「現実世界とはいったい何だと思いますか?」

こう尋ねるとほとんどの方は、

「見たり聞いたり触れたりしながら、目の前に在ると実感できる世界の事です。」

と答えるでしょう。

そうです。

皆さんは、このように日々目の前に展開している事象や現象を現実だと信じ切っています。

自分が見るもの、聞くこと、触って実感できることのすべてが、

現実世界だと思い込んでいます。

先ずは、その思い込み自体が大きな勘違いなのだという事に気付いて下さい。

 

皆さんは、見えているもの、聞こえているもののすべてを、

自分の目で見て、耳で聞いていると思っています。

しかしそれは間違いです。

皆さんの目はただのレンズです。

皆さんの耳はただの集音器です。

皆さんの目というレンズを通して外部から受けた刺激は、

即座に電気信号に変換されて脳にある「視覚」を司る部分に伝達された結果、

脳の中でその刺激を象った物質として認識させられているだけです。

同じように耳という集音器を通して外部から受けた刺激は、

即座に電気信号に変換されて脳にある「聴覚」を司る部分に伝達された結果、

脳の中でその刺激を象った音として認識させられているだけです。

皆さんが周知している「五感」と言われる「視覚」「聴覚」「嗅覚」「味覚」「触覚」は、

すべて同じ原理によってそれぞれが脳の中で現象化され、

そのように認識させられているだけなのです。

このことは、現在では既に科学的及び論理的に証明されています。

 

ということは、

皆さんが現実世界だと思い込んでいるすべては、

皆さんの脳の中で起きている現象世界だと言えます。

皆さんは、その脳の中で起きている現象世界を紛れもない現実世界だと

認識しているだけなのです。

 

そう・・・すべては皆さんの認識が創り出していた幻(幻想)なのです。

皆さんが見たり聞いたり触ったりして、

確かに在ると思い込んでいた現実世界は、

すべてが幻(幻想)だったのです。

本当の意味で、

皆さんの外側には現実世界などというものは存在していないのです。

 

つまり現実世界とは、

様々なことに対する皆さんの認識によって、

皆さんの内部に創り出されている現象世界の事なのです。