かもめ大学 公式ブログ

かもめ大学 公式ブログです。


テーマ:

かもめ大学という名前は
この写真からも
察していただけるんじゃないか
と思いますが
 
映画『かもめ食堂』に
影響を受けてできた名前です。


 


ぼくのテーマは
「食」ではなく「教育」なので
 
大学だったら、なんでもできる!
 
と思い、
かもめ大学にしました。
 
 
映画『かもめ食堂』には
こんなセリフがあります。
 
「レストランじゃなくて、食堂です。
 もっと身近な感じっていうか...
 店の前を通りかかった人が
 ふらっと気軽に入ってきてくれるような…」
 
 
このセリフを聞いた時に
この感覚は、教育においても大切!
と、思ったんです。
 
学びも、
もっと身近な感じで
ふらっと気軽に始めたくなるような
雰囲気でいいと思うんですよね。
 
 
また、内容の充実は
もちろん大切ですが
 
誰から学ぶか
誰とともに学ぶか
も、同じくらい大切です。
 
そこにいる先生や
そこにいる人たちは
ふと会いに行きたくなるような
雰囲気の人がいいですね。
 
 
映画『かもめ食堂』に出てくる
そこで働くスタッフやお客さんは
店主サチエさんの人柄に魅かれ
集まって来た人たちだったりします。
 
スタッフになったミドリさんも
かもめ食堂がよりよくなるために
自分にできることを考えて
 
意見をサチエさんに伝えたり、
絵が得意なことを活かして
お店のメニューを描いたりします。
 
次第に、
サチエさんだけではなく
スタッフやお客さん同士でも
対話がはじまりますし、
 
最初はお客さんが一人もいませんでしたが
最後はお客さんで、いっぱいになるんです。
 
 
かもめ大学においては
サチエさんに当たるポジションが
ぼくです。
 
それならば、ぼくはまず
ふと会いに行きたくなるような
雰囲気を身にまといたいと思いました。
 
会うだけでも
元気になれたり
笑顔になれたり
学びがあったり。
 
 
「毎日まじめにやってれば
 そのうちお客さんも来るようになりますよ。」
 
というセリフがあるんですが
そんな風にしていると、
 
年齢も
性別も
国籍も
考えも
 
実に様々で
いろんな人が集まってくるんです。
 
それがまた、いいんですよ。
 
 
かもめ大学も 
そうなったらいいなと思っています。
 
集まった人たちの中で
様々な対話や交流が生まれ
 
何かのスキルに秀でた人がいれば
その人が先生になったらいいと思うんです。
 
先生と生徒が
いつも同じ人で固定されるのではなく
その立場すら
柔軟性があったらいいですよね。
 
 
ぼくは、学校の先生のおかげで
勉強することがたのしかったですし
学校そのものもたのしかったんですよ。
 
だから、今度はぼくが
そんなきっかけをつくりたいな!
と思ったのが、かもめ大学なんです。

 

 

かもめ大学 フィンランド・スタディツアー

http://kamomedaigaku.com/finland/

 

かもめ大学 Facebook
http://www.facebook.com/kamomedaigaku

かもめ大学 Twitter
http://twitter.com/kamomedaigaku

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。