峠の我が家

我が家から峠に峠から峰に、そして帰るべき我が家を中心に足跡を残そう。


テーマ:
峠の我が家-2009112814430001.jpg

峠の我が家-2009112814260000.jpg


                       まだ紅葉が綺麗です。(携帯から)


******************************


11月28日  大和路の旅「室生寺」


 毎年慣例の紅葉見物の旅、昨年は京都だったけど今回は奈良大和路へ

運転が大変なのでバスツアーに参加する事にする。


山深い山峡の地、奈良と三重の県境「室生の里」

女人禁制だった高野山に対し、女性にも門を開いた「女人高野 室生寺」

徳川綱吉の生母「桂昌院」の寄進に考慮して、女性にも門戸を開いたとか


峠の我が家

写真家土門拳が逗留して雪の室生寺を撮ったのは有名な話

右手の太鼓橋の側に、彼が泊まった橋本屋旅館がある。
峠の我が家
清流の室生川を太鼓橋を渡ると「女人高野室生寺」の石標がある

石標の上の家紋は桂昌院の実家の家紋だそうです。
峠の我が家
ここが仁王門の前の石標、室生寺は当初興福寺の影響を受けた天台宗でしたが

江戸時代綱吉の時代に桂昌院の力添えで真言宗の寺院となりました。

現在は「真言宗室生寺派」の大本山です。
峠の我が家
仁王門を振り返るとモミジの紅葉が綺麗です。
峠の我が家
金堂に上る鎧坂の石段、武士の鎧を形どったものだそうです。

両側には石楠花の木が植えてあります。

この構図も土門拳が何回も撮影してますね。
峠の我が家
金堂に映える紅葉、静かな雰囲気がたまりません

峠の我が家
天神社の上の黄葉、赤の紅葉が多いので新鮮です。
峠の我が家

峠の我が家
金堂の横を通り、石段を本堂に向かいます。
峠の我が家
本堂を前から撮りますが、特に此処の紅葉が素晴らしいです。
峠の我が家

峠の我が家
女人高野だけあって、女性が一人で参拝する姿が多くみれます。
峠の我が家
これは、おまけのツーショットですが

何かあった時は此処に逃げ込むそうです・・・。
峠の我が家
五重塔です、此の辺りから華やいだ色は無くなり

杉の木立が多くなります。
峠の我が家
本堂を裏から撮りました。屋根の曲線が優雅です。
峠の我が家
奥の院への石段、往復1時間以上かかると言ってましたが

時間が無くて、此処で引き返しました。
峠の我が家
苔むした参道と樹齢300年と言われる杉並木が荘厳な雰囲気。
峠の我が家
仁王門側の護摩堂です。石楠花に囲まれてます。
峠の我が家
此処の名物は草もちです。
峠の我が家
2人で草もちと抹茶で一休みします。


室生寺は天台宗・真言宗と変革する多難な歴史をもっていますが、

平安京の都からも遠く離れていたのと、僧兵を持たずにいたのが

幸いして焼き討ちや内乱に合わず、多くの密教美術が保存されている。

紅葉見物の人々が多いのにも関わらず、何故か静かな荘厳な雰囲気。

何時か橋本屋に泊まり、奥の院まで訪ねてみたいものです。


**********************


この日は奈良駅前のホテルに泊まり、夕食後「猿沢池」と興福寺を散策

時おり、遠くでピーという鹿の物悲しい鳴き声が聞こえてました。


峠の我が家
  猿沢池からライトアップの興福寺(手持ちでこれが精一杯)


   紅葉の名所「談山神社」に続く




AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。