「3面戦略でなく、4面戦略ですよ、文さん」 ※グローバルから株価を読む(7) | 上岡正明のオフィシャルブログ

上岡正明のオフィシャルブログ

日本一のPR会社社長がお届けする、仕事術、PR戦略、資産運用まで。

「3面戦略でなく、4面戦略ですよ、文さん」
※グローバルから株価を読む(7)

 

※前回続き。

 

色々思うところがあり、もう終わりにしようと考えた「日韓関係から経済を読む」だが、
中国、ロシアの侵犯についで、今日、北朝鮮がミサイルを撃った。

わざわざこのタイミングで撃つとは、いかにも、らしい。

 

正確には攻撃弾頭がついてない。だから、飛翔体と呼ぶ。
先端にある距離計算する観測装置を、弾頭に付け変えればミサイルだ。

 

日本を仮に、本当に仮想敵国にしているなら、四面戦略ですよ、文さん。
ローマのように地学的、圧倒的優勢がない限り、四面戦略を持ちこた

えることはできない。

 

そして、そんな地学的リスクのある地域に、産業委託する国も企業はない。

いくら人件費が安いからって、イラク北部に生産を移したり、新工場を建てますか?
 

こうしたインパクトは、今後経済に大きな影響を及ぼす。

厳しいようだが、ランチェスターとか戦略とか本当に学んでいるのか。
そもそも、日韓が昨年結んだ防衛協定を、韓国側から「もう、怒ったから破棄したい」とか言うのが、近視眼的でおかしい。

 

北朝鮮は本気じゃない、と思っているかもしれないが、

韓国が併合したい、と願うのと同じぐらい強い気持ちで、北朝鮮も統一してやりたいと本気で思っているものだ。
限られた情報と、偏った忠誠心の下で。
その状態で、50年だろう。。。若い将兵はとくに危険だよ。

 

(つづく)
領空侵犯を伝える記事|