白蛇伝説~ホワイト・スネーク~(ネタバレ) | 三角絞めでつかまえて

白蛇伝説~ホワイト・スネーク~(ネタバレ)

白蛇伝説~ホワイト・スネーク~

三角絞めでつかまえて-白蛇伝説

原題:白蛇傳説/The SORCERER AND THE WHITE SNAKE
2011/香港 上映時間100分
監督・アクション指導:チン・シウトン
製作:チュイ・ポーチュウ
脚本:チャン・タン、ツァン・カンリョン、シト・チェクホン
出演:ジェット・リー、ホアン・シェンイー、レイモンド・ラム、シャーリーン・チョイ、ビビアン・スー、ウェン・ジャン、ミリアム・ヨン、チャップマン・トー、ラム・シュー
(あらすじ)
南宋の時代、金山寺の高僧・法海(ジェット・リー)は、弟子の熊忍(ウェン・ジャン)とともに世の中を騒がす魑魅魍魎(ちみもうりょう)を退治する日々を送っていた。一方、山に住む千年蛇の精・白蛇(ホアン・シェンイー)は人間の青年・許仙(レイモンド・ラム)に恋をし、人間に化けて白素貞と名乗り、許仙と結ばれる。2人と出会った法海は白素貞の正体が妖怪であることを見抜き、退治しようとするが……。(以上、映画.comより)

予告編はこんな感じ↓




79点


シネマート六本木では、先月14日から「2012夏の香港傑作映画まつり」ってのをやってまして。このラインナップがどれもなかなか面白そうな上に、トップバッターはなんと大好きなジェット・リー主演作ということで、いそいそと観て来ました。予想外に楽しかったです (・∀・)


「2012夏の香港傑作映画まつり」のポスター。半券割引もあるそうな。
三角絞めでつかまえて-香港傑作映画祭り

パネル展示もありましたよ。
三角絞めでつかまえて-パネル展示やら


映画のベースとなっている超有名な中国の古典「白蛇伝」についてはwikipediaを読んでいただければと思うんですが、簡単に書くと、人間と妖怪との異類婚姻譚日本初のカラー長編アニメになってたりと、日本にも意外と馴染み深い話というか。僕も確か、小さい頃にテレビで放送されたのを観ているような気がしないでもないです。


なんとなくアニメ版「白蛇伝」の動画を貼っておきますね↓




正直、僕的にはそんな興味のあるストーリーではなくて。ただ、それを素晴らしいアクションを作り上げることで知られるチン・シウトン監督が、あのジェット・リー主演で撮ったというから、アクションシーンにはそれなりに期待してたら…。これが予想以上の出来というか、「まさかこれほどとは!Σ(゚д゚;)」とすっかり驚いちゃいましたよ。


ちなみに、チン・シウトン監督が撮った異類婚姻譚といえば、「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」が有名ですよね。




もう、とにかくCGの使い方が大胆というか、躊躇いがないというか…。最近の映画では、さりげなく使われることが多くなってきたCG技術ですが、なんて言うんだろう、それとはモロに逆行する作風というか(まぁ、香港映画は基本的にそんなイメージですが)。序盤、ジェット・リーと雪女(ビビアン・スー)のバトルの時、すでにやりすぎ感があったんですが、白蛇と青蛇(シャーリーン・チョイ)の登場時のビジュアルを観た瞬間、「CGを使えばもっとスゴいビームが出せる!ヽ(`Д´)ノ」的な方向性の映画なんだな~と思ったり。


雪女を演じたビビアン・スーは相変わらず可愛かったです。「タイミング」とか好きでしたよ。
三角絞めでつかまえて-ビビアンスーvsジェットリー

この白蛇と青蛇の何とも言えないビジュアルを観て、「こういう映画か!Σ(゚д゚;)」と思いました。
三角絞めでつかまえて-予想外だった蛇シーン


この映画、出演女優が全員スゲー可愛いとか、「海洋天堂」でジェット・リーの息子役だったウェン・ジャンが弟子役で活躍するとか、「白蛇と許仙の悲恋描写に泣ける… (ノω・、) カワイソウ」とか、結構好きな要素は多いんですけどね、最も素晴らしかったのはジェット・リーのCG使いまくりバトル。今までの出演作の中でも、ここまで駆使して戦った作品はなかったんじゃないかなぁ。


「海洋天堂」ではこのタッグに涙をカツアゲされまくりましたな…。
三角絞めでつかまえて-海洋天堂タッグ


特にスゴいのがクライマックス。許仙を奪い返しに来た白蛇と青蛇のタッグチームに1人で立ち向かうんですが、とにかくムチャクチャで。敵の攻撃は、津波を起こしたり、ウルトラマンの怪獣並みにデカい大蛇に変化したりと、常軌を逸しているんですけど、ジェット・リーは法力(a.k.a.CG)を駆使しながら対抗するという、何が何やらなバトルが延々と繰り広げられるんです。その派手一辺倒なビジュアルには呆れながら感動したというか、正直、このシーンが観られただけでもお金を払った価値があったと実感しましたね…。


寺院に迫る津波! 手前にいる人がジェット・リーです。
三角絞めでつかまえて-津波が!

襲いかかる2匹の大蛇! 中央の黒いのがジェット・リーです。
三角絞めでつかまえて-大蛇vsジェットリー


オチを書いておくと、青蛇を打ち破りつつも、深手を負ったジェット・リーが「妖怪に対して厳しすぎたカモ… (´・ω・`) マチガッテタ」と反省すると、突然、仏の力が発動! 白蛇を倒して雷峰塔に封印するんですね。で、白蛇が「アタシってちょっと間違ってたカモ… 川´・ω・`) ヤリスギタ」と反省すると、少しだけ許仙に会わせてもらえたりして。最後は、白蛇と許仙によるデュエットが流れる中、吸血鬼と化した弟子に会ったジェット・リーが優しい言葉をかけたりして、終わってました。


主題歌はこんな感じ↓ 「许诺」って曲らしいです。




ということで、予想外に満足しちゃった感じ (´∀`) スキヨ なかなか大味ですけど、この手のタイプの香港映画が好きな人なら、普通に満足できるんじゃないかしらん。あと、“CG使いまくりアクション”が苦手な人もいるとは思うけど、ジェット・リーのファンなら一応はチェックしといた方が良いですぞ (・ε・) デスゾ



チン・シウトン監督による名作。DVD、買おうかしら…。
三角絞めでつかまえて-チャイニーズゴーストストーリー
チャイニーズ・ゴースト・ストーリー デジタル・リマスター版 [DVD]


ジェット・リーがアクションを封印してノーギャラで出演した作品。僕の感想はこんな感じ
三角絞めでつかまえて-海洋天堂ブルーレイ
海洋天堂 [Blu-ray]


なんとなく貼っておきますね。
三角絞めでつかまえて-白蛇伝アニメ
白蛇伝 [DVD]