鍋倉山を滑る | 峠の我が家

峠の我が家

我が家から峠に峠から峰に、そして帰るべき我が家を中心に足跡を残そう。


テーマ:

今季初めての鍋倉山を滑って来ました。
心配された天気も朝のうちは青空も見え、曇りから雪と目まぐるしく変わりましたが
予想に反して比較的良い方、雪質も重いパウダーから湿雪と此の時期の特徴です。
前日の雨の上に新雪が10cm程、急傾斜では表層雪崩の跡もあり緊張しながらのハイクです。
メンバーはCLにむらちゃん、久々の富山のラガーさん、スキー名人のゆきむし夫妻、
長野マラソン常連の中島氏、SLの私の6人。
コースは東尾根から巨木の谷、南尾根に登り山頂へ、山頂から西の沢を滑降してボトム
から再び鍋倉山頂へ、ホワイトアウトの山頂で団子状にかたまり東尾根南尾根を滑降。
例の別荘の側で雪の舞う寒い中で遅い昼食、ラガーさんの鱒寿司を頂く(重い荷物を山頂2往復サンクス)。

目まぐるしく変わる天気と雪質、さすがスキー馬鹿の常連達、天気も雪質も蹴散らしながらの
一日でした。
残念な事はブナの大木森姫がすっかり枯れて、森太郎のみ残されてしまった。
むらちゃんが南尾根当りでお嫁さんを探してますが、今はやりの年の差婚になりそうです。



取りあえず動画を掲載(又か~、早く前のレポ作れ)









$峠の我が家


$峠の我が家


$峠の我が家


$峠の我が家


$峠の我が家


$峠の我が家


$峠の我が家


$峠の我が家


$峠の我が家


$峠の我が家


$峠の我が家


$峠の我が家


$峠の我が家


$峠の我が家


$峠の我が家


$峠の我が家

たかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス