【横浜市18区擬人化】 港北区・緑区落書き(丘の横浜①) | このヨコハマにまさるアラメヤ!

このヨコハマにまさるアラメヤ!

横浜市18区の擬人化ブログ。他、横浜のまち歩きや区役所めぐりなどもやっています。とにかく横浜が好きです。

かもめのみらいです。

ただいま就職活動中につき、更新が停滞しておりますが、ご了承ください。


さて、最後に更新してから2か月以上も経ってしまいましたが、

今回は横浜市北部をまとめてアップしたいと思います。


まずは港北ファミリーのイラストから。


 

左から青葉区、緑区、都筑区、港北区。


旧港北区の4区、個人的には親しみをこめて港北ファミリーと呼んでいますが、

公式には『丘の横浜』と言うみたいですね。
港(中心部)に対する、内陸部の丘陵地に広がる区という意味でしょうか。




ミニキャラ風に描いた4区。

緑区の持っているナシは浜なし(生産量横浜一)、

青葉区は街路樹のマフラー(街路樹数横浜一)、

港北区はお馴染み日産スタジアムでサッカーボール、

都筑区は人口あたりの図書館利用数や貸出数が、中央図書館のある西区を除くと横浜一ということで本を持ってます。




港北区と緑区と都筑区。

個人的にこの絵を描いたときはインターンシップ期間中だったため、港北ちゃんが何やら呟いてます。

新横浜は横浜都心に次ぐビジネスのまちなので、港北ちゃんは仕事ができそうなイメージ。

あと都筑ちゃんの髪の左右を間違えた・・・。





港北区と緑区。

サッカーは世界をつなぐスポーツだということをイメージして描いたのですが、

いかんせん宇宙なので超次元サッカー風になってしまったような・・・。

ちなみにこの絵、かなり気に入ってます。




緑、港北、神奈川の3区で、横浜線組。

横浜線の新型車両が導入された記念に描いたもの。

ちなみに港北ちゃんは左利きという設定です(菊名にある連勝寺に左利きの毘沙門天がいることから)。




緑ちゃん。

果樹園で収穫中のイメージ。

区内を通る鉄道のカラーといい、緑そのものがアイデンティティと言っても過言ではない緑区ですが、

緑以外のシンボルがないとカラーデザインに困りますねえ。

エプロンの模様は新治市民の森とか三保市民の森あたりのイメージ。自然がいっぱいです。




以下古いイラスト


初カラーの緑区。

ナシの帽子はちょっとボツかな・・・。




横アリでコンサートな港北ちゃん。

ネクタイで新横浜のビジネス風味を持たせつつ、半袖とスニーカーでスポーツができる活発そうな女の子を目指しました。

ショートカットもいい感じにアイドル風になったかも。

リストバンドとネクタイは鉄道カラーを取り入れてます。



ほぼ初期画の頃の港北。


新幹線カラーのスカートと帽子(リボンは新幹線の頭)。

ちなみに帽子は日産スタジアムと新横浜プリンスをイメージしています。

飾りのナルトは新横浜ラーメン博物館から。
白を基調としたワンピースは、大倉山記念館のギリシア建築風のイメージからです。

基本的に目の色は区のマークの色を使っているのですが、横浜北部4区はみんな緑なので、

港北は桃色にしました。綱島の桃がモチーフです。



長くなりましたが、港北と緑は以上です。

残りの港北ファミリーである青葉区と都筑区の絵は、次回にアップしようと思います。