司法書士和気のブログ

【司法書士法人H&Wトラストのメールマガジン】配信  メルマガ登録お済ですか!?

H&Wトラスト『司法書士メルマガ編集室』情報

司法書士ってどんな職業なの!?日々進化する社会に従って法律も進化して行き,司法書士実務も進化して行く。登記・訴訟・裁判・民事・成年後見等司法書士実務の最前線の情報を提供し,日々の生活においての攻撃・防御方法をお届けします。


★★★ 司法書士法人H&Wトラスト ★★★  


☆ 司法書士法人H&Wトラストからのニュース。

★ 不動産登記ねっと(相続,贈与,抵当権設定・抹消,財産分与)

☆ 法務部ねっと(会社設立,株式発行,解散清算,合併等)

★ 敷金ねっと(原状回復請求・敷金返還請求・ガイドライン)

☆ 成年後見ねっと(法定後見・任意後見・申立書作成支援)

★ 債務整理ねっと(住宅ローン・破産・再生・任意整理・過払金請求)

☆ 過払金計算サービス



★★(株)H&W不動産コンサルティング★★


☆ 任意売却ねっと(住宅ローン滞納,競売,差押え)

★ 不動産投資エージェント原内直哉の売却までを考えた不動産投資

☆ 北関東投資用アパート特集(茨城県・栃木県・群馬県)

★ naoyaharauchi 【Twitter】

☆ 不動産投資エージェント原内直哉の売却までを考えた不動産投資 【まぐまぐ】

★ 不動産投資エージェント原内直哉の売却までを考えた不動産投資 【メルマ】

☆ 東京23区『住環境重視』賃貸マンション情報 【まぐまぐ】

★ 東京23区『住環境重視』賃貸マンション情報 【メルマ】


***********************************************************
   
 司法書士法人H&Wトラスト

    【相談窓口】 0120-783-441(ナヤミ ヨヨイ)

    お電話いただけますでしょうか。

***********************************************************

***********************************************************
   
 株式会社H&W不動産コンサルティング

    【相談窓口】 03-5776-0565

    お電話いただけますでしょうか。

***********************************************************

Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2012-11-24 21:39:16

地主の相続対策に(民事)信託を活用

テーマ:ブログ

11月22日(木)、パシフィコ横浜での賃貸住宅フェア行って来ました。


個人信託のセミナーやりました。


1か月ほど前に、全国賃貸住宅新聞で、当事務所が民事信託の特集で掲載された記事を見て、フェアに参加された地主さまがいらっしゃいました。相談を賜りました。


これから、普及すると良いですね、民事信託。


当社では、グループ会社に不動産コンサル会社が賃貸管理業をしている関係で、地主さまとの接点は多数あります。


例えば、こんな事例やりました(個人情報のため、年齢、家族構成は実際の事案から変更)。


Aさんは85歳、体は丈夫だが82歳の認知症の妻がいる。

Aさんは妻と長男夫婦の4人住まい。他に嫁にでた長女がいる。

Aさんは自宅、アパート数棟、預貯金がある。

長男夫婦は認知症の妻の介護をしてくれるが、長男ばかりに負担をかけさせていることが気にかかる。

Aさんと長女の関係はあまり良くない。

Aさんが対策なしに死亡すると、妻に2分の1,長男長女に各4分の1ずつ相続されるが、認知症の妻と金にうるさい長女がもめた場合、最悪、認知症の妻は家を追い出されるかもしれない。


Aさんは、A自身が死亡した後は、妻には自宅で住んでもらいたいと思い、アパート収入は妻の介護に使って欲しい。そして、妻死亡後は世話になっている長男に自宅とアパートを相続させたいと考えているが、その遺言の書き方に迷っている。


【第1案】 認知症の妻の世話をする事を条件に、自宅・アパートを長男にいったん相続させるという負担付遺言を考えているが、長男が妻の面倒を看なかった場合は妻は保護されず、また長男は現在自営業をやっていて、今は順調だが多額の事業資金を金融機関から借りてるようである。仮に長男の事業が傾き倒産したら、せっかく長男に相続させた自宅・アパートは処分されてしまう。


【第2案】 自宅・アパートを妻に相続させ、長男を認知症の妻の成年後見人に就任させる。そうすれば、妻の生活費・介護費は護れる。しかし、妻が死亡した後の最終的な自宅・アパートは長男に相続させたいが、そうするには、妻の遺言が必要になる。しかし、妻は認知症のため事実上遺言は書けない。


このような地主さまが当社グループに相談に来ました。


解決案は次回。。









2012-11-21 22:22:17

明日は朝早いですが、本日は帰れません

テーマ:ブログ

暇なときは暇

忙しいときは忙しい。


明日は横浜で地主相続フェアのため,事務書に7時出勤。早く帰って休まねばば・・


しかし,本日中に設立1件の定款及び委任状を依頼人にメール,本日中に業者さんに決済4件分の登記原因証明情報をメール,係属中の裁判で裁判所から準備書面の早期提出の催促,それから抹消金融機関の書類を作らないといけないことになった。抹消書類作ってあげることは時々ありますが,なぜこんな時に。


もう本日は帰りません(帰れません)。


明日頑張れば金曜日は祝日なので少しゆっくりできるが,その日は午後から相続の相談があるので対してゆっくりできない

2012-11-17 19:30:50

特急での会社設立と中古ワンルーム取引が好調らしい

テーマ:ブログ

いつも、だいたい設立の話は急ぎが多い。

明後日には設立したいなど・・・

できなくはないが、せめて2週間くらい前から準備させてほしい・・・


でも頼まれたら喜んでやります。

今週もやりました。


社長に会社印鑑の作成間に合いますか、と聞いたら、もう作ってある、っと。

準備周到だが書士の手配は後回し。


ところで、東京カンテイによると、2012年の中古ワンルーム取引が7万件に迫る勢いで過去最高などと


そういえば中古ワンルーム専門の業者さんたちは最近調子良いことよく言っている


私が担当している登記の決済依頼も中古ワンルームが多くなっています。


理由はいろいろ要因あるでしょうが、物上げ業者の頑張りが大きいのでしょう







1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス