アウトプットの高速化は、実はインプットの仕組み化から | 上岡正明のオフィシャルブログ

上岡正明のオフィシャルブログ

日本一のPR会社社長がお届けする、仕事術、PR戦略、資産運用まで。

今日は「アウトプットの高速化は、実はインプットの仕組み化から」について。
※前回続き

 

で、アウトプットをどう高速化するか、だが、
まずアウトプットとは何か?を考えてみなければならない。

 

定義は、どうだろう?

すると、まずインプットがあって、アウトプットだとわかる。
行動もトライ&エラーもアウトプットの1つだが、とうぜん、先に来るのはインプットだ。

すると、インプットの時点で、いかに思考や行動を早めるか、そのパターンを構築するかが大事になる。

 

このとき私は社員に求めるには、「長く話さない」「長く書かない」「長く考えない」である。

 

すべてを、箇条書きで思考させ、箇条書きでノートにとまとめさせる。そして、箇条書きで説明させるのだ。

 

結局、アウトプットはインプット。

ビジネス書でアウトプットが9割と言われても、順番において、実は逆があるはずない。
これは、自然の摂理なのだ。

 

前世の記憶を操らない限り、大人が急に英語を話すことができないのと同じだ。

であれば、万人ができて、万人の思考が高速化する答えは、インプットの仕組み化にあることがわかる。

 

「高速読書」とは、つまり、このインプットの仕組みを脳科学的アプローチで「強化」する方法でもあるわけです。

 

(つづく)

 

 

 

 

■弊社フロンティアコンサルティングにも情報がいっぱい♪

PR会社

 

■3万人が購読中!1000人集めたセミナーはどうして可能?PRの秘訣満載