グローバルから見たって、結局株価は当たらないけど、それでも当てたいシーソーゲーム(9)【完結編】 | 上岡正明のオフィシャルブログ

上岡正明のオフィシャルブログ

日本一のPR会社社長がお届けする、仕事術、PR戦略、資産運用まで。


テーマ:

今日は、「グローバルから見たって、結局株価は当たらないけど、それでも当てたいシーソーゲーム(9)【完結編】」。

 

で、最後に当たらないことを前提に今後の日本株を予想して、このコラムを終わりたい。

 

すでにグローバルの実体経済は悪いかな~。

自分は経営者もであるので、悪化して欲しくはないけど。

 

あまりに良くなりすぎれば、反動からの回復には時間が掛かる。

小休憩というのは、スポーツでも、子供の成長でも、経営でも、どのみち必要なことなのです。

 

で、日本は経済に影響が出ていないわけでなく、政府があえて情報を小出しにしているのだと思う。

 

なんで小出しにするのかって・・・。

だって、悪い情報を少しずつ出しているうちに、景気が回復したらラッキーじゃん。

 

先日の日銀の発表って、

『輸出を含めて大幅に悪化しているが、全体としては依然として回復基調にあると思われる』

 

ってね。

どうなのよ! ってことです。

 

つまり、どっちにも取れる。

いや、わざとやってるよね。

ウソは言っていないしね。

まだ下がるのー、経済悪くなってるって言いたくないよーっ><

ていうのが、本音だよね。。。

 

そんなわけで、節目はゴールデンウイーク前後です。

いま、日本株を支えているのは、「アメリカ株」と「円安」。

どちらも下がりたがっている。

 

まずは円高に振れて、アメリカ経済の悪化が発表され、一気にズドン・・・かもしれません。

 

もちろん、下がるから、大きく上がるのです。

混沌と秩序は、表裏一体。

それもまた秩序のための循環、と捉えましょう。

 

【完】

上岡正明さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント