叱るとはどういうこと? | 上岡正明のオフィシャルブログ

上岡正明のオフィシャルブログ

日本一のPR会社社長がお届けする、仕事術、PR戦略、資産運用まで。

今日は、「叱るとはどういうこと?」について考えた。

 

今の若いリーダーは、あまり叱らないという。

たしかに、叱るとやめちゃうかもしれない。
中途半端にやめてしまったら、会社もダメージだ。

 

採用コストも100万近いし、
平穏無事にいてもらったほうが、
損得勘定を計算したら、絶対にいい。

 

いつもは経費ケチケチな僕だが、
それでも、「叱る」ことが必要だと思うのは、何故だろうか?

 

上司と部下の関係を超えて、あるいは、金銭面を度外視して、相手を叱るというのは、結構ハードな作業である。

それでも、人生の経験を通じて、
その部下の先のフローチャートに、良くないパターンの分岐路が見えるときがある。

 

そうしたとき、
手遅れになる前に、たとえ嫌われても、身をていして自分が壁になる。

 

「真剣に叱る」というのは、献身的な行為だと僕は思う。
時間がたってしまっては、軌道修正ではすまなくなるからね。

 

(つづく)

 

 

 

■弊社フロンティアコンサルティングにも情報がいっぱい♪

PR会社

 

■3万人が購読中!1000人集めたセミナーはどうして可能?PRの秘訣満載