生誕ありがとう☆

テーマ:

こんにちは!

かなかなこと愛野可奈です!
正しくきれいな日本語を使いたいけど造語も作りたいお年頃☆
今年も無事に18歳を迎えることができました!←


10/1(日)渋谷チェルシーホテルにて開催の、
愛野可奈生誕レコ発主催
「Dark Fairy~妖しげな森の光~」
ドキドキ
にお越しいただきました67名の皆様、本当にありがとうございました!
可奈予約は43名✨
主催での動員数過去最高になります✨
{35D32B17-F981-43BE-8040-1F0173C6F950}


プレゼントも沢山ありがとう✨
{484BD918-A3AA-4C05-94F7-D1A10F261A7F}



今回のプログラムはライブ出演者を私を含めて5人と少数精鋭にさせていただき、
ずっとやりたいと思っていた朗読劇に挑戦しちゃいました!

4月のKNK主催から4ヶ月連続新曲発表、そしてこの生誕主催にて最後の曲を
初披露させていただきました!
当初は作曲家の明日葉さんとの話し合いで、
1つのテーマで縛ったアルバムを出したいというところから始まり、
妖精の神話を歌にしていく!という話でまとまってたのですが、
歌だけで終わらせてしまうのはもったいない。。
もっと深いところまで伝えたいという思いが私の中でわき上がってきました。

ちょうどそう思った矢先にミシマちゃんと連絡を取り合う機会があり、
「この前朗読劇やったんだー!」というではないですか・・・!

最初はいいなー朗読劇私もやりたいなーくらいに思って
「私も朗読劇やりたいからいつか一緒にやろうね!!」と伝えてその話はそれで終わりました。

でも、だんだんと、もしかしてDark Fairyの世界を深く掘り下げて伝える手段として
朗読劇ってぴったりの手段なんじゃない!?
「ねえ!私の曲で朗読劇やりたいんだけど、脚本におこしてー!!」と勢いでいったら
ミシマちゃんはサラッとやってくれちゃいました。。

さらに私の書いたあらすじや歌詞を見てもらって、
登場人物的にもう少し役者の人数が必要だと言うこと等のアドバイスや、
脚本に起こすのに必要な情報をより深く掘り下げて私から引き出してくれました。
私が考え及ばないところまで追求してくれたおかげで、深く知ってもらうための手段だった
企画が、さらに物語を深くしてくれた気がします。

ミシマちゃん本当にありがとうー!!

{1FB938BB-A502-4267-A5B7-43DFE5D6162D}

ライブゲスト様たち♡
妖精や妖しげな森の光というタイトルを意識してイベントを盛り上げてくれました✨✨
ありがとう✨
{2C55C0FC-F8C5-4DC4-AE21-1699C9154705}

{BBE5E2DB-B51E-4AE9-945B-98EAB5B71492}

{DBAA1EBD-0A41-421A-BEC3-BE9D86110A05}






今年は声優グランプリ掲載をかけた初めてのオーディションライブへの挑戦があったり
(声優グランプリ10月号書店にて発売中/もしくはネットで10/10くらいまで)
次はKNKprojectでの新宿ReNY主催に向けてまっしぐらです!
12/20(水)は昼から1日あけておいてね!!!

{0050567C-BEE5-46A8-8770-CD929351C8C2}





今この瞬間はめくるめく世界のほんの一部です。

強くいきましょう!


✨✨✨✨✨✨✨✨


グッズ情報✨
{533C9CAB-8FC6-4096-8D68-02585147B597}

{F1C889C3-ACB7-4E89-AB68-DA271374DF51}

{A0FCE7C4-B0FD-4F8E-B222-CCBF5A502D68}

{3D27634E-D206-4866-851C-F5D342687442}

{2BDB194C-A45C-4CE7-A128-E67EFF9A02B2}

朗読劇と楽曲はこちらから!


thank you!!

AD