スキー講習会IN小丸山 | 峠の我が家

峠の我が家

我が家から峠に峠から峰に、そして帰るべき我が家を中心に足跡を残そう。


テーマ:

2月26日(土曜日)50年振りのスキー講習会を受けてきました。

大阪の山友みいさんの発案で、普段山スキーばかりしてるけど

一度はスキーの基礎をきちんと受けてみたい・・・

この企画に集まったのはまっちゃんとむらちゃんそして私の4人。

講師は小丸山スキー場のプロスキースクールの木島校長。

生徒は我々4人だけのプライベートレッスンになります。


先ずは小丸山の北志賀グランドホテル前で簡単な自己紹介そして準備体操。

4人共真剣な顔で準備体操をします。普段の我らとは違うのだ。

講師に怒られないようキビキビと行動します?

峠の我が家

早速リフトに乗って、講習会場のゲレンデへ移動。

ボーゲンから始まってシュテムクリスチャニアと進みます。

カービングスキーの特性を聞いて、膝と腰の使い方や抱え込みでのターンの練習。

テールをずらすスキーを習った私には癖がついていて頭で分っても身体が言う事聞かないのだ。


午前中はみっちり基礎スキーを習いました(汗)
昼になったので、もちろんビール。

我ら生徒は先生が居なくなると、すぐ宴会になります。

生ビールから始まって、さすがにワイン日本酒まではいきませんでしたが

結構酔ってしまって、おつまみとビールだけでお腹を一杯にしました。


午後からは、ゲレンデトップの急斜面に移ります。

普段山スキーでこれ位の斜面は平気なのに、みいさんちょっとビビッてます。

何せこの硬い雪面に足をとられて、何人かのボーダーが滑り落ちてきます。

中には巻き添え食って、滑落していく人もいる。

上を気にしながら、急斜面の講習とコブの抱え込みターンの練習。

峠の我が家

この動画がみいさん&まっちゃんの講習成果です・・・・

が夜の宴会ヶ岳で、しっかり木島校長にチエックされました(汗)


午後の後半は校長の秘密ゲレンデ(休止してるゲレンデ)に移動します。

ゲレンデトップから監視員の了解を得て、沢を2つ越えて行きます。

峠の我が家

振り返るとゲレンデトップが遠くに見える。本当に今日は素晴らしい天気です。
峠の我が家
林間を抜けると、そこは無垢のオフピステが待ってました。

峠の我が家

まるで水を得た魚の様に、みいさんの滑りが生き返ります(笑)

普段、山スキーで滑ってるので、ピステンのかかったゲレンデは苦手になってしまった。

校長のアドバイス通り抱え込みターンは出来たのかな?

無垢の斜面を滑る快感で、まるで忘れて滑ってしまったのだ。


滑り終わって4人でポーズ、いや~良かったです。

此処は又来たいですね~木島校長!

ひょっとしたら、こんな場所が小丸山には幾つもありそうだけど。

峠の我が家

まる一日ゲレンデでスキーは久々なので、腰が痛くなる前に止めときましょう。

明日もあるし4時過ぎには講習会も終わり、近くの温泉に汗を流しに出かけます。


温泉から帰ると、本日宿泊の神奈川の宮さんがやって来ました。

こばちゃん達と爺が岳方面に山スキーに行った足で駆けつけてくれました。

夜の宴会ヶ岳はこの5人と、木島校長を囲んでスキー談義に花を咲かせました。

木島校長の差し入れの新潟の濁り酒、各々持ち込んだ酒で夜遅くまでワイワイ

何か学生時代に戻ったような、楽しいスキー講習会の夜でした。


明日はいよいよ今日の成果を見せるべく「竜王越え」です。

はたして結果がついてくるのか・・・いや~楽しみ&不安だな~。


                              翌日の「竜王越え」ツア~に続く

たかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス