2016年9月公開で観たいと思っている映画の覚え書き | 三角絞めでつかまえて

2016年9月公開で観たいと思っている映画の覚え書き

毎月の恒例として、僕が2016年9月公開で観たいと思っている映画を貼っておきますね↓


※①などの番号付きは「絶対に観る」、○は「一応観たい」、△は「興味ある~」って感じです。

9/3
KARATE KILL/カラテ・キル ①
グランド・イリュージョン 見破られたトリック ②
セルフレス/覚醒した記憶 ③
ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS- △
聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅  △


9/10
スーサイド・スクワッド ④
キング・オブ・エジプト △
グッバイ、サマー △
チリの闘い △


9/17
エル・クラン ⑤
BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント ○
コロニア ○
怒り ○
オーバー・フェンス ○
レッドタートル ある島の物語 △


9/24
メカニック:ワールドミッション ⑥
将軍様、あなたのために映画を撮ります ⑦
真田十勇士 ⑧
ハドソン川の奇跡 ○
歌声にのった少年 △



ああん、まだ7月公開作で観てない作品がある上に、5月下旬公開作の感想すらアップできていない状況なのに、9月公開で観たい新作映画を挙げるとするならば! それは「KARATE KILL/カラテ・キル」でございます (´∀`) ウフフ 一応、銃撃戦やらソードバトルやらも好きですけれども、僕が一番愛している戦闘スタイルは「素手」でしてね。自らの五体を空手によって武器化した男が、銃などで武装した敵たちを素手で屠っていくとなれば、そりゃあ大好物に決まっているじゃありませんか。初日は無理としても、公開週の平日に急いで観に行こうと思っております(レイトショー上映で、公開がすぐ終わりそうだから)。


「KARATE KILL/カラテ・キル」の予告編↓ 多少の安っぽさはガマンだぜ。




洋画では、「2016年に絶対観たい新作映画10本」の6本目に選んだ「スーサイド・スクワッド」は当然観ますがな ( ̄ー ̄) ニヤッ 久しぶりのジェイソン・ステイサム主演作であり、「メカニック」の続編である「メカニック:ワールドミッション」も間違いなく足を運ぶことでしょう。「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「セルフレス/覚醒した記憶」「エル・クラン」に関しては、つい前売り券を買ってしまったので観に行くとして。スティーブン・スピルバーグの「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」やクリント・イーストウッドの「ハドソン川の奇跡」あたりは、「どうせ良い映画なんでしょうよ ┐(´ー`)┌ ヤレヤレ」って気分がしちゃって、それほど乗り気じゃなかったりするのでした…。


「スーサイド・スクワッド」はこの予告編がとにかくカッコ良いですよね。




邦画では、個人的には地雷臭がプンプン漂っているんですが、ユーミンファンの姉に誘われているので「真田十勇士」は観に行くことが決まっていたりします… (`Δ´;) ヌゥ あと、原作漫画が好きだった「ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-」はドラマを見逃しちゃっているので微妙かなぁと。話題作の「怒り」は面倒くさそうなので、評判が良かったり、「ムービーウォッチメン」で当たったりしたら、アントニオ猪狩の画像だけ使って感想を書く予定。「オーバー・フェンス」は山下敦弘監督作だからスゲー気になっているんですけど、近ごろは映画を観すぎなので、スルーすると思います、たぶん。


「真田十勇士」、なんか「ZIPANG」っぽいというか、イヤな予感しかしないんだよなぁ…。




まったく観に行けない名画座系に関しては、目黒シネマで9/10(土)~9/16(金)の「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」という“新海誠監督3本立て”あたりは観に行く人が多そうな予感。その他、新文芸坐で、9/03(土)の《もう我慢の限界だ! 杉作J太郎のジャスティス映画学園 II》、9/15(木)~9/18(日)の「ちはやふる 上の句」「下の句」、9/19(月)~9/21(水)の「ディーパンの闘い」「オマールの壁」シネマヴェーラ渋谷で9/03(土)から9/23(金)まで開催される《鈴木則文復活祭》のどれかに行けたらいいなぁ。以上、2016年9月公開で観たいと思っている映画の覚え書きでした。ではでは~。