鍋倉の春爛漫 | 峠の我が家

峠の我が家

我が家から峠に峠から峰に、そして帰るべき我が家を中心に足跡を残そう。


テーマ:
今季最後の山スキーはやっぱり鍋倉で締めくくり

 
事務所にでたけどこの天気、今日を逃したらもうチャンスは無い。
たまには、雲隠れも良いではないかと、家に戻り鍋倉へ。

西の沢の駐車場には10時30分の到着、車が3台程停まっている。
西の沢はまだ綺麗に雪で埋まっている。
 
 
 
 
 

山頂には1時間少しで到着、妙高山が雲の合間に見える。

 
  
 誰もいない山頂で、のんびりカップラーメンを食べ心地よくうたた寝。
こんな時間が欲しかった。

下りは巨木の谷でも寄って行こう。

 
 これが失敗だった、すでに東尾根はヤブでスキーどころでない。
やっぱり、まだ雪の綺麗な西の沢を降りればよかった。

 
 何とかいつもの駐車場の見える斜面まで降りてきた。
気持ち良く滑って、これで今季のスキーの板収め。

 
 車に戻り、除雪された林道をフキノトウを採りながら茶屋池まで 行ってみるか

戻ってくると、学生達がソリに興じている。聞いてみると神奈川の高校の修学旅行とか

 
 鍋倉はブナの緑も鮮やかになり、タムシバの花が咲き、今が春本番です。

 
 
 
 

たかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス