立山室堂散策 | 峠の我が家

峠の我が家

我が家から峠に峠から峰に、そして帰るべき我が家を中心に足跡を残そう。


テーマ:
峠の我が家-2009101212290000.jpg


雪化粧です。 (携帯から)


            ーーーーー ----- 追記ーーーーーーーーーーーー


  10月12日(晴れ)

3日連休の中、前半2日は仕事と取引先の葬儀、そして年に2回の高校同期のコンペ。

もと姫が計画していた涸沢の幕営紅葉見物もお流れとなったが

欲求不満のもと姫を誘い、冠雪したという「立山室堂」へお手軽散策に出かけました。

前日までの寒気も治まり、好天の中素晴らしい景色を眺める事が出来ました。

交通費が眼の飛び上がる程高いけど、扇沢からトロリーバス等で室堂まで入ります。(往復交通費1人¥8,800)

峠の我が家
先週下った黒部川をダムサイトから眺めます。

期待通り立山は冠雪して、観光客の歓声の声があがる。
峠の我が家
ケーブルで黒部平に上がり、ゴンドラ調整時間の間紅葉を楽しむ。

もと姫の後方に、右から冠雪した鹿島槍と五竜が見える。
峠の我が家
ピーカンの空に立山とナナカマドの組み合わせが絶妙だ。
峠の我が家

ゴンドラに乗り、紅葉の海を渡り「大観峰」へ
峠の我が家
トロリーバスが出るまで、暫し目前の後立山を眺める。

左から赤沢岳と一際鋭い針の木岳が目前に聳える。
峠の我が家
立山の真下を通り、立山冠雪を期待して室堂平へ

過去2回程来た事があるけど、何時もガスで殆どこの景色見た事が無い。

(高い交通費を払ってがっかりして、2回ともホテルのレストランで高いラーメンを食べた)

それ以来ご無沙汰になり、立山さえ登った事がありません

もちろん、もと姫も一緒だった記憶が?。

峠の我が家

今日は素晴らしい天気、この雄大な景色に来た価値があります。

峠の我が家

当初は雄山に登る予定だったが、この雪では無理と判断して室堂山へ。

ツルツル滑る歩道を登って行くと、剣岳方面も景色が開けてくる。
峠の我が家

高山植物も凍り付いています。
峠の我が家
素晴らしい景色にもと姫も大喜びだ。
峠の我が家
剣岳もその一部を見せてくれる。(まだ前剣かな?)
峠の我が家
室堂山の展望台まで行き、昼食を食べながらアルプスを眺める。

遥か遠くに槍穂高も姿を見せている。
峠の我が家

槍穂高ズームアップ

峠の我が家

そして一際大きい赤牛岳

峠の我が家

五色ヶ原の奥には去年行った笠岳、右にまだ未踏の黒部五郎岳。

峠の我が家

薬師岳が大きな山容を見せている。

峠の我が家

眼を右手に転ずると、白山もボンヤリ浮かんでいる。

峠の我が家

立山カルデラが間近に

峠の我が家

砂防堰堤の常願寺川上流方面。
峠の我が家
1時間程景色を楽しんで、来た道を帰ります。
峠の我が家

室堂平に戻り、時間があるのでみくりが池に行ってみます。

峠の我が家

今日は観光客で一杯、外国の人が多いのに吃驚。
峠の我が家

最後に記念写真を撮ります(撮る瞬間に石を踏み外して思わず抱き合う)

峠の我が家

雄山登山は出来なかったけど、素晴らしい景色に堪能しました。

こんな条件なら、高い交通費も気になりません。

手軽に来れて、これだけの景色が見られるなら満足です。


帰りはちょっとトラブルがあり、混雑の人ごみで危うく離れ離れになるとこでした。

少しご機嫌斜めになったもと姫でしたが、美麻で蕎麦祭りをやっていて

夕方6時過ぎでも新蕎麦を食べる事が出来、やっと機嫌が治りました。

紅葉、冠雪と贅沢で優雅な連休の一日でした。














たかさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス