知識量はなぜ行動量に比例するの? | 上岡正明のオフィシャルブログ

上岡正明のオフィシャルブログ

日本一のPR会社社長がお届けする、仕事術、PR戦略、資産運用まで。

今日は「知識量はなぜ行動量に比例するの」について考えた。

今日の弊社若手コンサルタントの日報から。

 

【内省】
常に考え、PR思考を習慣づけていく。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

インプットが増えない限り、アウトプットが増えることはない。

自分の行動範囲がインプットの面積では限界があるね。

 

やってないからできません
教わってないからわかりません

 

のステージでは、厳しいようだがインプットの限界点はすぐそこになる。

ない知識は、じゃあどうやって身につけていくのかを、常に意識して考えなければならない。

 

行動量=知識とは、全部打ち合わせまでに、知識、手順は自分で調べ、最短の方法、事例はネットで調べ、わからないことはカスタマーセンターに問い合わせて、事前に自分で調べてから望むことも含まれる。

 

打ち合わせ前日までは初体験ですとチェリー感丸出しでソワソワしていても、
いざ打ち合わせが始まったときには、相手に聞く知識など何一つない。

 

できる人とは、本人こそ意識してないが、
クリエイティブな仕事とはそういうもだと自覚しているから、苦労している感もなく、知識が倍速で増えてなお飄々としているんだね。

 

 

■弊社フロンティアコンサルティングにも情報がいっぱい♪

PR会社

 

■3万人が購読中!1000人集めたセミナーはどうして可能?PRの秘訣満載