大阪・北摂・吹田・発酵教室 醸せ師 hikarinのブログ
  • 16Oct
    • 朝ごはん

      お味噌汁が、じんわり身体をあっためてくれる季節になったな~と感じる朝朝ごはんを食べ終わる頃には、指先までぽかぽか。しっかりと身体が起きたところで、今日も元気にいってらっしゃーい(*´▽`*) 醸せ師hikarin@醸研究所

      5
      テーマ:
  • 12Oct
    • 50℃洗い&低温スチーム調理スピンオフ教室③

      ご訪問頂きありがとうございます。醸研究所の醸せ師hikarinです。牡蠣、鯖で一献いけそうですが、こちらは白ワインかなたっぷりきのこのマリネは、キノコの旨味グアニル酸を最大限に抽出するために低温スチーム調理をじっくりかけていきます。玉ねぎのシャキシャキさがアクセントレモンの酸味をきかせたマリネは、御持たせ料理としても役立ちそうですかぼちゃの甘味を最大限にひきだした後、スープとプリンができちゃうお得感満載のレシピ。50℃洗い&低温スチーム調理をするだけで、こんなに甘くなるなんて!!蒸しても崩れることなく、皮まで柔らかいので、簡単に型抜きもできました。もちろん食べれます面白かったのはこのりんごりんごジャムのレシピなのですが…50℃洗い→50℃漬けをしたりんごを炊飯器で炊くだけの超お手軽放置レシピ(笑)ジャムにするには、さらに潰して砂糖をいれて~と続くんだけど、砂糖なくても、りんごの持つ甘味が細胞一つ一つにあって、これだけでも美味しかったの これは色んなりんごで試してみたいのだけど、我が家のメンズはシャキシャキのリンゴ派なので、作ってもひたすら自分で消費するしかないので、誰か食べてください今回、初めての応用教室を開催しましたが、改めて、料理ってシンプルなものなのだなと思いました。特別な調味料を使うわけでなく、変わった調理方法が必要なのではなく、どこにでもある調味料で、洗う、漬ける、蒸す、炊くなど極々普通の調理でできる。そこに必要なのは「ひと手間」だけ。『美味しいと言ってもらえると、ひと手間が苦になりません。美味しいと笑顔が私の幸せ♡』by田村眞由美こんな素敵な女性に出逢えて、お料理を教わることができて、私はしあわせもんです田村さん、ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたしますご参加いただきました皆さま、ありがとうございました醸せ師hikarin@醸研究所

      5
      テーマ:
    • 50℃洗い&低温スチーム調理スピンオフ教室②

      ご訪問頂きありがとうございます。醸研究所の醸せ師hikarinです。仙鳳趾の牡蠣はご堪能いただいた後は、掌二つ分もある大きな鯖鯖好きにはたまらんよね!!胴もまるまるして立派。量ったら800g超えてました!!まだまだこれから脂がのってくるそうで、鯖の買い方も伝授してもらいました。この鯖を使って、飲de安で大人気の〆鯖を作ります。なるべく丸のまま買ってきて、家でさばく練習をしているのですが、まだまだ全然上手にならないので、包丁の使い方も含めマンツーマン指導していただきました。今まで必ず失敗してた部分も、コツを教わると、あらすっと切れたわ~を体感。「あとは慣れです!どんどん魚買ってさばいてください!!」と後押しされて、みなさん俄然やる気!!そこから、塩して酢をして(酢はマルカン酢さんのきぶきを使用)なんとも美しい〆鯖のできあがりある生徒さんは「いつもなんかうまくいかず〆鯖のハードルが高かったけど、今日で随分とハードルがさがりました!!私にも作れる!!」と大喜び最近「鯖・鰯・鯵」を連呼しているメンズのリクエストに応えるべく、私も頑張らなきゃ!!本来は〆鯖だけだったのですが、せっかくだから鯖寿司もつくっちゃいましょう~ってことで、出来上がったのがコチラ驚かれるかもしれませんが、50℃洗いをしています。そのひと手間のなせるワザ!!魚臭さは一切ありませんでした!!お酒我慢するのが苦しかったわ~学校から帰ってきた息子のおやつに端切れを出したら、鼻の穴広がってた贅沢なおやつやな続く・・・。醸せ師hikarin@醸研究所

      2
      テーマ:
    • 50℃洗い&低温スチーム調理スピンオフ教室

      ご訪問頂きありがとうございます。醸研究所の醸せ師hikarinです。この二日間で秋の空気へと変わったようで、朝の気温の低いこと!!庭木達も紅葉がはじまり、教室に訪れる人の目を和ませてくれるといいなぁ。昨日は50℃洗い&低温スチーム調理のスピンオフ教室として、応用教室の名のもとに田村先生初のお料理教室を開催しました。「えっ?そんな教室募集してた?知らないよー。」という方も多いと思うのでご説明。この応用教室につきましては、作るお料理全てどこかに50℃洗い&低温スチーム調理の技法が用いられるため、全くの初心者では意味不明なまま教室が進んでしまうため、50℃洗い&低温スチーム調理の講座を一度でも受講されている方(*かもけんでの受講者限定)を条件に募集をかけたので、一般の方は知らなくて当然なのです。申し訳ございません。どうぞこのレポでお楽しみくださいませ。さて、田村先生は神戸三ノ宮で『飲de安(いんであん)』という飲食店を経営されていて、そこで出てくるお料理は50℃洗い&低温スチーム調理を駆使していて、2年前に一度しか食べたことなくても、忘れることのできない記憶に残るお料理でしたと再訪されたお客様もいるという人気店なのですが、昨日の教室は飲de安がそのまま飛び出てきたようなお料理の数々でございました。お品書き 蒸し牡蠣(仙鳳趾産) 〆鯖 鯖寿司 きのこのマリネ 柿とバナナの白和え カボチャスープ かぼちゃぷりん りんご北海道の仙鳳趾産の牡蠣って知ってます?知る人ぞ知る牡蠣だそうで、私は初めてだったのですが、その大きさ、香ですでにKO浮かれて記念撮影してもらったほど(笑)手前の超でっかい鯖もきになるでしょ(*´艸`*)あとでこれでもかってほどお見せするので少々お待ちをしっかりと50℃洗いすることで、雑菌などは流れ落ち、もともと身も分厚くぷりぷりな牡蠣だそうですが、低温スチーム調理することで更にふっくらぷりんぷりんに仕上がります 一口噛めばじゅわっとクリーミーな牡蠣の旨味が口いっぱいに広がって、歯の力なんていらないくらいふわっと溶けるように味わえるんです。もうね~、みんな至福の顔をしておりました 低温スチーム調理って凄いです!!続く・・・。醸せ師hikarin@醸研究所

      1
      テーマ:
  • 10Oct
    • 研究室さながら

      ご訪問頂きありがとうございます。醸研究所の醸せ師hikarinです。10月になっても毎日日焼けしている感がいなめない私とは正反対に、色白さにますます磨きがかかってきている50℃洗い&低温スチーム調理のインストラクターの田村眞由美先生!!私も50℃洗顔もしてるのに、何がちがうんだ~!!ジタバタしちゃうぞ ヾ(:3ノシヾ)ノシ (笑)気温が高い日の50℃洗いは修業のようですが、10月でも夏日だった昨日、50℃洗い&低温スチーム調理の連続講座 第2期の2回目が開催されました。2回目は低温スチームの概念から学び、スチーム時間の長さや温度変化、また食材の切り方でどのように変わるのかを体感。料理教室というより研究室はい、ここは 醸研究所 ですから~( *´艸`)卵も50℃洗いしますよ~( *´艸`)卵も50℃洗いのみ、50℃漬け、低温スチーム(60℃と65℃) の食べ比べ。こちらは2つの温度帯でそれぞれ120分間低温スチーム調理したパイナップル。先生曰く、「もっと差がでるかと思ったけど見た目にはわかりずらいね。」ってことで、その場で嗅覚集中させて、高い温度で調理したのはどっち?と嗅ぎ比べ(モデルはYASUKOさん←ノリノリですぐやってくれる所が好き)普段から匂い嗅いで買い物してることもあってスグ分かったんだけど、時間をおいてもう一度嗅ぐと一瞬迷ってしまう。まだまだ鍛えがいのある嗅覚ですが、食べると答えはすぐわかる。この写真では右のパイナップルの方が甘かった。この回では食材の硬化と軟化、デンプンのα化など、実験しながら学びます。普段お料理をするときに、硬化温度は~とか考えながら調理している主婦は少ないと思いますが、おでん作ったのに大根が固かったとか、豚の角煮がトロトロにならへんとか誰でも一度は経験する失敗も、このあたりを知っていると「どうりで固くなるわけだ!」が理解できるようになります。味を知る、舌に覚えさすには食べるのが一番!!今回もとにかく食べ比べ!!丸のまんまとカットしたもの。生で食べたいのか、火を入れるのか。形を残したいのか、崩れてもOKなのか。50℃洗いも低温スチーム調理も基本は大事ですが、その後は料理に合わせての応用となるので、基本しっかり学びます。基本無くして応用なし!!3か月かけて50℃洗いグマになってもらいます!!今回の試食は卵(50℃洗いのみ、50℃漬け、60℃スチーム、65℃スチーム)レタス、きゅうり(55℃スチーム)ブロッコリー、トマト(70℃スチーム)人参(70℃スチーム、80℃スチーム)じゃがいも(70℃スチーム)、90℃スチーム)牛蒡(90℃スチーム)パオナップル(60℃スチーム、70℃スチーム)りんご(70℃スチーム)豚肩ロース(65℃スチーム)低温スチーム調理を使うと温泉卵も簡単ひしおをちょろりとかければ、もう何もいりません来月は最終回です。50℃洗い、低温スチーム調理に加え、50℃解凍も加わって、向かうところ敵なし(笑)この1か月でたくさん失敗して疑問や質問持ってきてくださいね~来月も皆さんにお会いできることを楽しみにしています。 50℃洗い&低温スチーム調理簡単Q&A Q、家で調理すると鶏むね肉が固くなってしまうのは、50℃洗いと低温スチーム調理とどっちがうまくいってないんでしょうか?。A、低温スチーム調理の蒸気の温度管理ができていないのが原因なので、蒸すときの蒸気の温度に注意しましょう。Q、もやし臭がとれません。A、50℃洗いや50℃漬けをしっかりやれば匂いは取れますよ。Q、50℃洗いする時、野菜はまとめて洗えますか?A、はい、洗えます。Q、低温スチーム調理をする時の鍋に入れる食材は1種類ずつですか?A、温度帯が同じ食材(種別)なら同時調理可能です。醸せ師hikarin@醸研究所

      4
      テーマ:
  • 08Oct
    • ”冨金原劇場 第…何幕?”

      大好きRYOKOちゃんのこの記事にも書かれているように出せるカラダ最強伝説( *´艸`)←RYOKOちゃんは伝説とは一言もいってないけど(笑) つけたくなってん(笑)先月の3連休(2回)に予定していなかった長距離移動をし、目的地での食事はほぼ外食、道中はSAで購入しての車中食など、中々ハードな6日間で、これ元に戻すのに10日はかかるな~と思っていたら、案の定、帰阪後数日した息子の身体からのサイン。鼻水に口内炎。わかりやすくて有り難い(笑)分かりにくい部分では、感情の起伏が激しくなったり(攻撃的になる)、体臭がにおいだしたり。必要以上に取り入れてしまった有害なモノが、身体のバランスを崩してしまって、弱い部分に出てくる。ま、これも出そうとする身体からのメッセージ。じゃ、どうやって元に戻していくかというと、バランスよい生活にもどすだけ。生活リズム、睡眠時間、食事、そして排泄。食べたら出す!!私は大阪に戻ってから、便の調子が悪くなり、昨日やっと、腸の中を腸壁の汚れも全部まとめてごっそりな、納得のいくスッキリ爽快な便がでてホッとしましたやっぱり出ると気分もあがるね出たらひっこめないと!!なのに、最近引っ込みがつかなくなってきた私の下腹ちゃん。なんとか脂肪を燃焼して、溶かし込んで排出しなくては!!ストイックなRYOKOちゃん目指して腹筋30回やってみます私も-2kgから!!RYOKOちゃん、いつもありがとね❤️ほんと支えてくれてありがとう❤️これからもよろしくね❤️醸せ師hikarin@醸研究所

      6
      2
      テーマ:
  • 07Oct
    • シミワタルスンドゥブ

      ご訪問頂きありがとうございます。醸研究所の醸せ師hikarinです。前回のユッケジャンスープに続き、今回も身体の隅々まで染みわたったスンドゥブ。昨日(10/6)は芦屋で隠れ家的お料理教室として人気のカシェット幸枝先生の韓国美膳料理教室でした。かもけん開催はこれで6回目。簡単で美味しいお料理に胃袋つかまれる生徒様続出次はいつ?何作るの~?決まったらすぐ教えて!!と、皆さま念押しして帰られていくほど。ありがたいね~と幸枝先生と二人で喜びまくってますありがとうございます今回のお品書きは冒頭の スンドゥブ さつま揚げの炒め煮 小松菜のナムル(予定では春菊でしたが変更)、 椎茸と舞茸のジョン、 鰯と韮のヤンニョム煮、 エゴマの葉の醤油漬けこのエゴマの葉の醤油漬けでご飯食べると、ふんわり香るエゴマとちょっとざらっとする食感が白ご飯の美味さを引き立てて、ハマります実はエゴマが苦手だったんです~と、このエゴマの葉の醤油漬けを食べた後に告白した生徒様でしたが、これは食べれる!と大喜び漬けダレも幸枝先生のレシピでは、その場でちゃちゃっと作れちゃう&辛さも好みに応じて調整可能なにより“塗るだけ”というお手軽さなもんだから、みんなの笑顔が増える。主婦はなにかと忙しいもんね最初「ジョンって何やろ?」と思ったら、野菜や白身魚に小麦粉と卵をつけて焼くお料理でした。椎茸のジョンは日本の椎茸の肉詰めに似ていますよね。最後に卵で蓋するから旨味が封じ込められてる分、こっちの方がじゅわっと感あるような気がしました。秋は椎茸狩りのシーズン情報通の生徒様によると、原木椎茸を収穫できるお店があるんだとか!!ぜひ、収穫した際はジョンを作ってほしいです小麦粉と卵?とくればチヂミじゃない?と思われる人もいると思いますが、ジョンもチヂミも基本的には同じ分類なのだとか。ちなみにチヂミも方言だそうですよ。前回に続きへ~ッ連発でした。幸枝先生、ご参加の皆様、ありがとうございました次回のメニューはまだ決まっていませんが日程が決まりましたので告知させていただきますね。次回、韓国美膳料理教室は11月26日(月)10:30~13:00 開催となります。今日の暑さを思うと、冬なんてまだまだ来ないような気もするけど💦11月末…きっと寒くて、この暑さを懐かしく思うんだろうな(笑)参加希望の方は、醸研究所 team27khy@gmail.com へ申込をお願いいたします。来月もどうぞよろしくお願いいたします。醸せ師hikarin@醸研究所

      6
      テーマ:
  • 05Oct
    • プライベートレッスンと発酵教室のお知らせ

      ご訪問頂きありがとうございます。醸研究所の醸せ師hikarinです。またもや台風ですね。週末台風といわれているそうです。先週の台風でえんきになっっていた運動会が今日で、天気予報と睨めっこしていたお友だちの校区。なんとか通しで開催できたようで良かったです。これで開催が無理だったら来週の平日に、学年ごとに2時間ずつの参観型に変更だったようです。そういえば、市内のお友達のとこは、中学校のグラウンドを借りて開催だから、予定日に出来なかったら中止って言うてたけど、開催できたのかな? 小学校最後の運動会だったはず…。できていますように。今日はリクエストのあった時雨煮のプライベートレッスンでした。調味料をはかって、お肉を50℃洗いすれば、あっという間にできちゃう時雨煮。お肉をほわっと柔らかく仕上げるコツをお伝えしました。そう!時雨煮は「時雨」で止めるくらいが丁度いい。煮過ぎると残念なことになるのであーる。(*´艸`*)うふふ保存もきくのでたっぷりと作り置きしておきたいのはやまやまですが美味しすぎて食べてしまう~本日はレッスンなのでは500円/100g の黒毛和牛を使用しましたが、普段からこんなええお肉使ってたらエンゲル係数が右肩上がり過ぎるので(食べ盛り男子とかいたらえらいこっちゃ!!)普通の時はキノコとか糸こんにゃくをメインにして、お肉は少なくすると、お財布にも優しいお料理となります(笑)デザートには先日習った餡巻を米粉バージョンで焼いたものと、新高梨をいただいたので、白きくらげと一緒にコンポート。秋の風邪を寄せ付けないように、皆さん、白で潤いキープですよコンポートを作るにあたって、醸せ師仲間でもあり、薬膳の先生でもある恭子さんにポイントを教わったので上手にできた~これで風邪にやられている家族をケアできるわ~恭子さん、ありがとう!!さて、10月11月の発酵教室についてお知らせです。9月以降、家庭の事情で生徒様や講師の皆さまには色々とご心配、ご迷惑をおかけしています。個人的なことなのでこちらに書くことは控えさせていただきますが、まだまだ精神的にも体力的にも落ち着かない日々が続きそうなので、10月、11月の2か月、かもけん開催の発酵教室の開催はお休みとさせていただきます。あくまでも発酵教室が休みで、定期開催している50℃洗い&低温スチーム調理教室、韓国美膳料理教室、冨金原劇場などはこれまで通り開催いたしますので宜しくお願い致します。また、今月よりスタートするアゼリアカルチャーカレッジ池田校、及びJEUGIAカルチャーセンターイオンタウン豊中緑丘での発酵講座は開催いたしますので、こちらもどうぞよろしくお願いいたします。ご心配をおかけしますが、私は基本元気に過ごしております。インスタやFacebook、LINEなどで日々の徒然をあげていますので、よければご覧くださいませ醸せ師hikarin@醸研究所

      8
      テーマ:
  • 04Oct
    • 公式ハッシュタグにランクイン‼️

      ご訪問いただきありがとうございます。醸研究所の醸せ師hikarinです。快挙です!!(≧▽≦)2日で書いた9月のレポがなんとー!!!公式ハッシュタグランキング100位以内にランクインしていました~(≧▽≦)!!昨日は8位まで上がっていて、カシエット幸枝先生と二人喜んでおりました💕2日で一気に書かずに、もっとちゃんと更新しなきゃねーなんてことも今は思っておりますが…なにせ、ブログを書くのが遅いので…とか先に言い訳(^o^;)私の拙いブログを読んでくれている皆さま❤️そしてかもけんに集ってくれる講師と生徒の皆さま❤️本当に本当にありがとう~(/≧◇≦\)!!!これからもどうぞ宜しくお願い致します。醸せ師hikarin@醸研究所

      5
      テーマ:
  • 02Oct
    • 冨金原劇場~第4章~甘味スタート

      ご訪問頂きありがとうございます。醸研究所の醸せ師hikarinです。見事に積みあがった俵型の小豆こちらは丹波大納言という小豆で、これで作る餡子が一番美味しいと冨金原先生おススメの小豆なのです。この小豆を使って、餡子作り。灰汁の抜き方、炊くときのポイント、砂糖を入れるタイミングなど、先生のこだわりがいっぱい甘すない上品な餡子。この餡子だったら無限に食べられるよね~と冨金原先生の餡子ファン多し!!餡子ができたら、餡巻きの生地を作り、一人ひとり先生の横で焼いていきます。マンツーマン指導で、先生との掛け合いがそれぞれにあって、みな爆笑写真はsalon de bonbonのCちゃん。Cちゃんと先生のやり取りも面白かったな実は一年前にCちゃんとヌイユのナヲちゃんと飲de安に行った時に出逢ったのが冨金原先生なのです。いつも心を寄り添わせてくれるCちゃん。ありがとね。頑張るよ♡ホットプレートで綺麗に焼きあがった餡巻き~巻き方を変えればこの通り。美味しすぎて悶絶これは絶対に復習する!!みんな鼻息あらかった(笑)それくらい絶品なの( *´艸`)教室のデザートに餡巻きが出てきたらラッキーですぞよ~お楽しみに最後は恒例、歩くご利益!エネルギーチャージ!!冨金原先生をみんなでおさわりタイムシルバーウイーク辺りからパワーダウンしていた私には、本当にありがたかった。先生がお家に来るとエネルギーが良い方向に変わるねん。←これほんとやで気が整うという感じ。来月が待ち遠しいです。来月は10月25日(木)11:00~ メニューはクリームパンです参加費:1500円(材料費別途)申込は team27khy@gmail.comどうぞよろしくお願いいたします。冨金原先生、ご参加のみなさま、ありがとうございました醸せ師hikarin@醸研究所

      13
      テーマ:
    • JEUGIAカルチャーセンター・イオンタウン豊中緑丘

      ご訪問頂きありがとうございます。醸研究所の醸せ師hikarinです。アゼリアカルチャーカレッジ池田校に続き、JEUGIAカルチャーセンター・イオンタウン豊中緑丘にて『お家で簡単!発酵いろは』を開催する運びとなりました。毎月第3(木)13:30~15:30開講に先立ち体験会を開催いたします。体験会:10月18日(木)13:30~15:30 塩麹作り 体験会にて初回の説明もさせていただきます。こちらの会場はキッチン設備が無い為、さらに簡単な発酵をお伝え出来るように考えております。時間をかけて発酵することによって、生活にゆとりが生まれる発酵スローライフ目まぐるしく過ぎていく毎日の中に美味しい発酵を取り入れ、心と体のバランスを整えましょう。初回開講日は11月15日(木)13:30~15:30申込み、お問い合わせは JEUGIAカルチャーセンター・イオンタウン豊中緑丘どうぞよろしくお願い致します。

      4
      テーマ:
    • アゼリアカルチャーカレッジ池田校にて体験会

      ご訪問頂きありがとうございます。醸研究所の醸せ師hikarinです。アゼリアカルチャーカレッジ池田校にて 【お家で簡単!発酵いろは】と題しまして毎月第1㈫11:00~14:00 に講座開講することになりました。当初10月2日(火)からのスタートでしたが、諸事情あって初回開校日が10月30日(火)に変更となりました。講座内容は以下の通りです。10月30日(火) 実は使える塩麹作り11月6日(火) うまみ最強ひしお作り12月4日(火) 自家製ポン酢作りご興味ある方はアゼリアカルチャーカレッジ池田校までお問い合わせくださいませ。10月の開校を前に、私がどんな人物なのか、発酵教室ってどんな感じ?を知っていただくため体験会を開催しました。開催場所が池田なのに、大阪市内や京阪からも参加してくださったと聞き、本当にありがとうございました。やっぱりここでも味噌がミソみそ玉って和むのよ~体験会といえども、ちゃんと味噌のパワーと魅力もお伝えして塩むすびと漬物に味噌汁日本人ならではのゴールデンタッグをご堪能いただき私の大好きなお味噌たちを試食していただきました。白みそ・・・まるみ麹本店(岡山)美袋乃唄麦みそ・・・井伊商店(愛媛)豆味噌・・・中定商店(愛知)宝山味噌この3種類に加え、自家製醤油で仕込んだ『ひしお』を味わってもらいました。みそ玉に使用したのは、名刀味噌(岡山)玄米味噌どれも間違いなく美味しい逸品ですカルチャーセンターでの発酵教室開催は初めてなのと、池田という初めての場所での開催なので、本当に生徒さんが来て下さるか不安もありましたが、体験会に参加してくれた方が「本講座に申込みします。」とその場で入会してくれたこともあり、ひとまずホッとしています。自宅開催と違い、人数が集まらないと開催できない講座になりますので、本講座(10月30日)開催までにもっと告知しなきゃ!!【お家で簡単!発酵いろは】アゼリアカルチャーカレッジ池田校 10月30日(火)11:00 開講どうぞよろしくお願いいたします醸せ師hikarin@醸研究所

      1
      テーマ:
  • 01Oct
    • 今日はコーヒーの日

      1週間にコーヒーどのくらい飲んでる?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしようご訪問頂きありがとうございます。醸研究所の醸せ師hikarinです。今日は珈琲の日らしいので、ある日のレポを9月は初めてのネオベジ教室開催予定だったのですが、都合によりクローズとなったので、CHISATOさんと一緒に珈琲のお勉強に行ってきました。伺ったのは豊中の「のんびり」さん。ここはふっきー先生に紹介していただいたお店なのですが、珈琲店では珍しく…というより、私の人生で初めて…自分で豆を焙煎した珈琲をいただけるお店です。CHISATOさんが体験中。モクモクと煙が出始めると焦る二人(笑)焦る私たちに余裕の顔で珈琲のうんちくを話すオーナー。これが、まぁ、面白い!!各テーブルにある見本と本。珈琲は生鮮食品だ!ということがどういうことか?それは焙煎したての珈琲豆を見れば一目瞭然!!奥は生豆で、手前のテカテカの黒いのが焙煎したての豆。テカテカ。そう、このテカテカこそが 豆の油。油は時間がたてば酸化するよね~そゆこと以前、焙煎したての珈琲をいただいて、その美味しさに慄いた私なんの突っかかりもなく、すっと飲める珈琲って何杯でも飲める気がする(←やったことないけど。いつかのんびりさんでやってみよう。)その珈琲粉で作るアフォガードがこれまた絶品すぎて、後戻りができなくなってしまったのですが、こちらではそのアフォガードが食べれるの~今まで美味しいと思って買っていた珈琲も、珈琲のからくりを知ってしまってからは買う気にもならず。そんな折、かもかもマルシェでお世話になったBABYRUSSA(バビルサ)さんが、焙煎日まで記載して販売をしているという、願ってもないこだわりを知り、今では定期的に購入させてもらってますCHISATOさんとふたりでお互いの近況を聞き、人生はなるようにしかならないけど、今できることをお互い頑張って、また美味しいもん食べにいこうって締めくくりましたちなみに冒頭の質問の答。私は3回くらいだなのんびりのオーナーさん曰く、焙煎したて淹れたてコーヒーだったら赤ちゃんでも飲めるそうです興味を持った方はぜひ行ってみてください。醸せ師hikarin@醸研

      3
      2
      テーマ:
    • 米粉で幸せのパンケーキ

      ご訪問頂きありがとうございます。醸研究所の醸せ師hikarinです。どんどん更新中です。ここぞとばかりに読んでやってくださいカシェット幸枝先生の韓国美膳料理教室の2日後の9月20日は1年ぶりのかおりさんの米粉レッス~~~~~~~ンどやさ~米粉でふっわふわのパンケーキを作りましたよんこれが楽しくて楽しくてボールをひっくり返しても落ちないメレンゲに大興奮メレンゲ作ってる時は瞑想してるみたいで心地よかったんだよね。メレンゲ奥深し(笑)かおりさんのlessonはメーカー別の米粉とその分量などもレシピ化されていて、今まで教わった米粉とも比較できる優れもの。これさえ守れば失敗知らずなコツも教えてくれるので、初心者さんでも上手にできます。特別な調理器具も必要なく、お家にあるものでふっわふわに焼きあがるから、また作ってみよう~ってなるその他のメニューも化学調味料を使わなくても、食材のもつ旨味を引き出す調理方法だったり、かもけん開催ということで発酵調味料を使った料理を作ってくれたり盛りだくさん、お腹も満たされ、まさに幸せのパンケーキの会となりましたかおりさん、ありがとうございました醸せ師hikarin@醸研究所

      7
      テーマ:
    • 韓国美膳料理教室で知るチョレギサラダの真実!!

      ご訪問頂きありがとうございます。醸研究所の醸せ師hikarinです。かもけん開催の韓国美膳料理教室も4回目となる9月の開催も、カシェット幸枝先生こだわりのお料理が並びました!!お品書きは以下の通り。 ユッケジャンスープ じゃがいものチヂミ スルメのキムチ セロリのキムチ ゼンマイのナムル さつまいものレモン煮野菜6種類にワラビが入っているユッケジャンスープは、幸枝先生が前日に5時間かけて仕込んできてくれたテールスープを贅沢に投入!!身体に染みわたるってこういうことね。ほんと生き返ったもん、私(←三連休に遠出してて疲労MAXだったの(笑))ユッケジャンスープがこんなにも滋味深いとは思いませんでした。じゃがいものチヂミは初めて作ったのですが、デンプンを使って作るなんて理科の実験のよう。幸枝先生に教わるまで、チヂミってどれも同じ作り方かと思ってたけど、こんなにバリエーションがあるんですね。韮、トウモロコシ、あさり、ジャガイモ。それぞれの食感や味があって甲乙つけがたい!!今月のリクエストはスルメのキムチみんなで世間話しながらスルメを割くところから。それが済んでしまえば和えるだけの簡単キムチなのに、美味しくて止まらなくなるんだもん、まいるわ~箸休めにいただいたサツマイモのレモン煮とチョレギサラダこのチョレギサラダが実は本場韓国では食べられていないという衝撃の事実に一同ビックリΣ(・ω・ノ)ノ!聞けば、焼肉のたれでお馴染みのエ〇ラ食品さんが、チョレギドレッシングなるものを販売したのがきっかけで当時のHPで「チョレギとはちぎった生野菜のサラダを意味します。」と説明していたそうで、それを真似した様ざなお店でチョレギサラダが販売されるようになったのだとか。しかし、このチョレギという言葉は慶尚道(キョンサンドウ)という地方で、浅漬けキムチ(コッチョリ)のことを指す方言にあたるそうです。ということで韓国の人でさえその地方に馴染みのある人でしかわからないチョレギ。日本人がオリジナルで作った料理なので、韓国で「チョレギサラダください」といっても通じないってことらしい(笑)幸枝先生に聞くまで知らなかった衝撃の事実でした韓国料理が好きすぎて、韓国文学の本も読み漁っている幸枝先生のオススメの本も紹介しておきますね。 お母さんのワカメスープ(コ・ヘジョン著 みんしる訳) 月の街山の街 次回開催は10月6日(土)10:30~日付が迫ってきておりますが、まだお席がございますので、参加希望の方はお申込みくださいね。次回お品書き スンドゥブ 椎茸と舞茸のジョン 春菊のナムル さつま揚げの炒め煮 エゴマの葉の醤油漬参加費は5500円です。ご参加お待ちしております。 申込: team27khy@gmail.com醸せ師hikarin@醸研究所

      4
      テーマ:
    • 8コマの発酵学・後半

      ご訪問頂きありがとうございます。醸研究所の醸せ師hikarinです。台風21号に続き24号がまたもや日本を吹き荒らしましたが、皆さんの地域は大丈夫でしたか?私の住んでいる地域は今回は何事も無くて、ホッと胸をなで下ろしております。たまっているレポートもあるので、書き上げていきますよまずは9月の専門学校での講義から。8コマ後半は日本の発酵のメカニズムと、親しみやすさとわかりやすさから味噌をお題にしての座学。その後は味噌をこねこねみそ玉作ったんだけど、なぜか顔を描きたくなるようで(笑)雪だるま作ってる男子もいました( ´艸`) かわいい♡「キノコ!!」も(笑)前週に「おむすび持っておいで~」と伝えていたら大小具材も様々。家庭の味なんだよね。見てるだけでホッコリ普段早朝から働いて、夜間授業に来ている生徒達。もちろん勉強はしっかりとしますが、この時間がちょっとだけでも癒しの時間になってくれてたらいいな。13名全員に授業の感想をいただきました。(内容かぶっているものなどは合体させてもらってます。) 今までよりも味噌を買います。←好みのお味噌を見つけてください 発酵食品、特に納豆が今までより好きになった。←食べすぎ注意ですよ ぶっ飛んだエピソードを盛り込んでくる先生が面白かった。←いたって普通に話したつもりです 『菌で菌を制す』をどこかで使いたい!!←沢山使ってください 日本の発酵のメカニズムを知ることができた。←知ると使えるし応用もきくので、これから作ってみてください 「みそ汁はたばこのず(毒)をおろす」という諺を知ったので、みそ汁飲みます!!←うん。味噌汁を習慣にしてね 食べ比べをして香りと味覚の違いを知った。←これ意外とちがうのよね。味噌だけでなく醤油や昆布(出汁)でもお試しあれ 日本食を見直しました!!←そういってもらえて嬉しい!! みそ汁でみんなでこんなにホッコリできるって、日本人で良かった♡←感想を言ってる時の貴女が可愛すぎました 学生時代に学んだことであったけど、すっかり忘れていた。先生の話がわかりやすかった。←ありがとう。これからの自信に繋がります8コマだけでしたが楽しい時間をありがとうございました。今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます醸せ師hikarin@醸研究所

      5
      テーマ:
  • 19Sep
  • 13Sep
    • 第2期スタート!!

      ご訪問頂きありがとうございます。醸研究所の醸せ師hikarinです。50℃洗い&低温スチーム調理の3回連続講座 第2期が9月よりスタートいたしました!!今回も平山式スチーミングのインストラクターでもある田村眞由美先生にお願いしております。田村先生の講座は理論的で分かりやすく、また飲食店経営をされていて、普段より50℃洗い&低温スチーム調理を取り入れている経験から、失敗しやすい食材や、問題点などを的確に教えてくれるので、初心者さんでも普段の生活にすぐに取り入れることができると評判です。この講座は単発でも受講可能なのですが、2期は連続講座受講者さんですぐ満席!!皆さんがどれだけ興味をもって申込してくれたのか分かりますよね。田村先生も「生徒さんの目が違う!こんなに興味をもってもらえてるんだってわかって嬉しい!!」と終了後に漏らしていたほどです。初回は50℃洗いの基本みよ!このレタスのシャキッと感!!カイワレだって収穫したてのようでしょ!!食物はすべて収穫してから時間の経過とともに水分が失われていきますが、50℃洗いをすることによって気孔が開いてもう一度水分を吸収、まさに収穫したての様なみずみずしさになるのです!!しかも余分な酸化物や薬剤などもスッキリ洗い流されるので、食べても変な苦みなどが感じられにくいお野菜に変身!!野菜嫌いのお子様でも50℃洗いした野菜を調理すると「食べれた~(≧▽≦)」って報告もたくさんあるそうです。またヒトは野菜に含まれる食物繊維(セルロース)を分解する酵素をもっていないので、加熱する、もしくはミキサーなどで破壊して消化吸収をよくするという方法を使うのですが、無農薬や減農薬の生野菜などには寄生虫の卵や病原菌が付着していることもあり、免疫力が下がっている人や妊婦さんなどは感染症を引き起こす可能性があったりします。植物が育つうえで病原菌や虫の攻撃を受けると、植物自体が自分を守ろうと作る防御物質が時として私たち人間のアレルギーの原因になることもあるので、そういった可能性を50℃で洗う&加熱することで予防になるなら、やって損はないな~と思います。ちなみに、今回のメンバーのおひとりの受講の理由が、この生野菜の寄生虫や病原菌が原因で突如身体に異変が起き、生野菜が食べれなくなってしまったと話してくださった時はタイムリー過ぎてビックリしましたが、見守っていけたらいいな~と思っています。ちなみに、ちなみに(笑)麹を使った発酵食品には、セルラーゼというセルロースを分解する酵素が含まれているので、野菜を発酵させるお漬物なんかは理にかなっているのですよ~v(。・ω・。)ィェィ♪50℃洗い&低温スチーム調理&発酵 バンザイヾ(@°▽°@)ノ醸せ師hikarin@醸研究所

      13
      テーマ:
  • 07Sep
    • 8コマの発酵学講師

      ご訪問頂きありがとうございます。醸研究所の醸せ師hikarinです。関西の台風の映像に衝撃を受けていましたが、昨日未明に発生した北海道の地震の映像は言葉を失いました。行方不明になっている方が一秒でも早く見つかることを祈っております。怪我もなく、当たり前のように日常を過ごすことができていることに感謝をし、日々を生きること。今、私にできることはこれくらいなので、まずは自分のことを!!今年も大阪府洋菓子専門学校での発酵学の授業を受け持つことになり、昨日前半の4コマが無事終了しました。今年も昨年同様13名。今年はどんな生徒たちに出逢えるのかな~とドキドキしながら扉をあけました。毎年必ずやっているのが自己紹介。え~!とか、何?発酵って?とか各々発言。隣同士でクスクス笑いあってる女子たち。もうね~、可愛いの 若いって素晴らしいと心底思う(≧▽≦)名前と勤務先、発酵ときいて思い浮かべるモノ・コトを一言ずつ。出てきた発酵キーワードは『パン、納豆、みそ、ヨーグルト、キムチ、チーズ、和食、ワイン、奈良漬け、古漬け』でした。こんなに沢山あるけど、身近にありすぎて、これも発酵なんだ~というリアクションも!!でも今年は和食を食べる、お味噌汁を飲むという回答も昨年より多くてホッとした。(それでも私からしたら少ないんだけどね。)今年はテキストを少し改良して、菌についても詳しく話をしたのね。今年は納豆大好きって生徒も多かったから、納豆菌について熱弁しててね息子の納豆好きのエピソードを話している時に「納豆が好き♡」と発したはずが無意識に「納豆菌が好き♡」と発していたようで一瞬生徒が・・・ポカンとした後に爆笑え?え?なにかおかしな事言った?と問うたら「先生、子どもが納豆菌が好きっておかしいでしょう~」と笑いながら教えてくれました。無意識って💦もう、恥ずかしいわ(〃ノωノ)とにかく今年の生徒達はよく笑う休憩時間も何やら大爆笑してたし、誰かが答えたらツッコんだり、ツッコまれたり授業なんだけど笑い声があるのはいいよー私は好き生徒同士も仲がよさそうだし、私もとっても楽しい時間となりました。最後の4コマは来週。あっという間に終わっちゃうけど、少しでも楽しんで学んでもらえるように準備したいと思いますありがとうございました 醸せ師hikarin@醸研究所

      11
      テーマ:

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス