人とペットの英国式遠隔ヒーリング

ルカ・アニマルヒーリングの
渡辺勝三です。ブログをお読みくださりありがとうございます。


ペットロス症候群とは?

「Pet Loss」 を直訳すればペットを失うことで、「ペットロス症候群」 とはそのダメージによる精神的・身体的不調を指します。 当然、大変な悲しみにおそわれ、泣いたり、不眠、食欲不振、食べ過ぎ、胃の痛み、息苦しさ、疲労感、身体の痛みなど、さまざまな症状が現れます。

最近、増えてきています

文明がいくら発達しても、人間の精神はそれほど変わりません。単身者はもちろん、家族に囲まれて生活していても、ペットとの情緒的交流はしばしばかけがえのないものとなります。ことに、核家族化によってペットが家族の一員あるいはそれ以上の比重を持つような場合もあり、最近「ペットロス症候群」がメンタルヘルス上の重大な問題になってきています。

立ち直りを目指して

ペットを失ったことで「こんなにも悲しい自分は異常ではないか」という思いにとらわれたりする一方で、あなたの周囲には、動物嫌いで「たかがペットに大騒ぎをして」と思う人もいるかもしれません。

さまざまな価値観があり、それが家族の中で食い違う場合には問題になってきます。

通常、ペットロス症候群から4つの段階を踏んで、徐々に回復していくとされています。

失ったペットについては良い思い出として気持ちを整理して、新しいペットと暮らしてみようという気になれば、ペットロスはほぼ克服できたといってよいでしょう。ペットの死をきっかけに優うつな気分、空虚感、不眠や身体の不調などが2週間以上も続くようなときは、かかりつけ医や精神科医・心療内科医に相談してみるのも1つの方法です。

犬や猫は人間の約4倍のスピードで年を重ねていきます。人間の生涯よりも、とても短いです

大切なのは、いつか訪れるペットとの「別れ」を飼い主がきちんと受け止め、それまでの時間をできる限り楽しく、幸せに過ごすということ。

「もっと遊んであげればよかった」「いろんな思い出を作ればよかった」「大切にしてあげればよかった」など、後悔の念が強ければ強いほど、深い悲しみによりペットロスに陥ってしまう恐れがあります。

そういった後悔を少しでも軽減できるように、ペットと一緒にやっておきたいことを書き出してみて、いつでも見えるところに貼ってそれを実現していくことも、日々、飼い主にたくさんの癒しを与えてくれるペットに対しての恩返しになると思っています。


左から愛猫ルル❨0歳3ヶ月❩、ココ❨3歳❩、リリ❨4歳❩
いつもありがとう!


ルカ・アニマルヒーリング🐶🐹
St.Luke's Healing Sanctuary
「めざせ20歳!」
ペットは家族の一員、そんな動物たちを癒やすことで、家族が元気になる!家族が明るくなる!!
あなたと最愛のペットが一日でも長く、楽しく幸せな日々を送られることを願っています。

ヒーリングライトワーカー 渡辺勝三

愛玩動物飼養管理士
長命整体師師範
心理カウンセラー
ペット終活アドバイザー
アニマルコミュニケーター