最近のPetit Dejeunerと パリのマルシェその② | *おいしいしあわせ*

テーマ:

おはようございます。

 

先週辺りから

パリはファッションウィークに突入。

1年にいったい何度あるのか。

しょっちゅうファッションウィークって聞くわ。

バイト先はケータリングとかもやっているので

かなり忙しく

今週は昨日今日の土日も仕事。

休む間もなく

気付いたらもう明日

月曜日が始まるではないかー。

 


週末も仕事だったので

曜日感覚がなく、

今ふと、

「あ、今日日曜日か」

と思ったところであります。

しばらくバタバタですが

仕事は楽しいので頑張ります◎

 

 



{7F731007-7D14-4E24-8D93-FC414F91477C}

 

さて、最近の朝ごはん(Petit dejeuner)

この前の土曜日の。

 

玉子を買ったまま

ずっと放置してたので

(かれこれ2週間強。

火を通せば大抵のものは

なんとかなるという勝手に作った法則の下)

 

スクランブルエッグのっけパンにしました。

パセリがコップにわさわさ刺さってて

ちっともなくならないので(後半記事参照)

刻んでたっぷり入れた

パセリスクランブルエッグに。

 

{F60E96DE-C50C-4FC0-B586-4335BD1F4F30}

 

スープは

これまたマルシェで買った野菜たちを

いろいろ加えたスープ。

根セロリ、キャベツ、玉ねぎ、にんじん、

じゃがいも、そして

日本から持ってきて

この前水煮にして冷凍しておいた

大豆。

大量に作ってストックしておきます。

寒いのでスープが毎日ほしくなるし

栄養満点だから

栄養バランス保った気になれる。

(あくまでも『気』)

 

{39E86A38-FDFA-4182-AE58-21D35B9B102E}

 

久しぶりにスクランブルエッグがおいしすぎた。

滅多に家で卵料理やらないんです。

買っておきながら。

なんでだろうな。

なんか手が出ない。

なんか卵が高値の花。

 

こっちの卵は相当新鮮じゃないと

生では食べられないのでね。

(火を使うのが面倒なだけ)

 

 

玉子の話してたら

久しぶりに目玉焼きが食べたくなってきました。

半熟のハムエッグが食べたいなぁ。

また近々やろうと思います。

{60EF5A89-332C-4C8A-A543-329612ABBDCB}



 

 

 

 

さて、先日話したいと言っていたマルシェその②

のお話。

 

 

先週の日曜日、

一人旅の時からずっとお世話になっているKさんから

「終わり掛けのマルシェが安い。

よかったら一緒にどうですか?」

お誘いをいただいて

ご一緒させてもらうことに。

 

日本のガイドブックでも有名な

バスティーユのマルシェ。

パリは11

バスティーユ広場から北に向かった

大通りに立つパリ最大のマルシェと言われています。

{5926D406-1147-4804-B4DB-6A6A75D0D266}

{EB1FB61A-8069-4D15-8792-95A1FFA80A7C}

到着したのは13:30を過ぎたころ。

大体マルシェは14:00まで。

閉店間際が

かなり安くなるということで

絶賛節約生活中の私には

ありがたいお話。

 


さっそくKさんと合流すると

普段穏やかなKさんが

驚くべきスピードで歩いていくではないか。

若干、「!!!」という感じになりながらも

一生懸命ついていく私。

 


まずたどり着いた野菜売りのお店は

珍しく大根が売っていた。

普段中華スーパーで買うと

大根は大体11.5€はするところ。

(日本円にすると200円ちょい)

しかしそこで

2本で1€という激安価格でゲット!

思わず私、

「ほんとに!?いいの!?」

とおじさんに問いてしまったわ。(日本語かい)

 

喜んでいるのもつかの間、

次々小走りで進んでいくKさんを

必死で追いかける私。

 


またとある野菜屋さんに到着。

「あ~ジャガイモがほしいなぁ、買おうかなぁ」

と、籠山盛りで1€のジャガイモに手を伸ばした私に

「ちょっと待って!」

Kさん。

「あっちの野菜屋さんが

あともう5分ほどしたら

たたき売り価格で野菜販売するから…」

と横目で2軒先の野菜屋さんをチラッと見て言った。

このハイスピードな買い物の中で

時間まで把握しており尚且つ、

残り5分というところで例のたたき売りの店の

すぐ傍までにたどり着くという

完璧なスケジュール!

す・・・すごい・・・拍手!!

 

 

「あ!まずい!」

というKさんの言葉を聞いて例の野菜屋を見ると

なんと買い物客が

その野菜屋のテントを囲み始めた!

「出遅れた!」と慌てて移動するKさん。

「ほ~!みんなよく知ってるんですね~!!」

と感心な眼差しの私。(温度差)

 

 

そしてほんとに始まった

たたき売りセール。

大きな箱に

売れ残った野菜や

傷だらけの野菜(皮剥けば問題なし)、

完熟しすぎたトマトや

ちょっと葉っぱが腐ったラディッシュの束や

果物たちが

ランダムに箱に入れられて

それで1箱1€

これは安い!

どれも下処理すれば問題なく使えるものばかり。


 

でもすでに私たちが行ったら

店の前にはお客さんが陣取ってテントを囲んでいて

私たちは2列目。

ムッシューによっていろんな野菜や果物が

ランダムに入れられた箱は

前列がどんどん取っていく。

 


「いや~みんなすごいですね・・・」と

ぼそっと言った瞬間

隣でKさんが突然、

「トマート!!!!!!!!」

と叫びだした。

その時の私の表情は

どうか読者の皆さんで想像してほしい。

 


見ると、ムッシューがちょうど

トマトとラディッシュをたっぷり詰めた箱を

作っていたところだった。

「ヴワラ!マダム!」(はいよ!マダム!)

とその箱をKさんに渡すムッシュー。

「これ、2人で分けましょう」

と半分分けてくれたKさん。

「こうやってお互いに協力して大量に買って

シェアしたら得だから。」と。

 


よし、私も負けてられない。

感心してる暇も

目をそらしてる暇もない。

とにかく見張って

次に何がくるかの適格な予測と

瞬発力と判断力が必要。

(もはや何の話)

 

 


そして

今だ!と思った瞬間。

「オーベルジーヌ!!!!!!

オーベルジーヌ、シルブプレ――!」

(ナス!!!ナス、お願いします―――!)

 

前列にも同じく手を伸ばしていた人が何人かいたけど

ムッシュが私を見て箱を差し出してくれた。

勝ち取った―――!

(なんだこれ)

 


その箱には

茄子と根セロリ、パプリカにモロッコインゲンと

盛りだくさんでした。

「うん、いいチョイスですね」

Kさん。

 

 

そんなこんなで

激戦を勝ち抜き

なんとか購入したものが

こちら。

{96BABFFF-6F7A-4D52-B425-C5C631BB21AA}

ラディッシュ3束、

キウイ3個、

完熟トマト15個ほど、

パプリカ、茄子、

モロッコインゲン、根セロリ、

リンゴにオレンジ、

ロマネスコにジャガイモに大根。

写真にはないけど新鮮なパセリも2束1.5€で購入。

 

〆て5€するかしないか。

この量で!安い!!

 

 

傷が大きいものは早めに下処理。

ラディッシュはすべて漬物に。

完熟トマトは煮込みに使いました。

茄子とパプリカで

季節外れだけどカポナータを作り、

モロッコインゲンは胡麻和えに。

根セロリはポタージュやサラダに。

 

いやーかなり助かりました。

これで2週間くらいいけた。

ちなみにKさんはこの倍くらい買っていました。

慣れていらっしゃる。

 

 

普段のんびり見て買って楽しむマルシェですが

大特価タイムセール張りの

もはや競りのようなマルシェもまた

めっちゃ楽しかったです。

 

 

 長くなりました。

ご清聴ありがとうございました。

 

 

 

レシピブログランキングに参加しています。

↓ポチっと応援お願いいたします◎◎

 

Kanaminnieさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス