コンテンツマーケティングがスゲー大事だと叫ばれているけど、そもそもコンテンツってなによ? | 上岡正明のオフィシャルブログ

上岡正明のオフィシャルブログ

日本一のPR会社社長がお届けする、仕事術、PR戦略、資産運用まで。


テーマ:

今日は、「コンテンツマーケティングがスゲー大事だと叫ばれているけど、そもそもコンテンツってなによ?」について考えた。

最近、どこにいっても、コンテンツマーケティングじゃないですか?

アメリカのマーケティングカンファレンスのタイトルは、「コンテンツの必要性」。
自宅にとどいた行動経済心理学会の論文タイトルも、「コンテンツと行動経済学について」。

これ、やっぱりGoogleの影響かなー?

3月8日に、またGoogleのアリゴリズムが変わったけど、
どんどんコンテンツファーストになってきている。
それに合わせて、コンテンツの重要性が叫ばれているわけだ。

でも、「そもそも、コンテンツってなんだっけ?」。

Googleに評価されるコンテンツ=良いコンテンツなわけではないよね?

考えるに、
いま、コンテンツというのは、どんどん狭く、深くなってきている。
狭く、深いほうが、人は動くから。

それを最大限に狭義にしたのが、ペルソナ。

CMは、どんどん人を動かさないメディアになってきているからね。

その最小のかたちが、コミュニティだろう。
それをマーケティングにして行動経済心理学に落とし込んだのが、コミュニティ・ビジネスじゃないかな。

(つづく)

上岡正明さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント