なぜ、韓国経済はかくも悪くて、壊滅的なのか? | 上岡正明のオフィシャルブログ

上岡正明のオフィシャルブログ

日本一のPR会社社長がお届けする、仕事術、PR戦略、資産運用まで。


テーマ:

今日は、「なぜ、韓国経済はかくも悪くて、壊滅的なのか?」について考えた。

 

最近、なにかと騒がしい日本と韓国。

ついつい、お隣との歴史問題ばかりに目がいってしまう。が、じつは韓国、今経済がめっぽうヤバい。

 

どのぐらいヤバいのかって、20年前のバブル崩壊後の日本よりも、じつは悪いかも知れない。。。

 

不動産価格は下落し、中小企業はのきなみ倒産している。

財閥の影響で、起業家も育成しない。

 

でも、なぜこんなに悪くなってしまったのか。

あまり語られることがないので、自分が考えてみました。

 

ちなみに、韓国はずっと経済が悪かったわけではない。

20年前はすごい良かった。

 

20年前、どん底の日本が、その地位と強みを受け渡すカタチで、

世界の経済先進国として発展したのが韓国なのである。

 

半導体も、液晶技術も、造船も、20年前までは、日本が世界ナンバーワン。

しかし、アメリカとの貿易戦争になかば破れ、日本は円高に導かれ、数々の国内生産規制をされ、輸出関税も掛けられた。

 

日本の車は、ニューヨークの真ん中で、暴徒にボコボコに破壊されたのだ。

そう、今の中国のように。

 

かわって、世界的に見ても、勤勉で、労働コストが安かった韓国に注目が集まった。

 

しかし、いまはトリプル苦ならぬ、多方面で苦しんでいる。

まさに全方位が苦しい。

 

海外投資も、国内投資も、起業率も生産性も悪く、就職率はドン底で、人財の流出も廃業率が高い上に、不動産も安い。

 

いくつか理由がある。

その1つに、昨今の政権の誤った経済政策と惰弱性があるだろう。

 

(つづく)

上岡正明さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント