「なぜ、アメリカは日韓を仲裁しないのか?」 | 上岡正明のオフィシャルブログ

上岡正明のオフィシャルブログ

日本一のPR会社社長がお届けする、仕事術、PR戦略、資産運用まで。

「なぜ、アメリカは日韓を仲裁しないのか?」について。
グローバルから日本の株価を読む(3)

 

※前回続き

 

益々動きが速いな。一気に決着するかもしれない。
コラムもスピードアップしていこう。

 

日本は選挙後も手を緩めないだろう。
たとえ、韓国の不買運動で景気に影響が出ても。

 

不買運動は、今週来週辺りから、顕在化してくる。
数値が発表されて、朝日新聞が大きく取り上げると予測する。

ただ、日本政府は手をゆるめないだろう。。。

 

理由はすでに選挙PRではなく、国家戦略に移行しているから。
それを、韓国政府が見誤っているのが、文政権の苦しいところだろう。

 

ぼくは留学中にできた韓国友達も多いし、日本にもいる。
だから、とても中立的な立場で書いているつもりだが、

この戦い、ぼくの見立ててでは、
現状において日本が負けるパターンは、ないだろう。

 

そして、見誤れば、韓国は今より50位程度まで国力を下げるだろう。何故か?

100のシュミレーションパターンを、100回時間軸をずらして考えるのが、戦略参謀のつとめだ。

自分が戦略参謀だと仮定して考える。
すると、見えてくるのが、韓国に間隙を抜かれるポイントと、そのヘッジだ。。。

 

その1つ。
台湾が、韓国の半導体を抜くことを国家戦略化しはじめたとリークされた。
台湾は、親日国だ。そして、アメリカも重要視する対中国戦のパートナーだ。

 

韓国の半導体世界一は、韓国メディアが認めるように、日本が支援した。

同じように、この先の台湾の半導体世界一を、日本が台湾に支援するなら、国家戦略として日本の半導体部品や装置を、韓国の代わりに、今後数十年にわたりすべて買うと密約していて、なんらおかしくない。

 

そして、これは、対中国の一手を探しているアメリカの利害と一致する。さらに。。。
(続く)

台湾ニュース 半導体世界一を目指す