静寂の別世界「風吹大池」 | 峠の我が家

峠の我が家

我が家から峠に峠から峰に、そして帰るべき我が家を中心に足跡を残そう。


テーマ:

以前から4,5日と一泊の予定で南アルプスの予定でしたが

土曜日に都合がつかず、日曜日のみの予定変更。

南アはあきらめて、近場で静かな場所でという事で思い出したのが風吹大池

喧噪の北アルプスの人気地に比べると、地味だが大池と湿原の天狗原は興味ある。

不思議な人気のある風吹山荘も一度は訪れたい場所だ。


Am6時過ぎには家を出て、小谷へ向かう。小谷の道の駅でトイレをすませ北野の村を抜ける。

民家の過ぎたあたりで、風吹大池の案内をみて林道に入る。

此処からが長い、未舗装の草の茂った凸凹道はグングン高度を上げていく。

ある意味ではこの道が一番難所のように思える。落石でもあれば帰れなくなるな・・。


20分以上走って8時30分頃にやっと数台停まれる登山口に到着。

埃だらけの乗用車が1台と軽トラックが3台停まっている。
地元の人か小屋の人の車かな?いずれにしても登山者は数人。

用意をして8時45分にスタート。

峠の我が家

   歩き良い広い登山道を暫くいくと、だんだん道が狭まり小さな尾根状態の様になる。

   そのうち鋸の歯のような痩せ尾根になり、両側とも沢が流れ不思議な地形になる。

   硫黄の臭いがして右手の沢を見ると、沢床が真っ白に染まっている。

   地図上の温泉マークのある場所でスタートから15分程の場所だ。

峠の我が家
 険しいそうな場所はこの付近だけで、その後は穏やかなブナの歩き良い道に変わる。
 11/1から道標がありペース配分や休憩のタイミングが取りやすい。
峠の我が家
やはり時間が遅かったので、樹林帯の中は風も通らず暑くて汗が噴き出る。

峠の我が家
暑さに弱いもとひめも今日は不調の様で足が遅くなる。

峠の我が家
まだゴゼンタチバナも咲いている。

峠の我が家
キヌガサソウは花を落としてるが結構目につく。

峠の我が家

途中で駐車場にあった軽自動車の人達が登山道の整備をしていた。

今日は村中で草刈りとかの日で、4人程で登山道の草刈りをするそうだ。

2人でお礼を言って先に進ませて貰う。

ネマガリの密集する場所にでると、間もなく水場。冷たい水がホースで引いてある。

峠の我が家

この水場から30分程で風吹山荘に着く(Am11時23分)

今日は小屋の人達は屋根のペンキ塗り、ペコリと屋根上から挨拶。

小屋をみて吃驚!なんと立派なソーラーがあるではないか。

「ランプの宿」が謳い文句が超近代的な時代の先端をいくエコ発電とは・・・

*後で村人に聞いた話では、稗田山の大崩れの看視の為近くに看視カメラが設置してあり、

 その電源の為国交省の予算で山荘の屋根にソーラーを設置したとか、おかげで山荘は冷蔵庫まで

 あるとか・・・・・・、他の山小屋も予算付けお願いすれば騒がしいジーゼルの音が消え環境がよくなるな

峠の我が家

取りあえず我らは大池まで足を延ばそう。

小屋の前は小さな湿原地帯でお花が咲いている。

峠の我が家


峠の我が家


峠の我が家


峠の我が家
ここで鐘を鳴らして

峠の我が家
北アルプス最大の湖というけど、白馬」大池の方が大きそうだ。

峠の我が家

手頃な場所から池に降り昼食とする。

保冷パックに凍ったアクエリアス、保冷剤となり一石二鳥だ。

冷えたビールもいいけど、冷えたトマトは最高(写真では食べてしまって無いけど)

峠の我が家
もとひめも登山靴を脱ぎリラックス、ちょっと誰もいなくて怖いと

峠の我が家
ビールとアクエリアスで乾杯

峠の我が家
本当に静かな空間だ

峠の我が家
こんな池塘が幾つかある。

峠の我が家
ゆっくりしすぎたので先を急ごう。

峠の我が家
スキーに来た時に休んだと思われる、神の田圃から箙岳への分岐。

峠の我が家
小屋から反対側の地点までやってきた。

峠の我が家
大池の淵を登りきると風吹天狗原、以外と花は少ない。ワタスゲが目につくのみ。

峠の我が家
今日は山は雲に覆われていて乗鞍方面も雲の中ですが気持の良い場所だ。

峠の我が家


峠の我が家
休んだ場所と正反対、風吹岳が良く見える。

峠の我が家


峠の我が家
ここから栂池天狗原方面の道が分岐です。

峠の我が家
小屋に戻って一休み。小屋の人は昼寝かな?

峠の我が家
さて帰るぞと足をだしたら大きなカエルが、カエルに送られカエルぞ。(Pm13時32分)

峠の我が家
何故か帰りは足が速いもとひめ、立ち止まると足が痛くて歩くのが嫌になるとか

峠の我が家
わき目もふらず

峠の我が家

駐車場に戻ってきました(Pm14時55分)

駐車場の草も綺麗に刈ってあった(ご苦労様です)


峠の我が家

下山後の温泉は来馬温泉「風吹荘」へ


峠の我が家
タイルが真っ赤になってましたが、気持ちの良い温泉貸切でした。

峠の我が家

たかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス