8月3日に東京を発ち、夕方気仙沼に到着。

 

荷物をホテルに置いてすぐ三浦電気(マギー審司さん実家)を訪れ、そこでしばらく気仙沼の皆さんと歓談しました。

 

その後、みなとまつりのオープニングをテレビで見て、踊りの始まる前にステージへ。

 

ステージ横でしばらく子どもたちや歌い手の皆さんの歌を楽しみ、二回目(一回役15〜20分)が終わったところでステージ上でご挨拶。

 

 

その後何度かステージ上で「はまらいんや」を皆さんと一緒に歌いました。

 

演奏は毎年おなじみの「バイソン」の皆さん、今年も最後のステージまで元気に頑張ってくれました。

 

 

終演後は三浦のお父さん、気仙沼の皆さんとお食事会に参加、一日目を終了。

 

二日目は、まず一ノ関を目指しました。

 

途中川崎の道の駅、金時まんじゅうに寄り一ノ関のはま寿司へ。

 

幸運にも待望のはま寿司体験ができました。

 

タッチパネルのそばにボクがいたので結果的に注文を一手に引き受けました。

 

でも、自分の声がいろいろなところから聞こえてくるのは、嬉しいと同時に若干恥ずかしいものでした。

 

一緒に行った気仙沼の仲間と美味しいお寿司をいただいて、一ノ関の夏祭りへ・・・。

 

そうそうメニューとしては揚げたての海老天の乗ったお寿司が美味しかったです。

 

・・・あとポテトフライも(あっお寿司じゃない)・・・。

 

夏祭り会場本部前で大沼アナウンサーと再会、龍の踊りや七夕の飾り付けを楽しんだ後、とんぼ返りで気仙沼の花火大会に参加しました。

 

 

途中地震があったりしましたが大きな被害もなくほっとしました。

 

3日目は気仙沼から登米市に向かいました。

 

宮城芸術文化館や重要文化財の教育資料館を見学・・・帰途につきました。

 

結構ハードスケジュールでしたが楽しいことのほうが多く、充実した3日間を過ごせました。

 

明日から3日間長野を訪れます。

 

天気が少し不安ですが、気の合うメンバーとの旅行、楽しみでなりません。

 

これから荷造りします。

 

では、本日も閉店します。

 

画像は、宮城芸術文化館館長のティニ・ミウラさんとの記念写真。