キャプテン神作 ~実演販売・神の卓~

実演用語で、実演するステージを卓呼ぶ。

それと、名前が神作卓哉なので、神の卓で!

生意気でしょ(゚Д゚)

実演販売をやってる、キャプテン神作です!
くだらないけど、たまに見て下さい。

そして、仕事下さい!


テーマ:

動かない身体の向こうで、皆が微笑んでいる。



これは、走馬灯なのか現実なのか、薄れゆく意識のなかで考えているが、もうどちらでもよい。



久しぶりにゆっくり寝れそうだから…




もう一度、肺奥深くまで、吸いたかったが、もともとそれの、何が好きだったのか、今となっては、思い出せないなぁ…




















11月1日〜20時40分〜






体調が優れない時は、熱い風呂に入るのに限る。
トイレのおまけの様な風呂ではなく、身体の外側を全てを覆う、密閉された湯でなければ。







不具合を、起こしているコンピュータではないが、身体の中に入り込んで勝手に部分を制御されている感覚だ。








風邪だろう。








靴箱。鍵の数であれば、賑わっているだろうが…












閉まらない扉を開け、お金を渡す。






「いらっしゃいませ」



目線を外さず、いつもの低いテンションの番台。
覚えているのか、適当なのか、互いに興味はないから、一番まともだ



ケーブルテレビの中では、レンタルでいいやと諦めた、いつかの映画が流れている。



一日中、これを観るために、店を閉めないのだろうか。



先客は、一人。



「昔はな…」と語り出しそうな、じいさんが、高い天井に桶の音を響かせ、身体を洗っている。




全員の顔に



御協力ありがとうございました。



のシールが貼られた、指名手配の張り紙に目を向けながら、服をロッカーに入れた。



あえて狙っているかの様な古さは、好き嫌いが極端に別れるだろう。



新しい物好きだが、これと、それは、話がべつか




埃まみれの棚の、上にある
持ち主の居なくなった風呂道具達は、使われる事よりも、骨董品になるのを待っているのだろうか。





ハハハ




カラカラと威勢の良い扉を開け、閉ざされた空間の中で開放感を感じる。




どこに居るかは分かるが、意識の外のお客は居ない事にする。



貸切である。



シャワーとは、近代文明であり、今はその時代にいない。
桶にお湯を溜め、一気に身体で浴びる。




子供の頃は、赤と青のペダルを両方だが、今は、お湯だけでもヌルいくらいだ。





いつもと同じ行程なのに




ここでは、一皮剥けるような感覚だ













さて







そろそろかな































「教授が来るのは…」



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。