アメリカ・ポートランド留学専門英語スクール・英会話ファーストステップ@名古屋・岐阜

"TED Talk"のスピーチを使って

英語力だけでなくグローバル思考も手に入れられるのは

PELAプログラムだけです!


プログラム詳細はこちら 

⇒ 英会話ファーストステップホームページ

無料体験レッスンの詳細および申込みはこちら

⇒ PELAプログラム無料体験レッスン詳細  

⇒ PELAプログラム無料体験レッスン申込フォーム

PELAプログラム受講申込みはこちら 

⇒ PELAプログラム受講申込フォーム


テーマ:

ポートランド留学専門英語アドバイザー

清水健雄です

 

趣味起業コンサルタントとして活躍されている戸田充宏より、マイナビニュースで私を紹介していただきましたよ~!

 

記事はこちら!

『サラリーマンをしながら英会話レッスンを展開 - 語学力を活かして副業に』

 

以前、戸田さんのコンサルを受けたご縁で、戸田さんが執筆されているコラムで紹介をいただきました

 

私の主宰しているオリジナルテキストを使った『PELAプログラム』や、密かな野望(もうそうではなくなりましたけど、笑)も書いてください、ますますやる気になってきましたよ~!

 

無料体験レッスン、モニターレッスンは随時受け付けていますので、記事を読んで「なんかこれ、面白そう」と思ったら、ご遠慮なくお問い合わせくださいね!

 

問合せは、こちらから!!

 

『オレゴン・ポートランド留学』の英会話ファーストステップ

「英語見直しWorksheet」のセッション申込みはこちらから

HP ⇒ https://www.first-step-english-school.com
Facebook ⇒ https://www.facebook.com/kamome.no.jiyucho/
Twitter ⇒ https://twitter.com/kamome1114</

テーマ:

ポートランド留学専門英語アドバイザー

清水健雄です

 

先日、高山へ行ってきましたよ!カメラを始めて、やっと晴天の土曜日になり、ウキウキで行ってきました

 

さて、高山へは20年ぐらい前に一度きりだったので、ほぼ初めて行く場所

 

海外からの観光客が多いのは分かっていましたが、どんな感じなのか楽しみでした

 

高山は、どうやら他の観光地へ行くためのハブステーションになっているようで、多くの外国人がバスに並んでいたんです~

 

また、観光地へ行っても朝市へ行っても「英語」があちこちで飛び交っていました

 

朝市のおじさん・おばさんも片言の英語で一生懸命接客、海外の方はそれだけも十分楽しそう

 

ゴミゴミした人だらけの観光地より、高山の方が居心地抜群、ゆっくりできそうな感じでしたよ

 

英語で観光案内もしている人も多く、「ここに移住してもいいかな?」なんて思ったり(笑)

 

英語を使ったバイトをやりたいなと思ったら、この冬は高山へ行ってみるのもいいかもですよ!


テーマ:

ポートランド留学専門英語アドバイザー

清水健雄です

 

TOEFLの問題は、「大学での授業やキャンパス内で行なわれるであろう内容」がほとんどです

 

Listeningも、もちろん例外ではありません

 

しかし、どうやって勉強したらいいのか、初心者であれば悩むところではないでしょうか?

 

そこで、まずは押さえておきたい内容に関して書こうかなと思います

 

初心者だから、やっぱり始めやすいのは「フレーズを覚える」ことかなと考えました

 

まずは、パターンから入るのが簡単ですので、一部ですが紹介していきます

 

<問題点を示すフレーズ例>

My problem is that...
I'm having a hard / tough time ~ing...
I can't seem to...
I was wondering if you could...
I wasn't really expecting...
 

<解決策 を提案するフレーズ例>

How / What about...?
Why not...?
It might be a good idea to...
What would you say to...?
What do you think about...?
Shouldn't you...?
 

<講義のポイントを示すフレーズ例>

There are three reasons why...
A major development in...
Why it was so important is that...
What I want to focus on today is...
 

<情報の役割を示すフレーズ例>

On the other hand...(対比)
On the contrary...(比較)
Similarly...(類似)
And in fact...(強調)
Furthermore...(追加)
A term for...(用語の定義・説明)
For instance, ...(例示)
 

<結論を示すフレーズ例>

As a result, ...
Consequently...
In the end...
From this we can see that...

 

これは、実はWritingなんかにも役に立つんですよ!ぜひ、覚えてくださいね!!

