湯治山行「鑓温泉」 | 峠の我が家

峠の我が家

我が家から峠に峠から峰に、そして帰るべき我が家を中心に足跡を残そう。


テーマ:

7・8日の連休に山仲間と鑓温泉に行ってきました。

ご一緒したカモシカ永井さんのプログは→こちら

久々にロートル組に参加のこばちゃんのプログは→こちら


白馬鑓温泉は9月で小屋の営業が終了、この時期は紅葉と無料の温泉が狙い目です。

テントと食糧持参の山やだけの世界になりますが、これが最高なんです。

前回はこばちゃんと山岳会のヒロちゃんと貸切温泉を味わってから6年程経つかな・・。

とにかく、持てるだけの宴会道具と酒と食糧を持って5時間程の登山道を登ります。


峠の我が家
猿倉の駐車場は殆ど満杯、この連休大勢の登山者が入山しているようだ。

峠の我が家

我々の目的は温泉なので、9時のスタートでのんびり登ります。

まだ猿倉辺りは紅葉には早く、緑が目に眩しい。

峠の我が家
小日向のこる手前からポツリポツリと雨が落ち始めるが
さすがに此処まで来ると木々が色付き、良い雰囲気だ。
峠の我が家

上の2人嬉しそうですね~、何かに期待で胸が膨らんでるんでしょうか?


杓子沢で、遅めのお昼、約1名は何時の間にか食べてしまい見てるだけ・・
長い巻き道を、幾つかの沢を越えてトラバースして行きます。

峠の我が家

温泉下の沢で本日使う水を汲んで、最後の坂道をエッチラコッチラ上がります。

ま~、此処が一番の頑張り所だけど、ホンの10分程です。

峠の我が家
早速、テン場を物色して野天風呂に近くて景色の良い所に、こばちゃん担ぎ上げた4人用を張ります。

峠の我が家
テン場からはこんな感じで下が見下ろせます。もちろん景色も(今はガスってますが)


峠の我が家

本日のテン場が確保出来たら、早速野天風呂へ・・・

決して女性が入ってるのを確認してから、行ったのでは無いですよ(誤解されない為)
この野天、我らが入ってる所辺りが一番熱いです・・・にも関わらず何故かカモちゃんは其方に移動

私も負けずと、カモちゃんにつられて熱いのを我慢して移動・・・ナイスベストショットでした。

峠の我が家


快く(仕方なく)応じてくれた山ガールの皆さんありがとう、オカーさんに見つからない様永久保存します。


さていよいよ、2つ目の楽しみ夜の宴会に突入します。

持ち込んだ食材は、ジンギスカン、焼き餃子、中トロと目鯛のさしみ、メインのすき焼き&うどん

お酒はビール5缶、日本酒(菊水)1ℓ、ワイン1本、ま~我らではこんな物でしょう。

峠の我が家
ま~良く話しました、何をって?それは人生の奥ゆかしい高尚な人生論・・・?

峠の我が家

ちょっと外に出て見ると、素晴らしい星空、天の川が手に届くように輝いてます。
寝る前に再び3人で身体を温めて寝袋に入ります。

峠の我が家
オヤスミサイ ・・・・・・・・・・

***********************

翌8日は素晴らしい快晴、その変わり明け方の冷え込みは結構キツカッタ
長野市の東の菅平辺りから今日の最初の陽が登る。
峠の我が家

すでにカモシカさんは朝湯でご満悦
峠の我が家
昨夜、残して頂いたホンの少しのお酒を持って朝湯、朝酒と楽しもう。

峠の我が家
モルゲンロートに染まったお山を背に2人が見るのは雲海に浮かぶ頸城山塊の山並み
峠の我が家
こちらは特徴ある烏帽子岩、スキーで上部を目指す時はこの温泉沢を登ったけ。
峠の我が家
さて景色も温泉も堪能したし、記念写真を撮って帰りますか。

峠の我が家
今度来るのは何時かな?5月のスキーにでも来ますか。

峠の我が家
この湯量は半端じゃ~ないな
峠の我が家

遠ざかる烏帽子岩と鑓温泉台地
峠の我が家
白馬鑓からのダイレクトルンゼの下部を巻いて
峠の我が家
来た道を戻り、小日向のコルを目指します、もう一度振り返りこの景色を眼に焼き付け

峠の我が家
昨日と違った素晴らしい青空の下を

峠の我が家
戻って来ました、小日向のコル、この辺りの紅葉が一番かな
峠の我が家
あまりの景色の素晴らしさに、爺3人思わずピース

峠の我が家
言葉はいらないですね、右から白馬、杓子、白馬鑓の白馬3山。

峠の我が家
小日向のコルからは逃げるカモシカ追いかけて1時間で下りました(疲れた)。
峠の我が家

カモシカさん、こばちゃん、私と付き合いは長いけど、初めての3人での山行でした。

お互い年をとって、少しは角も取れ、慰め合う仲間が欲しくなったのかな?

ま~、人間としてはまだまだ熟成できていないトッちゃん坊やみたいだけど

これからは、無我の境地に向かって切磋琢磨していきましょう・・・か?

たかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス