2011年02月11日

「RHYMESTERの『R-10』に行ってきた!」という実にどうでも良い感じの備忘録

テーマ:音楽
※今回の記事は、かなりまとまってない文章というか、本当にダラダラと長くなってしまったので、よっぽど気になる人以外は読まない方が良いと思います。

昨日は、RHYMESTERの実験的ライブ「『R-10』~ POP LIFE Release Event ~」に行ってきましたよ~。いや、本当に今週は仕事がキツくて、最悪、行けないかもしれないと思ってたんですが、なんとか終わりましてね (・∀・)ニヤニヤ ダッシュで渋谷AXに行ってきたワケです。


「R-10」のロゴ。ダルマをイメージしたそうです。
三角絞めでつかまえて-R-10のロゴ

渋谷AXはこんな感じの建物。カッコ良いですな~。
三角絞めでつかまえて-渋谷AX

3月2日に発売されるニューアルバム「POP LIFE」の告知ポスター。素敵じゃないの!
三角絞めでつかまえて-ポップライフ

関係者からお祝いの花が。「1924」からも来てましたよ。
三角絞めでつかまえて-花が関係者から~


会場に入ったら、まずはRHYMESTERのTシャツやらタマフルのMDノートやらを購入。予想以上にお金を使ってしまって少しゲンナリしたものの、偶然、墓場プロの人と会ってテンションがちょっと戻ったりして。ワンドリンクのビールを一気に飲み干して、ミッツィーさんのMIXを聴きながらライブの開始を待っていると…。現れたのは昨年の「KING OF STAGE Vol.8 マニフェスト Release Tour 2010」で大活躍した「しゅうけいくん」! 「ファック!」などの悪態をつきながら開会宣言をしてました。


しゅうけいくんはこんな感じの高性能メカ(「RHYMESTER BLOG」より)。ロボットとしてのアイデンティティが揺らいでいる様子。
$三角絞めでつかまえて-しゅうけいくん


お馴染みの3人が登場すると、まずは「ラストヴァース」を披露。ちょっと陳腐な表現になっちゃいますけど、ステージ上の3人はオーラがあるというか、雰囲気があって超カッコ良かったですよ~。


ああん、カッコ良いわぁ…(;´Д`)ハァハァ




ちなみにRHYMESTERの「R-○○」というライブは、昨年の「R-20」「KING OF STAGE Vol.8 マニフェスト Release Tour 2010 at ZEPP TOKYO」の初回生産限定盤にボーナスディスクとして収録されてます!)から始まっているんですが、“実験的なことをする場”という位置付けなんだそうで。じゃあ、今回は何をするのかというと…ラジオ番組「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」との融合! なんと収録スタジオ風のセットをわざわざ作って、そこで普段のタマフルっぽいコーナーをやるという…。恐ろしく金がかかったと思うんですが、あのセットのクオリティの高さには「バカなんじゃないか…? (゚д゚;)」と唖然としましたよ。

一発目はなんとシネマハスラー。3つの自由のカタチを“脱獄”というメタファーを使って表現した名曲「プリズナー No.1,2,3」と“その元になった作品”について解説されたワケですが、実際の映画の映像も観られるので非常に分かりやすくて、スゲー良かったですよ! 詳細は面倒くさいので書きませんが、一応、話に出てきた映画を貼っておきますね↓(って、この記事、長くなりそうな悪寒…)


元ネタになったのはこのテレビドラマ。最近、リメイクもされましたな。
三角絞めでつかまえて-プリズナーNO6
プリズナーNO.6〈コレクターズボックス(6枚組)〉 [DVD]

亡くなられた時にもラジオで触れてましたが、この映画の野沢那智さんの声を“録り直して”使ったそうで。
三角絞めでつかまえて-カリートの道
カリートの道 スペシャル・エディション 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

エージェント・スミスの中田和宏さんの声も使われてました。
三角絞めでつかまえて-マトリックスdvd
マトリックス 特別版 [DVD]

刑務所長を演じたのが「プリズナーNO.6」の主役だったパトリック・マクグーハンだそうです。
三角絞めでつかまえて-アルカトラズからの脱出
アルカトラズからの脱出 [DVD]

2番はこの映画がモチーフになっているとか。同じ監督が「ミスト」を撮ったなんて…。
三角絞めでつかまえて-ショーシャンクの空に
ショーシャンクの空に [DVD]

映像は見られませんでしたが、話題に出た1本。
三角絞めでつかまえて-大脱走
大脱走 (アルティメット・エディション) [DVD]

同じく話題に出たけど、映像の使用許可が出なかった作品。
三角絞めでつかまえて-パピヨン
パピヨン スティーヴ・マックィーン没後30年特別愛蔵版 [DVD]

宇多丸師匠がイチオシしていた脱獄映画。値段が恐ろしいことに!
三角絞めでつかまえて-穴
穴〈デジタルニューマスター版〉 [DVD]


この解説の後、RHYMESTERのお三方が実際に「プリズナー No.1,2,3」をラップしたワケですが、解説を聞いた後だからか、リリックが非常に味わい深いというか、今までとはちょっと違う感じで聴けちゃったりして、実に面白い体験でした。

コンバットRECさんの愉快な物販CMが流れると、次は特集コーナー。「馬鹿リリック大行進」の日本版ということで、DJ JINさんが“完パケ”で一気に進行してました。キエるマキュウのMAKI THE MAGICさんの“1拍の「気持ちいいだろ」”とか時雨の「We Are Japanese J.B!!」にもビックリしましたが、GO FORCEMENのリリックの男らしさには驚愕させられましたな…。最後はRHYMESTER「BIG MOUTH 2 1 [CENSORED]」の「ゴメンネ」部分の話になり、「BIG MOUTH」と続けてラップ。これもまた実に面白かったです。


ちなみにGO FORCEMENはこんな方たち↓




マネージャー荒井さんのワラライフな物販CMが流れた後、RHYMESTERタマフルのコラボ企画のラストは、Mummy-Dさんとしまおまほさんの写真対決(しまおさん、超可愛かった!)。2人が出す写真のレベルがあまりに高すぎて、会場は爆笑に包まれてました。僕的には初っ端の“掟ポルシェさんが「うる星やつら」のラムちゃんの格好をした写真(トラ柄のビキニにとんがりコーンの角)”が今も頭から離れなかったり…。対決はMummy-Dさんの勝利に終わり、今週のタマフルの告知をして、恐ろしく実験的だった第1部は終了してました~。


あまり関係ありませんが、貼っておきますね↓




で、第二部ですが、こっからは通常のライブということで、「POP LIFE」からの曲を披露。セットリストはこんな感じでした↓


1 そしてまた歌い出す
2 Just Do It!
3 Hands
4 Walk This Way
5 ほとんどビョーキ
6 オイ!



いや~、ニューアルバムの曲、マジで名曲揃いというか、スゲー良かったですよ。結局、僕的に一番グッときたのは「Walk This Way」だったりするんですが、どの曲も素晴らしかったです。昨年の「R-20」と同じく、最後は「オイ!」で終了。これまた昨年と同じようにスクリーンを上手く使って、今年の全国ツアーと宇多丸師匠の入籍を告知してました。まさか同棲からこんなに早いタイミングで結婚するとは…。別居婚とかにするのかしら? まぁ、何はともあれ、宇多丸師匠、ご結婚おめでとうございます!

ちなみに師匠の入籍報告の後、「we are the world」が流れて会場は祝福ムードに包まれたんですが、逆に「これからまだ何かあるのでは?」という感じになってしまって。客同士が顔を見合わせて「どうする?」「帰る?」と互いの腹を探る状況が1曲分続くという終わり際がやや不穏な感じになったのがまた愉快でしたね~。


関連性はあまりありませんが、一応、貼っておきますね↓




最後、会場の外の物販コーナーに寄って、タマフルグループの愉快な人たちに挨拶しようかと思ったんですが、もうグッズを買う予算がなかったので断念(帰りに買えば良かった… (´・ω・`))。結局、日高屋で一杯飲んで帰りました。


「晩酌を諦めてMDノートをもう1冊買う」という選択もあったけど…。
三角絞めでつかまえて-晩酌


というワケで、「余計なお世話だバカヤロウ」がナマで聴けなかったのはちょっと残念でしたけど、「『R-10』~ POP LIFE Release Event ~」メチャメチャ面白かったです! 正直なところ、ヒップホップにあまり詳しくない僕ですら、今回の「R-10」の第一部が“恐ろしく異例で実験的”ということはビンビン伝わってきたので、ラジオリスナー以外の人がどう感じたのかは分かりませんが(正直、シネマハスラーのコーナーはキツい人もいたかもしれませんな)、僕はかなり満足しました。出口で優先予約のチラシをゲットしたおかげで(※)今年の全国ツアーのチケットも買えたし、本当に行って良かったなぁと…(しみじみ)。今後もこの「R」シリーズには超期待ですな! 以上、こんな読みにくい駄文に長々とお付き合いいただき、本当にありがとうございました m(_ _ )m