 

『オレゴン・ポートランド留学』の英会話ファーストステップ

「英語見直しWorksheet」のセッション申込みはこちらから

HP ⇒ https://www.first-step-english-school.com
Facebook ⇒ https://www.facebook.com/kamome.no.jiyucho/
Twitter ⇒ https://twitter.com/kamome1114</

テーマ:

ポートランド留学専門英語アドバイザー

清水健雄です

 

海外語学留学、お金があれば行ってみたいでしょう

 

「海外に行けば、自然と英語が話せるようになる」とまだ思っている人がいますが、それは幻想です

 

海外留学に行って英語が自由に話せるようになった人は、「海外でも努力した人」だけです

 

海外留学は「日本で勉強するよりもよい環境がある」だけです

 

 

語学学校、あるいは大学に進んでもそこで何もやらなければ、行っても何も成果は生まれません

 

何人もそうなってしまって、帰国してしまった人を見てきました

 

海外に行こうが、英語を簡単に習得する「魔法」はありません

 

大学に進学すると、教科書・資料などを大量に読む必要があります

 

一日に授業が3時間ほどしかなくても、次の授業のための予習に費やす時間は、起きている時間の全てだってあるんですよ

 

それができないと、成績も悪くなり、ついにはドロップアウト(退学)という流れになります

 

アメリカ人でもできない人がいるので、私たちもかなり大変だったんですね~

 

ですので、もしありもしない妄想を抱いていて、「留学ってカッコいいし、英語だってペレペラになれる」とは思わないことです

 

実際の生活は、サバイバルですよ~!

 

ですので、私がおススメするのは、留学前に「必ず自分の目的・目標」を決める」ことです

 

英語を学ぶことが目的なのか、それともその先にあるものを目指すのか

 

私としては、ぜひその先を目指してもらいたいです

 

英語は「コミュニケーションを円滑にする道具」であり、本来の目的は「英語を使ってどうなりたい」かを考えるべきだからです

 

英語ができるようになった、だけではいけませんよ

 

「英語を使って何をするか」が重要なんですよ

 

そんなことを、30年前の私にしてあげればもう少し違った留学生活が遅れていたかもな~、と時々思います(笑)

 

『オレゴン・ポートランド留学』の英会話ファーストステップ

「英語見直しWorksheet」のセッション申込みはこちらから

HP ⇒ https://www.first-step-english-school.com
Facebook ⇒ https://www.facebook.com/kamome.no.jiyucho/
Twitter ⇒ https://twitter.com/kamome1114</

テーマ:

ポートランド留学専門語学アドバイザー

清水健雄です

 

TOEFLとTOEICの違いは、前回のブログを読んでもらえれば分かると思います

 

英語の四技能全てを測るテストのため、4時間とかなりの長時間の試験となります

 

ですので、とっても体力と集中力を使いますので、どれだけ維持できるかも点数を左右してしまうのです

 

ところで、TOEFLで一番真っ先にやっておいた方がいいと思うのはどれだと思いますか?まあ、タイトルを見れば一目瞭然なんですけどね

 

そう、『リーディング』なんですね!今回は「リーディングを真っ先にやっておくべき理由」についてお話します

 

【"academic English"という難関】

何度も言いますが、TOEFLの問題は『大学の講義やキャンパスライフでの会話』がほとんどです

 

ですので、出てくる単語も大学で使われそうなものが多いんですね

 

そこで注意したいのが "academic English" と呼ばれるものです

 

"academic English"とは、大学の講義などで使われる単語のことです。そして、TOEFLのリーディング問題は、「理系分野」が中心に出されます

 

「理系分野」とは、皆さんが学校で受けているような「化学・生物学・物理学・地質学」などのような分野です

 

文系だった私は、日本語でも聞くのが嫌な単語です(笑)

 

日本語でも難しい用語を、英語で覚えておく必要があります、これは外国人にはかなりハードルが高いです

 

「化学・生物学・物理学・地質学」を全て英語で言えますか?たぶん、ほとんど人は言えないでしょう

 

ここが、TOEFLとTOEICの大きな違いの一つでしょう

 

アメリカの大学に行きたい、TOEFLで高得点を狙いたい、そう思ったらまずは "academic English" を攻略しましょう

【リーディングスキルは一番大切なスキル】

アメリカの大学では、とにかくたくさんの宿題が出ます、忙しいときは徹夜も覚悟するぐらいの気持ちでいてください

 

ですので、リーディングスキルがあるかどうか、これが大学生活を決めると言っても大げさではありません

 

リーディングスキルには、「スキミング(skimming)とスキャニング(scanning)」があります

 

Skimming:文章の全体像をつかむための「ざっと読む」方法

Scanning:自分の欲しい情報を見つけるために文章に「ざっと目を通す」方法

 

Skimmingは文章全体を読みますが、Scanningはほしい情報を探すために飛ばし読みするイメージです

 

TOEFLのリーディングでは、時間があまりない中で適切な答えを探す必要があります

 

ですので、このスキルを駆使して解答していく練習をすることが大切です

 

実際の大学生活でも、大量の資料を読み、その中から自分に必要なものを探すこともあるので、ある程度読んで選ぶことが大切です

 

これは、TOEICでも使えるスキルなので、ぜひ体得してほしいですね

 

単語やスキルの習得は時間がかかります

 

ですので、できる限り早く準備を始めることをおススメします!

 

『オレゴン・ポートランド留学』の英会話ファーストステップ

「英語見直しWorksheet」のセッション申込みはこちらから

HP ⇒ https://www.first-step-english-school.com
Facebook ⇒ https://www.facebook.com/kamome.no.jiyucho/
Twitter ⇒ https://twitter.com/kamome1114</