「白馬大雪渓」で板納め | 峠の我が家

峠の我が家

我が家から峠に峠から峰に、そして帰るべき我が家を中心に足跡を残そう。


テーマ:

山スキーも終盤になりましたが、なかなか板納めが出来ず・・

と言うより、諦めきれないと言うのが本音かな。

これも最終章で不完全燃焼の仲間のこばちゃんを口説き

白馬大雪渓に行ってきました。


実は白馬大雪渓をスキーで滑るのは初めてです。

20歳代に、スキーの仲間に何度か誘われた事があるけど

まだ山スキーそのものを知らなかったので、未知の世界で怖かった。

今年は雪が豊富と聞いていたので、大勢の登山者やスキーヤーがいると思ったけど

天候のせいか日曜日にも関わらず、以外と少なく4人の先行者だけです。


峠の我が家
すっかり緑の濃くなった林道を、重いスキーを担いで歩きます。

最初の急坂の林道歩きが、とにかく苦しい。

やっと穏やかな林道になると長走沢と出合い、架設の橋を渡ります。
峠の我が家
林道から登山道に入ると、暫くで雪が繋がり視界が開けてくる。

前方に青空も見え残雪の白馬が綺麗だ。

雲の流れが速く、稜線は風が強そうです。
峠の我が家
白馬尻の小屋も建設中(帰る時の撮影です)
峠の我が家
小屋の上部でスキーにシールを貼り、やっと重荷から開放されます。
峠の我が家
雪渓下部は縦溝が多いけど、雪が柔らかくなんとかなりそう。

1時間程で葱平への急斜面が迫った所で一休み。
峠の我が家
ヒイヒイ言いながら急斜面を相棒のこばちゃんを追いかけます。

先行の4人はつぼ足で登ってますが、シールで何とか登りあげる。

所々に雪割れがあり滑りには注意が必要かな・・・

と思ってたのに、危うく帰りに落ちるところでした。2m程前で気付き転んで停めました。


やっと斜度も落ち避難小屋に、夏のお花畑が嘘みたいにまだ一面の雪景色。
峠の我が家
村営頂上山荘はまだ営業してないので、そのまま稜線を目指します。
峠の我が家

稜線は強風が吹き荒れ身体が飛ばされそうでした。

峠の我が家

山頂は風も強いしパスします。
峠の我が家
初めてみました「ツクモグサ」に感動です。

誰かが書いていたけど、正しくヒョコのヒナがピイピイ口を開けて泣いてるようだ。


峠の我が家
稜線はどちらも風が強いので、村営小屋まで降りてビールで乾杯。

こばちゃん、本当に今期の締めくくりにお付き合いアリガトウ!。
峠の我が家

名残惜しそうに滑るこばちゃんの動画です。


葱平からの急斜面が今回のメインです。

アッという間に終わってしまいました。
峠の我が家
左から交わる2号雪渓出合いで一休みします。
峠の我が家
縦溝の多くなった雪渓を消化して白馬尻小屋下で今期最後の滑走は終了。
峠の我が家

峠の我が家
林道横で咲き始めたサンカヨウの群生を愛でたりしながら

雲の落ち始めた林道を戻ります。
峠の我が家



こばちゃんの動画とプログ→ http://ameblo.jp/mushikura



今回のコースタイム   猿倉am7:28~白馬尻am8:30~葱平am11:00~稜線am12:20

村営頂上山荘pm13:45~白馬尻pm14:20~猿倉PM15:25



今期ご一緒して下さった、スキー仲間の皆様本当に有難うございました。

来期も元気で皆様とお付き合いできるよう様、年々老いていく身ですが 

これからのオフシーズンも、山やランニングとバイクで頑張りたい。

もし、来期もなんとか生きて頑張ってたら お付き合い下さいませ。

              

たかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス