「読書で2億稼ぐために、1番大切なことって?」(2) | 上岡正明のオフィシャルブログ

上岡正明のオフィシャルブログ

日本一のPR会社社長がお届けする、仕事術、PR戦略、資産運用まで。

今日は、「本を武器にするために、1番大切なことって?」について。(2)

 

※この内容は新刊「死ぬほど読めて忘れない!高速読書」に掲載していない完全オリジナルです。

 

この本は、別名セミナーでは「2億稼ぐ高速読書」と呼んでいます。

 

僕は株式投資で2億稼ぎ、そのシリーズもベストセラーとなりました。今も書店で売れ続けていますが、そのための知識も、理論武装も、負けないためのパターン化も、勝つためのセオリーづくりも、全部本から学んできました。

 

本を武器にして、人生を激変させる。

そのために大切なことが2つあります。

 

とくに大切なのは、意外と思われるかもしれませんが、本を速く読むことではありません。

もちろん、本書でも速読法を4つ紹介しています。

 

・スタートダッシュリーディング

・漢字だけリーディング

・つまり読み

・青ペン殴り書きリーディング

 

の4つです。

 

ただ、僕は読書を武器にするために一番大切なのは「読書を継続させる」ことだと思っています。

 

僕は社員にいつもこう伝えています。

 

1冊3分で速く読めても、1ヶ月しか続かないのでは、人生は何も変わらない。

速読はあくまで手段であって、目的じゃない。

 

大切なのは、1冊10分や15分でいい。脳をワクワクさせて読書を「継続させる」こと。

 

本から学び、それを楽しみに変え、自分を変え、周囲への影響力を変え、環境を味方にすることで人生を変える。

 

その決意を固めることです。

 

※高速読書には一部過激と思える表現も含まれています。

 

(つづく)