烈な刺激を受けさせて貰ったので、もっともっとステップアップ出来るように、これからも精進します!

kana








挑戦すること

テーマ:

8月になりました🌻
皆さん夏休みを満喫している様子🍹
私は、一つ演奏会が終わって、8月下旬の講習会に向けて体力気力を満たし中です!
ひとときの休息を兼ねて、新しい曲がいっぱい練習出来て、それが楽しすぎて嬉しすぎて毎日るんるんしてます


私が今回講習会を受けようと思ったのは、5月に田崎先生の演奏会を聴きに行き、パッション溢れる演奏に心が踊ったからです。
とても情熱的で、日本人離れした先生だということは昔からよく知っていましたが、
5月に先生の演奏を聴いて、その場で講習会を受けようと決めました。


それからは、突然受けると決めたので審査に間に合わせるために急ピッチで練習し、最後の方はだいぶ自暴自棄になりながらも、なんとかここまでたどり着きました😌
審査前は精神的にかなり苦しかったけど、挑戦して本当に良かったと今は断言できます


生徒さんでもそう。
新しい宿題がちょっとでも難しそうだと感じると、
「無理!こんなの難しくて絶対出来ない!!」
と拒否する子もいます。

でも、
「絶対出来るから。今一緒に練習しよう。」
と声がけして、やっぱり何回も一緒に練習したら出来るようになって、そうすると、
「やった〜!! 楽しい〜!!!✨」
と言ってはしゃぐのです。


そう思うと…
仲間、一緒に進んでくれる仲間の存在が、どれだけ心の支えになるのかは明白ですね。
その生徒さんにとっては、私がピアノの仲間なわけだから🎹


私も、失敗するのが怖いから挑戦しない、そういう時はたくさんありました。
だけど…それはいつか後悔するんですよね。
本当は挑戦しない事に納得してなくて、挑戦したいのにしていない、という状態だから。
そんな意気地なしの自分が、ますます嫌になったりね


失敗は成功のもと!
失敗は成功への近道!
挑戦すればその分失敗もあるけど、それが必ず次の成功に繋がっている。
心の底からそう感じます。


大変なのは重々分かっている、けど…
これからも、どんどん挑戦していこうと思います!!


kana