妙高前山滝沢尾根 | 峠の我が家

峠の我が家

我が家から峠に峠から峰に、そして帰るべき我が家を中心に足跡を残そう。


テーマ:
カモシカ永井さんに誘われ、平日の3月26日だけど妙高前山に行ってきました。
来月から殆ど土日が潰れそうなので、行ける時に行かなくては
せっかくのオニューの板に申し訳ない、、ってパウダーのシーズンが終わってしまったけど・・・。
時間をやりくりして、夕方の4時の打ち合わせまでに戻れればと準備してイザ赤倉スキー場へ

心配した天気もスキー場のゴンドラ乗り場に着くと妙高山も姿を現わしている。
Sugiさん繋がりの初対面の皆さまと挨拶を交わし、ゴンドラに乗車
降りた所から1本リフトに乗りゲレンデトップへ(1,400円)


 シールを着けハイクアップを始めるが、あれれ!天気がおかしい
ガスが湧き辺り一面が真っ白け・・・・。
途中で1本休み可愛い山頂に2時間程で到達するが妙高もガスの中
此処は初めてなので、期待していたのに・・・・・・

記念に一枚自分を撮って頂きました。

全員集まったところで記念写真を撮り、シールをはずして少し下ります。
滑りだしは若干急な細い尾根を慎重に下ります。
ガリガリの硬い雪に薄ら新雪の乗った状態で、時々スキーが流させる。


樹林帯に入ったブナ林の中でテーブルを作りランチとします。
各々持ち寄った食材でスキーの話に花が咲く。

小一時間程ランチ宴会を楽しみ、寒くなってきたのでそろそろ下りましょう。
さて、後少しでゲレンデに着きそうだが、ガスが濃くなり視界が悪くなってきた。
おまけにチラチラ雪まで降り始める。

ゲレンデの音楽も聞こえるが、途中で左の沢に下ります。
最後は急な沢、前に居たごえんどさんが見えなくなったと思ったら
ツリーホールに落っこちてもがいていました・・アブナイあぶない!
何だかアドベンチャー的で面白いが、これからの沢は雪割れでもっとも注意が必要




上をみると、ガレ場に今にも落ちそうな雪の塊、早く脱出したいね。
先頭を行くこばちゃんが、見覚えのあるという安全地帯まで誘導してくれました。
全員無事ゲレンデへのルートに集合して、後はゲレンデへのトラバースの10分程。

ゲレンデに戻ったところで時計を見たら2時30分過ぎ、4時の待ち合わせに間に合うよう
名残り惜しいが、ここで皆さんと別れ、後ろ髪引かれながらお先に失礼します。

初めてお会いするバックカントリー野郎とレデイの皆さんでしたが、オヤジ野郎に付き合って頂いてありがとう。滑り系の皆さんで、ガスで長く滑れず残念でしたが
今度、視界の良い時に思い切ってロングコース攻めたいですね。
各言う私目も、今季は少し滑りでストレスが溜まってます。
又会える事を楽しみに、お会いした皆さまありがとうございました。

最後に動画など・・・を
 




たかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス