峠の我が家

我が家から峠に峠から峰に、そして帰るべき我が家を中心に足跡を残そう。


テーマ:

今年最後の里山歩きは、我が家から東の方向に見える雁田山へ。

小布施の町の東方向に羽を広げた蝙蝠のように聳え、何時も気にはなっていた。

小布施ミニマラソンはこの山の麓を走り抜ける。

浄光寺薬師堂の駐車場に車を置いて、せせらぎの小道を周辺を散策しながら歩きます。

峠の我が家

数分で登山道入り口の看板があり、熊、イノシシに注意の看板も目立つ。

はて、こんな所にも熊が出没するのか?今日は熊避けの鈴なんか持ってこなかったぞ・・。

峠の我が家
スベリ山とはよく言いました。唯でさえ急登なのに落ち葉で時々足元がすくわれる。
急な所は木で階段が作ってあり良く整備されてます。
峠の我が家
1時間程で一等三角点のある山頂へ、以前は無線の重要な中継地だったらしい。

峠の我が家


峠の我が家
山頂から稜線歩きとなり一回のアップダウンで東屋の立つ見晴らし台へ
眼下に小布施の街並み、我が家方面も望まれる。暫し休憩しょう。
峠の我が家
麓の岩松寺が見え、まだ紅葉も期待できそうだ。

峠の我が家


峠の我が家

尾根のアップダウンを繰り返し「姥岩」と呼ばれる2つの大岩に

高さ10m程の大きな岩がおば~さん、小さなのがお孫さん。

仲良く岩になって麓の小布施の街を見守っている。

峠の我が家

以外とあるアップダウンを繰り返し小1時間程で最高峰の千僧坊に
誰一人、熊さんにも逢わなくて寂しく下山口まで来てしまった。
パンを一個くわえて下山にかかろう。

峠の我が家

ロープが無ければ何回尻モチ付いたことやら・・太腿が痛くなる頃やっと傾斜も緩む。

峠の我が家

ホラ、この辺りから見ると、確かにおば~さんと孫に見える「姥石」

峠の我が家

あそこから下って来ましたよ、滑るから気をつけましょう。
峠の我が家

掘り切りのある2つの城跡を過ぎ、やっと岩松寺が見えてきました。峠の我が家

岩松寺の裏の墓地にでたのでちょっと寄り道。

峠の我が家

此処には福島正則候のお墓があります。
戦国の名高い武将もこの地に流され此処が終焉の地となります。

峠の我が家

初冬の信州の風物「野焼き」が行なわれ、冬の足音が感じられます。

峠の我が家

辿って来た案内図がありましたので、どうぞ参考に

峠の我が家

写ってない右の端から左の顕著なピークまで歩きました、3時間程グルリッコできます。

そうそう岩松寺といえば、葛飾北斎の鳳凰の天井絵で有名ですね。

峠の我が家

岩松寺からせせらぎの小道を歩いて再び薬師堂に戻りました。

峠の我が家



峠の我が家

此処の湧き水は有名です。何時かご近所の方がポリに3個も汲んでるのに会いました。
今日も何人かが汲んでます。時間がかかるので一杯だけ飲まさせて頂きました。
峠の我が家

重要文化財の薬師堂にもお参りしてきましょう。

峠の我が家

カサカサと落ち葉を踏んで歩く初冬の里山良いですね。

仕事で疲れた心にはより以上効きます。
寂しさがこのうえなく我が身に追い重なり、自分を振り返るのには良い環境でした。



(番外編)
登山口で歓声があがるので行ってみたら、何時の間にこんな施設が出来ていました。

「小布施キングス」スノボーのジャンプ練習場です。

峠の我が家

気の早いボーダーが宙に舞ってました。

峠の我が家

紅葉を背景にジャンプ!

峠の我が家

こんな可愛い娘も・・・頼んで写真を撮らせていただきました。

峠の我が家


待ちきれない○○馬鹿が何処にもいますね(アッ!私もか)


AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。