※チラシを配る人にみんなが群がっていて、「ああ、どうしよう…」とオロオロしてたら、爽やかな感じの若者(ちょっと虎牙光揮さん似)が「これ、余ってるんでどうぞ ( ̄▽+ ̄*)」とチラシを手渡してくれましてね…。「僕なんて大きい上に坊主頭で取っつきにくい見た目の男だろうに、なんて良い人なのだろう…」と感動しました。ありがとう、爽やかな若い人! ヘ(゚∀゚*)ノワラライフ!




3月2日に発売されるニューアルバム。早く発売しろ!ヽ(`Д´)ノ
三角絞めでつかまえて-ポップライフ
POP LIFE(初回生産限定盤)(DVD付)


初回生産限定盤には「R-20」のDVDが付いてます。僕の感想はこんな感じ
三角絞めでつかまえて-マニフェストツアーDVD
KING OF STAGE Vol.8 マニフェスト Release Tour 2010 at ZEPP TOKYO(初回生産限定盤) [DVD]




※ザ・余談

会場に着くまでは、「RHYMESTERグッズ1つとタマフルのMDノート1冊しか買わない!」と決めてたんです。だから、最初は「Walk This Way」パーカーだけ買おうと思ったら、XLサイズはすでに売り切れ…。まぁ、前回のパーカーはXLでもパンパン状態になってしまって着られなかったので、「どうせあのブドウは酸っぱいに違いない」と思って、Tシャツを買うことにしたんですが、僕を見る女性店員の目が「もっと買ってくれるよね?」という期待に満ちているような気がしてしまって、結局、Tシャツ2枚とタオル1枚を購入しちゃいました…(合計7,500円)。


Tシャツ2枚とタオル1枚をゲット。パーカーなんてほしくなかったんだから!
三角絞めでつかまえて-ライムスグッズ


そして、タマフルの物販コーナーですが、コンバットRECさんとバロン秋山さんと可愛らしい女性が物販をされていて、その時の客が僕しかいなかったので、緊張してついMDノートを3冊買ってしまって…。しかも、3千円を出すときに慌てて千円札2枚と5千円札1枚を出してしまったんですが、売り場を離れた後、「『ヤレヤレ、アイツ、5千円札持ってるのに3冊しか買わなかったぜ(苦笑』とか笑われてたら…?」と思うと胸が痛くなったので、もう一度行って、追加で2冊購入しちゃいました…(合計5,000円)。


タマフルのMDノートはこんな感じ。
三角絞めでつかまえて-MDノート五冊

帯の背にこれほどまでに残念なキャッチが載ってるノート、初めて見た。でも…モテるのかしら?
三角絞めでつかまえて-愉快な背表紙

昨年のイベントでゲットしたノートもまだ使ってなかったりして。
三角絞めでつかまえて-比べてみると…


というワケで、今回、大量にグッズを買ってしまったせいで「妖怪人間ベム」のDVD-BOXを諦めることになっちゃいましたけど、全然後悔はしてませんよ (`・ω・´)キリッ 「せっかく年末調整の特別お小遣いを取っておいたのに…」とか全然思ってません。だって、Tシャツやタオルやノートなんて使う機会が多くて必要なモノだから大量に持っていても困らない…いや、むしろ助かるし、何よりもコンバットRECさんが付けてくれたオマケが素晴らしかったからです。それは、なんと宇多丸師匠と藤波辰爾選手のツーショット生写真!


ラフな格好の2人。
三角絞めでつかまえて-藤波と師匠1

一緒にお酒を飲むなんて、ずいぶん仲良しな感じですな。
三角絞めでつかまえて-藤波と師匠2

一緒にラジオの放送も! 近々、ドラゴンがタマフルに出演するのか!?
三角絞めでつかまえて-藤波と師匠3


いや、本当にリスナー心が分かっている見事なプレゼントというか、「天才というのはコンバットRECさんみたいな人を言うんだな」とつくづく感心しましたよ…。コンプリートできなかったのは残念だけど、なんか「ACACIAーアカシアー」がもう一度観たくなったというか、優しい気持ちになれました。コンバットRECさん、ありがとう!


1枚は会社の机に飾ることに。38歳の社会人のやることじゃないネ!
三角絞めでつかまえて-机


おしまい。
いいね!した人  |  リブログ(0)

カミヤマさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります