秋場所七日目 | KBP大相撲中継
新型コロナウイルスに関する情報について

秋場所七日目

昨日は一横綱五大関がそろって敗れる大波乱の一日。今日は立て直せるのか注目でした。


横綱朝青龍関は把瑠都関との取組。

場所前の横審総見 では、把瑠都関が4連勝していて難敵でした。

注目の立ち合い。朝青龍関がすばらしい立ち合いをしました。朝青龍関が突っ張っていくと、すぐに把瑠都関は体勢を崩し横向きになってしまいました。そのまま真っ直ぐに押し倒し。強かったです。気合十分の最高の相撲でした。

初顔には力の差を見せつける、連敗しない。朝青龍関の強さを象徴する一番になりました。立ち合いの差が相当ありましたね。把瑠都関は「はや~い」とおっしゃっていたようです。


綱とりの白鵬関は琴光喜関との一番。

場所前の稽古で大苦戦した相手で、5戦全敗だった日もあります。

白鵬関は踏み込んで左まわしを取りに行く、白鵬関の一番良い立ち合いでいきました。白鵬関が左上手を取りかかりましたが、すぐにはずれてしまいました。この動きで白鵬関はやや左向きのきゅうくつな体勢になってしまいます。琴光喜関が近くなった左上手を取るとすぐに出し投げ!これで後ろ向きになってしまった白鵬関を送り出しました。

琴光喜関は6勝1敗。白鵬関は連敗で3敗目。場所後の横綱昇進は絶望的となりました。先場所後に上げておけば良かったと思ってしまいます。。。


大関昇進をめざす雅山関は昨日朝青龍関を破った稀勢の里関と対戦。茨城県出身力士同士の注目の一番です。

この取組は雅山関がすばらしい当たり!この当たりで稀勢の里関が脳しんとうを起こしてしまい、雅山関があっさり突き落としで勝ちました。こうなるとは思いませんでした。雅山関は4勝3敗。白星先行です。


他の大関陣では魁皇関が今日から休場。今場所は全然魁皇関の相撲が取れませんでした。特に立ち合いが悪かったと思います。次の九州場所で頑張ってほしいです。玉乃島関が不戦勝。


そして千代大海関は出島関を押し出し

琴欧州関は時天空関を豪快に上手投げで裏返しにし、

栃東関は黒海関をいなしで崩して寄り切りました。


ただ1人全勝だった安馬関は岩木山関と対戦。安馬関が先手を取って突っ張りましたが、岩木山関が踏ん張り四つ相撲になりました。差して頭をつけた安馬関が何度も必死に寄りましたが、重い岩木山関はあまり後退しません。岩木山関の上から肩すかしが決まって岩木山関が勝ちました。安馬関は今場所初黒星となりました。安馬関は負けたときに指を痛めたようです。


1敗の露鵬関は玉春日関を押し出し1敗維持。


1敗の春日王関は栃乃花関に寄り切られました。栃乃花関が差して前に出た良い相撲でした。


安美錦関は旭天鵬関に上手を取られ厳しいかと思いましたが、足が近づいたところで外掛けで勝ちました。連日の外掛けです。


豊ノ島関と朝赤龍関は58秒の熱戦になりましたが、下手ひねりで朝赤龍関が勝ちました。この2人も長い相撲になることが多いです。豊ノ島関が肩などを痛めたという情報がありました・・・


前半戦では、

豊真将関が低い体勢を保ち、押し出し!

寶智山関は組み合って前に出て最後は押し出し!

垣添関はこれぞ垣添相撲という感じの速攻で押し出し!

琴奨菊関はどんどん攻めていき、土俵際の豪風の逆転技でもつれましたが、寄り倒し!

そして、普天王関が高見盛関と左四つがっぷりの体勢から力強く寄っていき、寄り切り!

と前に出る良い相撲が続きました。


7日目終わって、

1敗 朝青龍関、琴光喜関、露鵬関、安馬

の4人がトップ、普天王関など8人が2敗です。


十両では北桜関、豊桜関ら8人が5勝2敗でトップです。

今日の北桜関、豊桜関の前に出る相撲はすばらしかったです。

新十両の栃煌山関は若兎馬関を一方的に押し出しました。4日目以降前に出る相撲が続いています。

出羽鳳関は光法関に敗れ1勝5敗。立ち合いが悪いのか攻めが遅いのかなかなか得意の形になれません。