あ!みぃちゃんだ! | 猫山ハリケーン

猫山ハリケーン

JAZZ、BLUESの超訳及びアイドルの超解釈をします。

お菓子製造工場のような場所で働いている。
倉庫にいるとみぃちゃんが入ってきた。
店舗フロアからトイレットペーパーとペーパータオルをとってくるように指令を受けたのだ。
なんとなくそれが聞こえていた。
みぃちゃんはペーパータオルを持っていた。
だからトイレットペーパーを渡した。

ロッカールームには50センチ四方のミニロッカーが並んでいた。
吾輩の2つ下にみぃちゃんのロッカーがあるのだ。
荷物を片付けて帰ろうとするとみぃちゃんがルームに入ってきた。
胸が高鳴る。
話をしたいけれど、野暮な性格がバレちゃマズイ。
松本に相談しようか?でも多分冷やかされるからやめとこう。

思わず逃げ出してきたが財布を忘れてきた。

アイドルの夢を見る方法論を日々研究開発しているのだが
とにかくさすが入り口メンの登場回数が多い。

そして遂に謎が解けた。

みぃちゃんの夢を何年も見続けてきたが毎回何故か2~3秒のカットシーンだった。
そして毎回何故か「あ!みぃちゃんだ!」という感想を伴うのだ。

最近ストーリー仕立てのそこそこのシークエンス展開も増えてきた。

これはYou Tube開始によって動的場面の連続を多く目にする機会が増えて
データが蓄積しているからであろう。

そして長年の謎だった「2~3秒の断片シーン」「あ!みぃちゃんだ!という感想」の正体。

つまりこれはMVにみぃちゃんが映る時間だったのだ。

あの頃今よりもっと無知で純真だった吾輩は楽曲がリリースされるたび、
テレビにAKBが映るたびに、どこかにいる入り口メンを探していたのだ。
そして発見した暁には「あ!みぃちゃんだ!」と。